つわり中にポカリは飲まない方が良い?【徹底解説】

つわり中のポカリスエットは適量ならおすすめ

妊娠初期に不快な症状を伴って起きるつわり。
飲食物には気を遣う時期ですが、手軽に水分を補給できるということでポカリスエットなどのスポーツドリンクを飲みたくなる妊婦さんも多いかと思います。

でも、何となくポカリなどのスポーツドリンクって添加物も多そうだし…不安になることもあるかもしれません。
でも大丈夫。
ポカリスエットも適量であればつわり中に飲んでも問題ありません!

今回はポカリスエット等のスポーツドリンクが妊娠やつわりにどう役立ってくれるのかをご紹介していくことにしましょう。

つわり中のポカリに関する妊婦さんの声

妊婦さん

私はポカリに救われましたよ。 つわりで何も食べられない時に 1リットルのポカリをがぶ飲みしていました。

出典:komachi.yomiuri.co.jp

つわりで、今まで飲んでいた麦茶が飲めず、ポカリしか飲めなくなってしまいました。(薄い甘みのある冷たいものが、飲みやすいのです)

出典:ポカリスエットなどが、電解質を含んでいて(糖分や塩分も)妊婦の… – Yahoo!知恵袋

ポカリなどは水分補給には向いていると思いますが、あまり取りすぎると他のジュースなんかと一緒で糖分も取りすぎになってしまいますから。 お茶(できればノンカフェインのウーロン茶や番茶など・・・)やお水なんかを飲むといいと思いますよ。

出典:妊娠中期(?)になったら、ポカリやアクエリアスなどは控えたほう… – Yahoo!知恵袋

つわりの時には水すらも飲むのがしんどいことがあると思います。
そんな時に薄く味がついているポカリは飲みやすく、ただの水よりも栄養が入っていますから安心できることもあり、愛用している妊婦さんは多いようですね。

ただ、ポカリには糖分も多く含まれているのも事実。
この点には気をつける必要があるかもしれません。

色んなスポーツドリンクの主な栄養成分、カロリーや糖分

ここまではポカリスエットを中心にお話をしてきましたが、ポカリ以外にもスポーツドリンクは色々ありますよね。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

①ポカリスエット

ポカリスエット

スポーツドリンクの代名詞とも言えるポカリスエット。
スポーツの時だけでなく風邪など病気の時にも利用している人は多いと思います。

ポカリスエット100mlあたりのカロリーは25kcal。
スポーツドリンクは電解質が入っていることが強みですが、ポカリスエットにはナトリウムやカリウム、カルシウム、マグネシウムといったミネラルが配合されていますので、汗をかいて出て行ったしまった電解質を手軽に補うことができます。

気になる糖分は、100mlあたり6.2g。
これは角砂糖1個よりも少し多いくらいの量なので、ペットボトルなどで一気に飲む場合はちょっと注意したほうがいいかもしれませんね。

②アクエリアス

アクエリアス

アクエリアスもポカリスエットと並んでスポーツドリンクのトップシェアを担っています。

色々な種類がありますが、一番オーソドックスなプレーンタイプのアクエリアスのカロリーは100mlあたり19kcal。
成分はポカリと同じく電解質が中心ですが、カリウムやマグネシウムに加えてアルギニンやイソロイシン、バリンなどのアミノ酸成分が入っていますので、たんぱく質の合成にも役立ってくれます。

糖分は100gあたり4.7gほど。
カロリーや糖分の低さ、成分の面も総合すると、ポカリよりもややおすすめできると言えそうです。

③ゲータレード

ゲーターレード

知名度は低いかもしれませんが、自販機などでパッケージを見たことがある人もいるのではないでしょうか。

カロリーは100mlあたり25kcalでポカリと同じですが、成分にうまみ成分であるグルタミン酸が配合されていますから味が美味しいと感じる人が多いかもしれません。
糖分は100mlあたり5.8gほど。
ポカリよりは少ないようですね。

世界的なスポーツドリンクのシェアは大きいものの、海外製ということで日本人にはあまり浸透していない印象です。

つわりの主な原因と症状

口を抑える女性

さて、ここで一度つわりについてをおさらいしておきましょう。

つわりは妊娠初期に起きる症状で、吐き気や食欲不振などの不快な症状を伴います。
他にも味覚や嗅覚の極端な偏りが起きるケースもあり、食事に難が出る妊婦さんが多いと言われているんですよ。

原因については詳しいことはわかってはいないものの、妊娠によるホルモンバランスの極端な変化が関係しているとされています。
妊婦さんの8割以上が経験すると言われていますので、予防はなかなか難しいようです。

つわり中にポカリなどを飲むメリット

頑張るポーズをする妊婦さん

つわり中でも手軽に水分や電解質を補給できるポカリなどのスポーツドリンク。
どういったメリットがあるのかを考えてみました!

①ミネラルに吐き気の予防が期待できる

ポカリの最大のメリットはミネラル分を補給できることです。
ミネラルが不足すると体内の循環のバランスがおかしくなってしまうのですが、適切に補うことでつわりによる吐き気もある程度予防、緩和することができることがあります。

また、つわりによって吐いてしまった時には水分と一緒にミネラルが失われていますので、こうした時の補給にも役立ちますよ。

②体への吸収が良い

ポカリはスポーツ時の水分補給の目的で作られていますので、体に吸収されやすい浸透圧に調整されています。
普通の水を飲むよりもすぐ体に行き渡っていきますので、今すぐ水分を補給したい!と思う時にもとても効果がありますよ。

③低血糖を予防してくれる

つわりの時は食事の好みが偏ったり、そもそも食事自体ができなかったりしますので低血糖に陥りがちになります。
ポカリには糖分が含まれていますのでこうした時の糖分補給にも役立ってくれるんですよ。
もちろん飲みすぎはよくありませんが、適量であれば体の健康の助けになってくれるというわけですね。

つわり中にポカリを飲む際の注意点

OKを出す女医さん

つわりの時に役立ってくれそうなポカリなどのスポーツドリンク。
でも、何も考えずにがぶ飲みして良いというわけではありません。
注意点をまとめてみました。

①飲む際には冷やしすぎない

ポカリは冷やして飲むのが当たり前だと思っている人も多いかもしれませんが、つわり中や妊娠中はできるだけ体を冷やさないことが大切です。
暑い時期にはある程度冷やしたポカリもおすすめですが、あまりに冷やし過ぎないように気をつけてください。
できれば常温、可能であれば温めて飲むくらいの意識でちょうどいいと思います。

②糖分の摂取量に注意する

先ほどからお伝えしているように、ポカリなどのスポーツドリンクには糖分が多く含まれています。
製品によって配合量には違いがあるものの、100mlに角砂糖1個前後の糖分が入っていることになりますから、ぜひ糖分の摂取量は意識するようにしてください。

③飲み過ぎに注意する

ポカリを飲みすぎると、糖分もですがミネラル分も過剰に摂取することになってしまいます。
また単純に水分の取りすぎは腹痛や下痢、頻尿などの健康被害をもたらすこともありますし、過剰に飲むことは控えるようにしましょうね。

④つわりが終わった後は他の飲み物を飲む

つわり中には食べられるもの、飲めるものが限られます。
こうした時は栄養バランスに気を遣うことは非常に難しいですから、つわり中は多少のデメリットがあったとしても食べられるもの、飲めるものを摂取するようにしてください。

でも、つわりが終わって何でも口に入るようになったならポカリは卒業したほうがいいかも。
麦茶やスープなど体に負担をかけずに水分や栄養が摂れるものを利用することをおすすめします。

つわり対策には葉酸サプリも活用しよう

ベルタ葉酸サプリ

ポカリはつわり中に水分やミネラルを補給するのには適していますが、栄養面で見ると体の健康を維持できるほどの成分は入っていません。
つわり中はぜひ、妊婦さん向けの葉酸サプリも利用して健康維持に努めましょう。

妊婦さん向けの葉酸サプリには葉酸をはじめとしたビタミンやミネラルが豊富に含まれていますし、特に注目したいのはビタミンB群です。
ビタミンB6には吐き気を緩和する効果があり、酔い止めにも配合されているほど。
栄養を補給しながらつわり対策にもなりますから、お気に入りの葉酸サプリを用意しておくと安心ですね。

つわり中は水分補給を欠かさないようにしよう

いかがだったでしょうか。

人間の体の半分以上は水でできていると言われるように、水分は人間が生きる上で必要不可欠なものです。
食べることはしばらくしなくても生きていられますが、水は1日飲まなかっただけでも命に関わるとか。
つわりで何も食べる気にならない時でも、水分だけは軽視せずにしっかり補給していくようにしましょう。

電解質も摂取できるポカリは強い味方になってくれますから、上手に活用してくださいね。