つわりで気持ち悪い時の水分補給について【量・方法を解説】

つわりの時の水分補給はすごく大切!

飲み物を飲む女性

妊娠初期のつわりでは吐き気が出る人も多く、水を飲むのもつらい時がありますよね。

ですが人間にとって水分は生きるための大事な要素。
水分補給を怠ると妊娠にも悪影響が出てしまうことがあります。

そこで今回はつわりで気持ち悪い時でも水分を補給して頂く方法をご紹介していきます。
妊娠初期を少しでも快適に過ごすために、ぜひ参考にしてくださいね。

つわりの時は気持ち悪くて水分をとれない人が多い

熱で苦しむ妊婦さん

まずは、つわりで水分がとれない状況が続いたという人の体験談をご紹介します。

最初の頃は何も口に出来ず吐いてばかりでしたが、最近は食パンやゆで卵、野菜を湯がいたもの、豆腐、振りかけ等を混ぜたご飯が食べられるようになりましたが、水分が口にできません。 水分を口にすると必ず吐いてしまいます。

出典:つわりが辛い9w4dの妊婦です。水分が摂れる良い方法があれば… – Yahoo!知恵袋

1ヶ月半以上家事食事後半は、ほぼ食べれる物も無くなり無理やりご飯スプーン2口程食べれても食べては吐くの繰り返しで 一切何もできず 寝てるか座ってるか眠れない日々もあり本当に食事も水分もあまり食べれない辛い日々でした。

出典:つわりが辛い9w4dの妊婦です。水分が摂れる良い方法があれば… – Yahoo!知恵袋

悪阻がひどく妊娠悪阻&脱水症状と診断されて点滴となりました。

出典:つわりが辛い9w4dの妊婦です。水分が摂れる良い方法があれば… – Yahoo!知恵袋

先輩ママたちの中にも、つわり中に水分がとれずにつらい思いをした人はかなり多いようです。
せっかく飲んでも吐くことになってしまっては…という精神的なストレスもまたしんどいところかもしれません。
ただ、あまりにも少量しか水分がとれない状況が続くと、脱水症状になってしまうこともある様子。
できれば早めに解決したいですよね。

そもそもつわりってどんな症状?

考える妊婦さん

吐き気とつわりは切っても切り離せない関係。
吐き気はつわりの最もオーソドックスな症状です。

ただ、吐き気が起きて食欲が全くなくなってしまう人もいれば、胃がカラになると吐き気が出る人もいます。
後者の場合はどんどん食べることができるため水分不足にもなりにくいかと思うのですが、前者のように食欲がなくなるつわりの場合は体の水分が不足してしまう可能性が高くなるので注意が必要ですね。

なぜつわりの時に水分補給が重要なの?

血液中

水分は通常状態の人にも大切なものですが、つわり中には特に重要です。
その理由をご紹介しますね。

①老廃物を流してくれる

人間が生きているとどうしても体の中には老廃物が溜まってきます。
ではその老廃物をどうやって体外に出すかというと、尿や汗などですよね。
水分が足りなくなるとこうした代謝がうまく働かなくなってしまうため、体の中に老廃物が溜まっていってしまいます。
そうすると妊婦さんの健康状態にも悪影響が出てきてしまうんですよ。

②血液量を増やしてくれる

妊娠中は赤ちゃんを育てるため、ママの体を循環する血液の量は1.5倍にもなると言われています。
血液は半分以上が水分でできていますから、血液量を正常にするには水分をしっかり摂っていただく必要があるというわけですね。

③脱水症状を回避できる

妊娠中はホルモンバランスの変化などにより基礎代謝量が増えると言われています。
普段よりも汗や尿が多く出る傾向にあるんですね。
ですから普段と同じように水分を摂っていると脱水症状になりやすいんです。
普通よりも少し多めに水分を摂取して、やっと通常モードになるんですよ。

つわりの時に水分補給せずに脱水症状になったり、うつになる人も

口を抑える女性

つわりの症状はそれだけでもつらいものですが、その上に水分不足が続いてしまうと脱水症状などの重い症状に結びつくことがあります。
また水分不足は倦怠感や疲労感、情緒不安定といった症状を招くことがあり…ここからうつを発症してしまう人もいるとか。

つわりだけでなくこうした症状まで出てしまっては回復させるのもなかなか困難ですから、つわり中でもできるだけ意識して水分補給をしていきましょう。

1日にどのくらいの水分量が必要?

妊婦さん

普通の人は1日に1.5ℓくらいの水分摂取が必要だと言われていますが、妊婦さんはこれより少し多く、2ℓ程度の水分を1日に摂取していただくのがいいと言われています。
これはやはり、お腹の赤ちゃんを育てることを考えての量。
血液が多く必要になったり、汗などの代謝が増えることを考慮するとこれくらいの水分が必要なんですね。

つわり時の水分補給対策方法

それでは、つわりの時にはどうやって水分を補給していったら良いのでしょうか?

①氷を舐めてみる

氷

つわりで気持ち悪い時でもおすすめの水分補給方法が、氷です。

氷を口に入れておくと、少しずつ溶けていきますからゴクゴク水を飲まなくても水分補給ができます。
特に味もしませんので味覚が敏感な時でも無理なく舐めることができますし、口がサッパリする効果もあるのでつわり中にはかなりおすすめですよ。
ただし、体を冷やす恐れもあるので氷だけに頼ることは注意しましょう。

関連記事

つわりの時に氷を食べるのは大丈夫?【対策方法は?】

②冷たい水を一気に飲みすぎない

つわりが軽く水を飲んでも大丈夫だという時でも、冷たいものを飲みすぎるのは避けてください。
冷たい飲み物は体を冷やしますから、胃腸のトラブルを招くだけでなくお腹の赤ちゃんがびっくりしてしまうかもしれません。
どうしても冷たいものが飲みたい時でも、少しずつ飲むようにしましょうね。

妊婦さんの水分補給にミネラル葉酸グリーンスムージーがオススメ!

 

つわりの時は固形の食べ物も摂取しづらい時ですから、水分だけでなく栄養も足りなくなってしまいがちですよね。

そこでおすすめなのが、水分と栄養を同時摂取できるドリンク。
ミネラル葉酸スムージーです。

妊娠初期に必要な葉酸だけでなく、様々なビタミンやミネラルがバランスよく配合されたこのドリンク。
マンゴー味に調えられていますが、自然な甘さにこだわって作られているためつわり中でも飲みやすいかと思います。
ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

つわり時は工夫して水分補給をしっかり行おう!

つわり中の水分補給について、いかがだったでしょうか。
氷や栄養ドリンクなど、つわり中でも無理なく水分を摂取していただく方法は色々あることがわかりましたよね。

体の具合が悪いと選択肢が狭まるように感じてしまう人も多いかもしれませんが、落ち着いて周りを見渡せば手段は色々とあります。
ぜひ、今回ご紹介した内容を参考に、妊娠中もしっかり水分を摂取できるようにしていきましょう!

関連記事

つわり中にオススメの飲み物【飲めない時の対処法も】