自然妊娠できるのは何歳まで?年齢別の比較一覧

自然妊娠とは?

自然妊娠というのはその名のとおり、ごく自然に起こる妊娠のことをいいます。
性交することで精子を卵子が受精し、受精卵が着床して子宮内で育つという一連の流れが医師による治療などが行われずに起こることが、自然妊娠です。

高齢出産や不妊に悩む人が増えたことで、病院で不妊治療を受ける人が増え「自然妊娠」という言葉が頻繁に使われるようになりました。

あくまでも病院で体外受精や人工授精、タイミング療法などを不妊治療としていて、自分自身でタイミングを計ったり妊娠しやすい体づくりをすることで妊娠した場合は自然妊娠になります。

女性の妊娠適齢期はいくつ?

考え込む女性

何歳まで自然妊娠ができるのか年齢を知りたいところですが、その前にそもそも女性の妊娠適齢期というのはいつ頃なのでしょうか。

日本産婦人科学会の報告によると、30歳以上の女性では自然妊娠の確率が低下するとされています。
それは、体が老化するとともに生殖機能も低下するからです。

初潮以降女性は妊娠が可能になりますが、10代はまだ体が未熟なこともあり妊娠の可能性があるとは言えリスクも伴います。

それを踏まえて考えると、妊娠適齢期として考えられる年齢は25歳から35歳ぐらいまでだと言えます。

自然妊娠が限界になる年齢はいくつ?

時計とカレンダー

生理が起きている間は妊娠が可能だと思われがちですが、実はそう単純なものではありません。
しかも、それが自然妊娠となると妊娠できる年齢の幅は狭くなってしまいます。

女性の平均閉経年齢は50歳前後と言われていますが、医学的観点からするとその10年ぐらい前である40歳前後から自然妊娠は難しくなります。
つまり、自然妊娠が限界になる年齢は40歳前後ということになります。

もちろん、40歳を超えて妊娠をした例はたくさんありますし、閉経の年齢も人によって違うためもっと早く自然妊娠が難しくなる場合もあります。
ただ、平均的には40歳が前後自然妊娠の限度の年齢ということです。

年齢別でみた自然妊娠の確率

妊婦さん

自然妊娠の限度の年齢がわかったところで、もう少し掘り下げて年齢別に自然妊娠の確率がどのくらいなのか見てみましょう。
具体的に年齢別で見た妊娠確率は以下のとおりです。

25歳  25%~30%
30歳  25%~30%
35歳  18%
40歳  5%
45歳  1%

25歳から30歳では30%程であるのに対し、35歳を過ぎると自然妊娠の確率が大きく下がっているのがわかりますね。

さらに40歳を過ぎると1桁にまで下がり、45歳ではわずか1%の確率になってしまいます。

もともと健康な状態で年齢が若くても、自然妊娠の確率は5割にも及ばないのです。

そこから考えても、年齢が上がれば上がるほど自然妊娠がいかに難しいものであるかがわかりますね。

自然妊娠に対する年代別の心構え

母子健康手帳

自然妊娠の確率が年齢別で違うということは、年齢に応じて自然妊娠に対する心構えも変えていく必要があります。
年齢によってどのような心構えをすればいいのでしょうか。

20代は自然妊娠について深く考えすぎない

20代は妊娠適齢期とされている時期だということを前述しましたね。
ですから、そこまで自然妊娠について深く考える必要はないでしょう。

20代という年齢であれば生殖機能が低下していることもありませんし、卵子の質が低下していることもありません。

排卵が正しく行われていれば、20代は自然に任せて妊娠する可能性が十分に高いと言えます。

30代は妊活の準備を

30代は前半であれば自然妊娠の確率は20代と変わりませんが、年齢が上がるにつれ30代でも妊娠の確率が下がってきます。

そのため、30代からは産婦人科を受診するなどを含め何かしらの妊活の準備を始める必要があります。

自分自身で妊娠しやすい体づくりのために、食生活や生活習慣を改善することも大切です。

40代は高齢出産によるリスクを覚悟

40代は自然妊娠の限界の年齢にあたることもあり、妊娠や出産に対して予めリスクを把握しておかなければなりません。

妊娠の確率が極めて低いことはもちろん、自然妊娠が難しく受精卵が着床しにくいこともあり不妊治療を行った結果、妊娠したとしても流産する可能性が高くなります。

また、40代ではダウン症の子どもが生まれる確率も1/30というデータがあり高齢出産によるリスクは大きいと言えます。

日本人の自然妊娠の最高齢は?

年齢を重ねるにつれ自然妊娠の確率が低くなるのは明らかですが、日本で自然妊娠によって出産された最高年齢はいくつなのでしょうか。

日本で報告されている自然妊娠による出産の最高年齢は、49歳とされています。
40歳代になると自然妊娠の確率が1%と言われている中、49歳での出産となるとかなり稀なケースであると言えます。

また自然妊娠ではないかもしれませんが、日本で50代で出産された例もあります。
閉経近くでの年齢は本当に珍しいですが、妊娠を望む人にとっては希望が持てることですね。

高齢出産によるリスクとは?

RISK

自然妊娠の最高年齢を知ると、まだまだ大丈夫と思ってしまうかもしれませんが妊娠につなげられる可能性があるとは言え、高齢出産にはリスクがあるのも事実です。

まず、年齢上がるにしたがって妊娠の確率が下がる一方で、妊娠後に流産する確率は逆に上がってしまいます。
40代ではなんと50%の確率で流産すると報告されています。

また高齢出産では、妊娠高血圧症候群といって20代の約2倍の確率で高血圧になることもわかっています。

さらには前述しましたが、子どもがダウン症になる可能性も高齢出産の場合は高くなります。

自然妊娠がしやすくなるサプリメントってあるの?

 

 

赤ちゃんを望んでいるなら早く妊娠したいですし、できれば自然妊娠で子どもを授かりたいと思いますよね。
そのためには、妊娠しやすい状態に体を整えることも重要です。

自然妊娠しやすくするためには、妊娠・妊活中に推奨される葉酸サプリの服用がオススメです。

特にベルタ葉酸サプリは、1日に必要な葉酸が摂取できるだけでなく妊娠するために大切なビタミンや鉄分・カルシウムなど豊富な栄養分が配合されています。
また品質も確かで、モンドセレクションで金賞も受賞しているほどです。

子供が欲しいなら、自然妊娠にこだわらない!

いかがでしたか。
自然妊娠できる可能性について年齢別に解説しました。

確かに、年齢が上がるにつれ自然妊娠できる確率は下がりますしリスクも高くなります。

でも、妊娠ができないということではありません。
自然妊娠以外にも妊娠する方法はいくらでもありますし、出産年齢が上がっている今は不妊治療を受けて妊娠につなげている人も数多くいます。

子どもが欲しいなら、自然妊娠をいう枠にこだわる必要はありません。
年齢が高くても妊娠出産をしている人もいますから、諦めずに自分に合った方法で妊娠につなげましょう。

この記事のカテゴリー: カテゴリー妊活中