つわりの軽減対策にツボ押しは有効なの?【注意が必要】

つわりの対策にツボ押しはある程度有効!

ご飯を食べる妊婦さん

東洋医学の考え方で治療するツボ押し。
体の痛みを取ったりできることで有名ですよね。

実はこのツボ押し、つわりの軽減対策にもある程度効果があると言われているんです。
体のツボを押すだけでツライつわりが軽くなる可能性があるなら、ぜひ試してみたいと思いませんか?

今回はつぼを利用した悪阻対策をご紹介してきましょう。

そもそもつわりの原因は?

眠る女性

つわり時の吐き気や食欲不振といった症状つらいですよね。
でも、どうしてつわりが起きるのでしょうか?

つわりの明確な原因はまだ解明されていないのですが、有力なのがホルモンバランスの変化によるものだという説です。
妊娠すると女性の体内ではホルモンバランスが大きく変化するため、これにより吐き気などの症状が出ると言われているんですよ。

ツボ押しでつわりの吐き気が止まるかどうかは個人差がある

ツボ押しは、つわりの症状の中でも吐き気止めに効果があるとされています。

ただしツボ押しも100%の人に効果があるとは言い難く、その効果にはかなり個人差があると言われているんですね。
とは言え少しでもつわりの軽減対策になる可能性があるのは確かですから、一度は試してみていただければと思います。

次の項目から、実際につわり軽減対策のツボをご紹介していきますね。

つわりの軽減にオススメのツボ

つわりの軽減対策ができる可能性のあるツボは、主に5ヶ所あります。
それぞれ具体的な場所を図解していきましょう。

①内関

内関

手首の境目の中心から指3本分の場所にあります。
胃の不快感を軽減する効果がありますので、妊娠初期のげっぷや吐き気、食欲不振といった症状の対策に効果が期待できますよ。
親指で少し強めに押すのが、ツボ押しのコツです。

②裏内庭

裏内庭

先ほどは手首のツボでしたが、裏内庭は足の裏にあるツボです。
足の人差し指をぐっと曲げた時に指が触れる部分が裏内庭。
吐き気だけでなく下痢や腹痛にも効果がありますので、つわり以外にも通常の胃腸炎対策にも効果が期待できるかと思います。

③足三里

足三里

こちらの名前の通り、足にあるツボです。
ひざのお皿の部分の外側から下に指4本分の場所にあります。
胃腸のあらゆる症状の軽減対策効果ががある他、体力の増強にも効果を発揮しますので、つわりが起きている時にはかなり役立つツボかもしれませんね。

④合谷

合谷

また手のツボに戻りますね。
親指と人さし指の骨が交差するところがあるかと思いますが、そこから人さし指のほうに少し寄ったところにあるのが合谷です。
合谷は鼻の異常対策に効果が期待できるツボ。
つわりの時はにおいに敏感になる人もいるかと思いますので、そういった時に役立ちますよ。
肩こりやストレスにも効きますので、そういった症状がある時にも押してみてください。

⑤風池

風池

うなじの髪の生え際の部分で、背骨を中心として左右にあるのが風池です。
めまいや目、鼻、頭痛軽減に効果がありますから、つわりで疲れを感じた時にはここを押してみましょう。
具合が悪い時に押すと痛みを感じますので、そういった時は無理矢理押さずに優しくやってみてくださいね。

夫につわり軽減のツボ押しを覚えてもらおう

つわりの軽減対策に効果があるツボをご紹介してきましたが、場所によっては自分で押すのがちょっと難しいこともありますよね。
また、自分で押せるツボでもつわりの時に力を入れて押すのはなかなかしんどいと思います。

こんな時こそ旦那さんの出番!
ぜひ旦那さんにツボの場所を覚えてもらって、つわりがつらい時にはツボ押しをしてもらってください。
つわりの軽減対策だけでなく、ご夫婦のスキンシップにもなりますよ。

関連記事

妊娠初期に夫ができること・気をつけること総まとめ

ツボ押しは間違えると逆効果にもなり得る

お医者さんと妊婦さん

今回ご紹介したツボはどれもある程度効果が期待できるものではあります。
ただ、ツボを押そうとして場所を間違えてしまったり、力加減を誤ったりすれば逆効果になることも考えられるんですね。

ツボを押してみて軽減効果がないだけなら良いのですが、もし強い痛みやつわりの悪化を感じるようでしたら、ぜひお医者さんにも相談してみてください。

ツボ押し以外のつわり軽減対策

薬を見る妊婦さん

ツボ押しはちょっと難しそう…
そう思ってしまった方には、ツボ押し以外のつわり軽減対策もありますよ。
こちらも一度試してみてはいかがでしょうか。

①葉酸サプリを摂取する

妊娠初期の葉酸摂取対策として用いられることの多い葉酸サプリですが、つわり軽減対策に効果が期待できる場合があります。

鍵になるのはビタミンB6。
実はビタミンB6にはつわりを軽減させる効果があるとされているんですよ。
葉酸サプリにはビタミンB6が配合されているものが多いですから、葉酸摂取と併せてつわり対策もできるというわけですね。

②寝る前に軽食をとる

胃がからっぽになると吐き気が出るタイプの人におすすめなのが、寝る前に軽食をとることです。
寝ている間に消化が進むと、どうしても夜中に吐き気で目が覚めてしまうことがありますよね。
寝る前に少し食べておけばこうした症状を軽減することができますよ。

③お医者さんにお薬を処方してもらう

色々な方法を試しても、どうしてもつわりが軽減できない…
そういう時はお医者さんに相談してお薬を処方してもらうのも手です。
産婦人科で相談すれば妊娠に悪影響が出ないお薬を出してもらうことができますから、つわりが我慢できなくて普段の生活にも支障が出ると思ったらぜひ相談してみてくださいね。

ツボ押しを上手く活用して辛いつわりを対策しよう!

つわり軽減対策に効果があるツボのお話、いかがだったでしょうか。

必ずつわり軽減の対策に効果があるとは言えませんが、古くから人々が利用してきた方法ですからある程度の効果は期待できると思います。
ぜひ一度、騙されたと思って試してみてくださいね。

上手にツボ押しをして、つわり期間を乗り切っていきましょう!