つわり中にトマトを食べるメリット・注意点・調理法を徹底解説

つわり中のトマトは非常におすすめ

さまざまな栄養を含み、高い健康効果を持つことで知られるトマト。普段から好物という人も多い野菜ですが、つわり中でもかなりおすすめの食べ物となっています。

では一体、トマトのどんな部分がつわりに有効なのでしょうか。今回はつわり中のトマトのメリットや注意点、おすすめの調理法などについて解説していきます。

つわり中にトマトを食べていた妊婦さんの声

では最初に、つわり中にトマトをよく食べていたという妊婦さんの声を聞いてみましょう。以下にそうした人の口コミを挙げてみました。

今、双子妊娠中で15週になったところです。 初期の頃から悪阻が少々あり、一時はマイナス3kgだったんですが、 今やっと妊娠前の体重に戻りました。 もともとやせ型(165/48)で痩せたくも太りたくもありませんが、貧血が酷かったのでなるべく食べるようにと思い、唯一吐かずに食べれるトマトを大量に食べてます…

出典:トマトの食べ過ぎについて今、双子妊娠中で15週になったところです… – Yahoo!知恵袋

私も トマトばかり 食べていました。 もともと トマトは あまり好きではなかったのですが つわりがひどく トマトに塩をたっぷりつけて食べた物はおいしく感じていましたよ。 箱買いでした。

出典:トマトの食べ過ぎについて今、双子妊娠中で15週になったところです… – Yahoo!知恵袋

私はつわりの間、トマトだけしか食べていませんでした。 といいますか食べられませんでした…

出典:トマトの食べ過ぎについて今、双子妊娠中で15週になったところです… – Yahoo!知恵袋

以上、つわり中にトマトをよく食べていたという人の声でした。

つわりでは食べるものが限られがちですが、上の方々も食がトマトに偏っていたもよう。かなり助けられた一方で下痢をするなどの人もいて、困ることもあったようです。

つわりの原因と症状

吐き気のする妊婦さん

つわりの症状は個人によって異なりますが、多いのは吐き気・嘔吐や、頭痛、倦怠感、眠気、唾液の増加、食べ物の好みの変化などです。また、匂いに敏感になるなどもあります。

つわりの原因については、まだはっきり解明されていません。仮説として言われているところでは、ホルモンバランスの変化が影響しているという説や、胎児を異物とみなすことによるアレルギー反応などの説があります。

トマトの主な栄養成分とカロリー

プチトマト

トマトにはβ-カロテンが多く含まれます。β-カロテンは体内でビタミンAに変わり、粘膜や皮膚を健康に保つなどの働きがあります。

またトマトにはリコピンも含まれすが、これには強い抗酸化力があることが知られています。さらに脂肪燃焼効果を持つリノール酸や、整腸作用のある食物繊維も含みます。

トマト1個分のカロリーは約31kcalで、100gあたりでは19kcalとなっています。

つわり中にトマトを食べるメリット

妊婦さん

健康に良いことで知られるトマトですが、つわり中に食べるのにはどんなメリットがあるのでしょうか。その点について、以下で見ていきましょう。

①つわり時でも食べやすい

つわり中の食べ物の好みは個人差もありますが、多くの場合ですっぱいものを好むようになっています。その点トマトは酸味が強いため、口にしやすい人が多いようです。

また水分も多いことから、抵抗なく喉を通りやすいというメリットもあります。

②ビタミンCが含まれている

トマトにはビタミン類がバランスよく含まれますが、ビタミンCも豊富となっています。ビタミンCは抗酸化力が強く、風邪に対する抵抗力が付くことで有名です。

つわり中は体力も奪われやすい時期ですから、トマトのビタミンCは体調を整えるのに役立ってくれます。

③リコピンが含まれている

前述のように、トマトにはリコピンが豊富に含まれます。リコピンはカロテンの一種ですが、β-カロテンのようにビタミンAに変化することはありません。

それ自体が強い抗酸化力を持ち、病気や老化の原因となる活性酸素を減らす働きがあります。そのため、つわり中のトマトは健康維持に大きく役立ちます。

④βカロチンが含まれている

これも前述のように、トマトにはβ-カロテンが多く含まれます。β-カロテンは体内でビタミンAに変わり、粘膜や皮膚の健康を守ったり、呼吸器系統を正常に保つ働きがあります。

これにより、つわり中でも免疫力を維持して体調を整えやすくなります。

⑤不足しがちなカリウムが含まれている

トマトにはミネラル類も豊富で、カリウムを多く含んでいます。

カリウムは、つわりの重さと大きな関係があると言われています。血液中のカリウムが不足すると、腸の働きが鈍ってつわりに影響するのです。そのためトマトを食べることは、つわりの軽減に役立つと考えられます。

⑥トマトだけであれば食べる量を気にしなくて良い

食べる量を気にしなくてよいというのも、つわり中のトマトのメリットです。

トマトだけであれば何個食べてもOKで、特に摂取量の制限などはありません。ただし、あまり食べ過ぎると下痢や体の冷えを招く恐れもありますので注意しましょう。

つわり中にトマトを食べる際の注意点

考える妊婦さん

上記のようなメリットがある一方で、つわり中のトマトには注意点も少なくありません。続いては、そうしたものについて見ていきましょう。

①調理時に入念に洗っておく

つわり中に限らず、妊婦さんは感染症に気をつける必要があります。妊娠中は免疫力も低下しているため、感染症を起こすリスクが普段より高いのです。

トマトなどの野菜や果物類を生で食べる際は、トキソプラズマ症という感染症の危険が否定できないため、よく洗ってから食べるのが大切です。

②調味料のかけすぎに注意する

さきほどトマトだけなら摂取量の上限はないと述べましたが、塩などの調味料をかける場合は要注意です。妊婦さんが塩分を摂りすぎると、妊娠高血圧症候群を起こす危険もあります。

塩やドレッシングのかけすぎは抑え、できるだけノンオイルドレッシングなどを使うのがおすすめです。

③食べづらい時には無理して食べない

いくらトマトが健康に良いといっても、無理をして食べる必要はありません。

つわり中の食事は、食べられるものを食べられるときに食べるというのが基本です。強引に口にすれば返ってつわりを悪化させる恐れもあるので、食べづらく感じる場合は決して無理をしないようにしましょう。

④葉酸サプリも摂取する

トマトには前述のように栄養が豊富ですが、それだけでは十分ではありません。

一方葉酸サプリには、葉酸以外にもビタミンやミネラルが豊富に含まれており、バランスの良い栄養摂取に役立ちます。また吐き気を抑えるビタミンB6もあるので、つわりの軽減にも役立ちます。

つわり中にトマトにおすすめのトマトの食べ方

続いては、つわり中におすすめのトマトの食べ方について見ていきましょう。ただし以下の様な料理では、塩分やカロリー、糖質に気をつけることが大事です。

ネット上のつわり時のトマトレシピをチェックしてみる→

①トマトジュース

つわりが重くてトマトすら食べられないという場合は、トマトジュースを試して見て下さい。トマトジュースならトマトの栄養も損なうことなく入っており、リコピンもそのまま摂取することができます。

一方市販のトマトジュースには塩が入っているものも多いので、できるだけ無塩タイプを選ぶのがおすすめです。

②トマトスープ

つわり中に食べやすい料理に、スープがあります。食べやすく消化にも良いスープは、つわりに苦しむ妊婦さんにはピッタリの料理。トマトもスープにして食べることで、栄養も摂れて冷えも防ぎやすくなります。

ただこちらも、塩分には注意が必要です。

③トマトパスタ

トマトパスタもまた、つわり中には食べやすいという人が多いようです。うどんやそうめんなどとともにパスタを好む人も多く、特にトマトパスタはつわり中でもOKというケースが少なくありません。

やはりこちらに関しても、塩分やカロリーには要注意です。パスタは特に高カロリーなので、食べ過ぎには気をつけましょう。

つわり中におすすめのベルタ葉酸サプリ

ここで、つわり中におすすめの葉酸サプリについてご紹介しておきましょう。「ベルタ葉酸サプリ」は、妊婦さんの目線に立って開発されたサプリメントです。

吸収しやすい酵母葉酸を400μg含む他、ビタミン・ミネラル27種類や野菜21種類、アミノ酸20種類などを配合。栄養が偏りがちなつわり中でも、バランスのよい栄養摂取が可能です。

また香料や着色料などは無添加のため、安心して飲めるのもメリットとなっています。

つわり中にトマトを美味しく食べよう!

以上のように、つわり中のトマトはおすすめの食べ物です。酸味が効いて水分が多いため、吐き気を起こさずに食べることができます。

また、そのままならいくら食べても大丈夫というのも利点。ただジュースやスープなどで食べる場合には、塩分や糖分に注意が必要です。

つらいつわりの時期は、美味しく栄養豊富なトマトでしっかり体調を整えましょう。