つわりが辛い時にはそうめんがオススメ!妊婦向けのレシピも紹介

辛いつわりの時はそうめんがオススメです

妊娠初期の妊婦さんを襲うつわり。ピーク時には食べられるものもかなり限られますが、そんな時でも食べやすいのがそうめんです。

サッパリして水分たっぷりのそうめんは、つわり中の妊婦さんの強い味方になってくれます。今回はつわり中のそうめんのメリットや、症状が重いときに活躍してくれるそうめんレシピなどをご紹介していきます。

そもそもつわりって何?

吐き気のする妊婦さん
つわりとは、妊娠初期に現れる吐き気や嘔吐などの症状の総称です。症状には他にも、唾液量の増加や倦怠感、食べ物の好みの変化や、特定のにおいに敏感になってしまう「においつわり」などがあります

つわりの期間は大体妊娠4~6週ごろから始まり、妊娠16週あたりまで続くことが多くなっています。

原因についてはまだはっきりしておらず、ホルモンバランスの変化による影響といった説や、胎児を異物とみなすことによるアレルギー反応などの説が言われています。

つわり中にはそうめんを食べたくなる妊婦さんが多いようです

つわり中にそうめんを食べたくなったという妊婦さんは、決して少なくないようです。下にそうした人たちの声を集めてみましたので、まずは皆さんの体験を聞いてみましょう。

母が、そうめんをゆでてくれました。毎日そうめんばかり食べて過ごしました。 一生ぶんのそうめんを食べましたよ。

出典:komachi.yomiuri.co.jp

つわりでそうめんばっかり食べています。 野菜も食べないといけないと思いつつ、食べたくなくてそうめんや冷やしうどん みたいなものしか食べてません。

出典:つわりでそうめんばっかり食べているのですが… – つわりでそうめんばっ… – Yahoo!知恵袋

私も現在8週で素麺ばかり食べてます。 色々食べないといけないのはわかってるんですが、気持ち悪くなって受け入れられません。

出典:つわりでそうめんばっかり食べているのですが… – つわりでそうめんばっ… – Yahoo!知恵袋

以上が、つわり中にそうめんを食べたくなったという人たちの声でした。

「つわり中はそうめんばかり食べてしまう」「他のものも食べたいが受け付けない」という声が多く聞かれます。やはりつわりになると、どうしても特定のものしか食べられなくなる人が多いようです。

つわりがで食べられるものが少ない時はそうめんがオススメ

妊婦さん

上記のように、つわり中の吐き気の影響で妊娠初期には偏食が強まる傾向があります。食べられるものがかなり限られる時でも、そうめんは比較的おすすめの食べ物となっています。

つわり中嫌われがちな食べ物は、匂いのきついものや喉ごしの悪いもの。しかし淡泊で水分の多いそうめんは、その対極と言える食べ物です。

また、つわり中はしょっぱいものが好まれる傾向がありますが、麺つゆはほどよいしょっぱさで比較的食が進むというメリットもあります。

つわり中にそうめんを食べる際に注意したい点

考える妊婦さん

上記のようにつわり中は口にしやすいそうめんですが、食べる際には多少の注意も必要です。ここではつわり中のそうめんの注意点について見ていきましょう。

①お腹を冷やしすぎないようにする

つわり中にそうめんを食べると、吐き気の苦しさや夏場の不快さは治まりやすくなります。だからといって食べ過ぎると、お腹を冷やす危険も。

妊娠中のお腹の冷えは妊婦さんのむくみや便秘の原因になる他、出産がスムーズに行えないなどの弊害をもたらす恐れもあります。妊娠中はただでさえ体が冷えやすくなっていますから、そうめんの食べ過ぎは控えた方が良いでしょう。

②栄養バランスが偏らないようにする

つわり中はとりあえず、「食べたいものを食べる」のが基本とされています。しかし毎食そうめんを続けると、さすがに栄養面で偏りが出てしまいます。

母体の栄養の偏りは胎児の成長に影響を与える可能性があるので、毎回そうめんばかり続けるのはあまりおすすめできません。

そうめん以外で食べられるものを探したり、トッピングに野菜などを取り入れれば、栄養バランスも取りやすくなるでしょう。

妊婦さん必見!つわりが辛い時に食べたいそうめんのレシピ

それではここで、つわりがひどい時に食べたいそうめんのレシピをご紹介しておきましょう。以下のようなレシピは、おいしくて栄養もたっぷりです。

①妊婦悪阻救世主そうめん

こちらは名前の通り、つわりで苦しい時に助けとなるようなレシピです。生姜を使っているのが特徴で、酸味がつわりに効果的なほか、辛み成分が吐き気を抑える効能もあります。

作り方はそれぞれ輪切りにした具材を炒め、そうめんを入れておろし生姜とつゆ、ポン酢をからめれば出来上がり。食欲のない時でも箸が進む一品となっています。

具材や詳しい作り方は、以下のリンクからご覧ください。

詳しいレシピはこちら

②つわり中にも トマトパスタをそうめんで

続いてのレシピは、トマトを使ったそうめん料理です。やはりトマトの酸味でつわり中も食べやすくなるほか、リコピンやビタミンCといった抗酸化作用を持つ栄養も摂れます。

材料はトマトのほかにほうれん草やスナップえんどう、オリーブオイルなど。つわりがひどい時にはトマトとツナだけにするなど、アレンジも可能です。作り方も簡単で、食べたい時すぐに用意できるのもうれしいところでしょう。

詳しいレシピはこちら

③悪阻に☆ポン酢と大根おろしでサッパリ素麺

こちらもまた、簡単に作れておいしいそうめんレシピ。大根おろしとポン酢をかけるだけというシンプルさです。

大根にはジアスターゼという消化酵素が多く含まれ、胃酸を中和してもたれやむかつきを防ぐ効能があります。またビタミンCも豊富な上、水分が多いため、食べやすいのもメリットでしょう。

つわり中にはレモンや黒酢をかければ、より酸味が増して食べやすくなります。

詳しいレシピはこちら

妊娠初期の栄養補給にはベルタ葉酸サプリがオススメ!

前述のように、つわり中でもそうめんばかり食べるのは、栄養面でよくありません。そうした時の栄養補給には、葉酸サプリを活用するのがおすすめです。

中でも「ベルタ葉酸サプリ」は、吸収しやすい酵母葉酸を400μg配合。妊娠初期の葉酸摂取は、胎児の先天性障害リスクを大幅に下げるとされていますから、葉酸吸収率の高いベルタ葉酸サプリは特にメリットが大きいと言えるでしょう。

つわりが辛い時は適度にそうめんを食卓に取り入れてみては?

いかがでしたか?以上のように、つわりで苦しい時にはそうめんが食べやすくおすすめとなっています。

喉ごしがよく水分も多いため、胃がむかむかする時にはピッタリ。トッピングなどアレンジもききやすいので、自分好みのレシピがいろいろ試せます。

また、似たような食べ物だと蕎麦などもオススメなので是非つわり中に試してみてください。

関連記事

 つわり中にそばを食べてもいいの?【妊婦さんに人気】