つわり時のにおい対策方法【原因や体験談も紹介】

匂いつわりを徹底対策しよう!

口を抑える女性

妊娠初期につわりを経験する女性はかなり多いと思いますが、吐き気の症状と同じくらいしんどいのが匂いですよね。
普段なら全く気にならないようなにおいでも、つわりの時は我慢できずにその場から逃げ出したくなってしまうこともあるかと思います。

今回は、そんなつわり時のにおいについて、原因や対策をご紹介していくことにしましょう。
匂いつわりを少しでも楽に乗り切れるように、ぜひ参考にしてくださいね。

つわりの時に匂いで辛い思いをした人たちの声

先ほども触れたように、つわりの時ににおいが辛かったという先輩ママはかなり多い様子。
体験談を見てみましょう。

通勤電車内のにおいがツライ。マスクだと私には薄いので、30㎝×30㎝くらいの大きめのハンドタオルを四つ折にして鼻と口にあてていました。 (Nさん)

出典:つわり乗切り ゼクシィBaby|いろんなにおいがダメになるツライにおいには…

スーパーの食品売り場のにおいが苦痛だったので、ネットスーパーを利用。飲食店のにおいもダメだったので、遠回りして住宅街を歩くようにしました。(Hさん)

出典:つわり乗切り ゼクシィBaby|いろんなにおいがダメになるツライにおいには…

常にマスク。香りの強いものがダメになったので、洗剤や石けんはすべて無香料のものに買い替えました。(Aさん)

出典:つわり乗切り ゼクシィBaby|いろんなにおいがダメになるツライにおいには…

通勤電車は普段からにおいが気になる人もいると思いますが、食品売り場のにおいもダメというのは日常生活にもかなり影響が出そうですね。
また、洗剤や石けんのように、普通であれば快適なにおいですらつわりの時は敏感になってしまうことも…
時期が来れば治るとは言え…しんどいですよね。

匂いつわりとは

考え込む女性

においに敏感になるタイプのつわりのことを、匂いつわりと呼びます。

先ほどの体験談にもあったように、元から不快なにおいにますます敏感になったり、さらには普段なら全く気にならないにおいにすら不快感を覚えたり…
どんなにおいに敏感になるかは個人差があり、人によっては「そのにおいは気にならなかった」と、同じつわり期の経験でも話が合わないということもあるんですよ。

そもそも「匂う」ってどういうメカニズム?

飲み物を飲む女性

においは、鼻の中にある嗅覚受容体を通じて脳に信号が送られることで「こんなにおいだ」と感じることができます。

においは目に見えないとよく言いますが、実はにおいの物質は小さな粒子になって空気中に漂っています。
つまり「何もない」わけではなく「非常に小さい」というだけで、においを感じる時にはその物質が空気に浮かんでいることになるんですよ。

匂いつわりになる原因

お腹をおさえる女性

それでは、つわりの時ににおいに敏感になってしまうのはどうしてなのでしょうか。
考えられる原因をご紹介しますね。

①ホルモンバランスが変化するため

においつわりを始め、つわりの各症状がどうして起きるかについては明確な根拠は示されていません。
ただ、妊娠した時のホルモンバランスの変化によってにおいに敏感になったり吐き気といった症状が現れるというのが、一番有力な説になっています。

②お腹の赤ちゃんを守ろうとするため

ではなぜ妊娠時のホルモンバランスがつわりの症状を引き起こすのか…
それは、お腹の赤ちゃんを守るためだと考えられています。

妊娠時は普段は問題にならないような弱い毒素ですら、胎児の成長の妨げになることがありますよね。
こうした物質が体内に入るのを防ぐために異物に敏感になり、それがつわりの症状になっていると考えられるんですよ。

匂いつわりになるときつくなるのはどんな匂い?

さまざまなにおいに敏感になる匂いつわり。
どのようなにおいが辛くなるのでしょうか。
個人差はありますが、特に反応する人が多いにおいを集めてみました。

①タバコの匂い

タバコ

においつわりで一番不快に思う人が多いとされるのが、タバコのにおいです。
タバコは普通の人でも健康に害を及ぼすことが知られていますが、妊婦さんにとっては絶対に避けたい物のひとつですよね。
お腹の赤ちゃんをニコチンから守るために、妊娠したらタバコのにおいを猛烈に嫌がることができるようにママの体はできているのかもしれません。

関連記事

 妊婦さん必読!妊娠中に喫煙するのはNG?【胎児への影響は?】

②キッチンの匂い

意外かもしれませんが、キッチンのにおいもつわりの時には嫌になってしまう人が多いようです。
これは食べ物のにおいというよりも、生ごみやガス台のにおいなど、色々なにおいが複合的に合わさった状態に不快感を覚えるというケースが多いかもしれませんね。
また、具合が悪い時に食事の支度をしなくてはならないというストレスも関係している可能性があります。

③生鮮売り場の匂い

キッチンに共通する部分がありますが、スーパーなどの生鮮売り場のにおいに敏感になる人もかなり多いようです。

確かに生鮮売り場は普段から生臭いと感じることもありますから、つわりで敏感になった人が嫌がるのもわかるような気がしますね。

匂いつわりの対策方法

普段の生活の中にも、つわりの時に不快になるにおいはたくさんあるようです。
少しでも快適に匂いつわりを乗り切るための対策をご紹介しましょう。

①マスクや鼻栓をする

マスク

におい対策として一番お手軽なのは、マスク。
今は花粉症やインフルエンザ対策のための使い捨てマスクを常用している人も多いですから、普段マスクをつけていても特に違和感なく生活できるかと思いますよ。
最近は布製のかわいいマスクも販売されていますので、お気に入りのものをそろえるのも楽しいかもしれませんね。

マスクだけではにおいを防ぎきれないという場合は、鼻栓もおすすめですよ。

②アロマなどで家中をいい匂いにする

つわりの時に、もし「このにおいは大丈夫」というものがある場合は、そのにおいで家中を満たしてしまうのも良い対策になります。
代表的なのはアロマ。
つわり対策用のアロマという商品も販売されていますので、ご自身に合うかどうか一度試してみてはいかがでしょうか。

③夫の理解を得て、協力してもらう

お腹を包み込む妊婦さんと夫

においを避けるためには、そのにおいを発する物質に近寄らないことも対策になります。
そのためには旦那さんに協力をお願いするのもいいかもしれません。
生ごみの処理をお願いしたり、タバコを吸う旦那さんの場合は禁煙してもらうのも良い対策ですね。
もし旦那さん自身のにおいが気になる場合は、消臭グッズをプレゼントしても良いかと思いますよ。

妊娠初期は夫に気をつけてもうことも大切です。

④料理から離れる

先ほどのお話にも共通する対策ではありますが、匂いつわりが起きている間は料理をするのがかなりしんどくなる人も多いかと思います。
その場合、旦那さんや他の家族に料理を作ってもらったり、宅配サービスを積極的に利用していただくとつわりを比較的快適に乗り切れるかと思いますよ。

⑤ガムや飴を舐める

妊婦さんによっては、飴やガムでつわりの対策をしていた人もいるようです。
ミント系で鼻がスーッとするタイプのガムや飴ですと他のにおいをシャットアウトする効果がありますので、それがにおい対策になるというわけですね。
こういった味が苦手でなければ、ちょっと試してみてください。

⑥空気清浄機を使う

においを感じるのはにおい物質が空気を漂っているから…というお話をしましたよね。
ということは、におい物質そのものを除去してしまうのもつわり対策としては有効です。
そのために効果を発揮するのが空気清浄機。
感染症対策にもなりますから、お持ちでない方は1台購入しておくといいかもしれません。

匂いつわりには個人差がある

匂いつわりについてをご紹介してきましたが、敏感になるにおいの種類ももちろんのこと、においにどういった反応が出るかについても妊婦さんによってかなり個人差があります。
人によってはどんなにおいも特に気にならないまま出産を迎えることもありますし、逆に今回ご紹介したにおいの他にも、ありとあらゆる匂いがダメだった…というケースもあるようです。

ですからもし今回ご紹介した内容に当てはまらなかったとしても、特におかしいと思っていただく必要はないんですよ。

つわりの軽減には葉酸サプリがオススメ

サプリ

葉酸サプリと言えば妊娠時の栄養バランス対策として販売されているものですよね。
実は葉酸サプリに含まれている物質にはつわりを軽減できるものがあるんです。

代表的なのがビタミンB6。
詳しいメカニズムは解明されていませんが、ビタミンB6を摂取するとつわりが軽くなる傾向が確認されていて、つわり対策には有効と考えられています。

栄養バランスの維持と一緒につわり対策ができるなら有難いですね。

匂いつわりがひどい時にはお医者さんに相談してみよう

お医者さんに相談する妊婦さん

匂いつわりの対策を色々とご紹介してきましたが、今回挙げた対策が全く効かないケースもきっとあるかと思います。
そういう時は迷わず、産婦人科医に相談してみてください。

産婦人科医なら医学的につわりを軽減する方法をアドバイスしてくれるはずですし、妊娠時のお悩みなど色々聞くことができます。
ぜひかかりつけの産婦人科医を見つけておいてくださいね。

匂いつわりを徹底的に対策して乗り切ろう!

匂いつわりについて、いかがだったでしょうか。

普段の生活ではにおいで不快になることなどほとんどないものですが、妊娠したのをきっかけに生活しづらくなって…
そう悩んでいる女性も多いかもしれません。
でも、つわりはあくまで一過性のもの。
しばらく経てばまた普段通りににおいを楽しめる時が来ますから、ぜひ気持ちをゆったり持って過ごしてみてください。

今回ご紹介した対策を参考に、今の時期を乗り越えていきましょう!