つわりにはレモンがオススメ!レモン水や飴でも効果はある?

レモンはつわりにオススメの食材

妊娠すると酸っぱいものが食べたくなる…なんてよく聞きますが、確かに妊娠初期はつわりの影響で酸っぱいものが食べたくなる人も多いようです。

酸っぱい食べ物の代表と言えばレモン!
実はレモンはつわりの時には色々な面からオススメしたい食材なんです。

今回はつわり中のレモンとの付き合い方を詳しくご紹介。
おすすめのレシピもありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

つわりとレモンに関する声

妊婦さん

つわりの時にレモンが食べたくなったという先輩ママはかなり多いようです。
まずは体験談をご紹介しましょう。

最近までつわりに苦しんでました。 野菜を茹でたものにレモンか酢を大量にかけて食べてました。

出典:つわりを軽減した食べ物教えてください♪ – お気がる掲示板|すくパラ倶楽部

果汁のレモン汁もつわり時の気分悪さをおさえられてよかったです

出典:つわりを軽減した食べ物教えてください♪ – お気がる掲示板|すくパラ倶楽部

レモンを一個絞ってハチミツをいれて炭酸水と割ってのんでました‼

出典:つわりを軽減した食べ物教えてください♪ – お気がる掲示板|すくパラ倶楽部

レモンでつわりの症状が抑えられたという体験談です。
食欲がない時にもレモンをかければ何とか食べられたという方もいて、つわり中には色々なことに役立つ可能性があることがわかりますね。
最近は生のレモンだけでなく果汁だけが瓶に入ったものも売っていますから、そういったアイテムを活用してもいいかもしれません。

そもそもつわりって何?

お医者さんに相談する妊婦さん

つわりは、妊娠初期の5~6週目くらいから始まる症状。
吐き気や食欲不振を訴える方が最も多いですが、味覚や嗅覚の極端な変化や、食べつわりと言って逆に食欲が増す方もおられるようです。

原因については科学的に解明されているわけではないのですが、妊娠による極端なホルモンバランスの変化が体に負担をかけているためと考えられています。
こうした変化に体が慣れるまでの12週目くらいまでがピークで、その後は徐々に治まってくるケースがほとんどだと言われているんですよ。

レモンの基本的なカロリーと栄養価

レモン

レモンは果汁だけで計算すると100gあたり26kcal。
仮に皮など全ての果実を食べる場合は、約2倍の54kcalになります。
いずれにしてもカロリーは低いと言えますね。

栄養素として多いのは、カリウム、ビタミンC、葉酸です。
特にビタミンCについては「レモン何個分」という言われ方をするように、果物の中ではトップクラスに多いんですよ。

ちなみに、もし皮も食べる場合は香り成分のリモネンや食物繊維も摂取することができます。

つわりの際にはレモンを食べたくなるケースがある

女性

つわりの時には酸っぱいもの…レモンのような食品が食べたくなるケースが多いようですが、これはどうしてなのでしょうか?

実はこの裏に隠れていると思われるのが、つわりによる偏食です。
つわりの症状として味覚の変化が起きる人も多いのですが、この時に酸っぱいものが好まれる傾向にあるんですね。

ただ、レモンのような刺激のあるものが逆に苦手になるタイプの症状が出る方もおられるようです。
全員に当てはまるわけではありませんから、ここは注意してください。

実はレモンはつわりの際の栄養補給に効果的な食材

妊婦さん

レモンにはビタミンCをはじめとした栄養素が含まれていますが、こうした成分はつわりの時の栄養補給には効果的だと考えられるんです。
理由をご紹介しますね。

①免疫力を上げるビタミンC

ビタミンCは美容成分としても知られていますが、これは体の酸化を防いで免疫を上げる効果があるためです。
ですから風邪防止の時などにもビタミンCの摂取が推奨されるわけですね。

普通の人にももちろん嬉しい効果ですが、妊婦さんは妊娠のために免疫が下がった状態にありますので特に意識して摂取したい成分なんですよ。

②血圧の上昇を防ぐカリウム

カリウムには体内の余計な塩分を排出させる効果があります。

塩分の摂りすぎは高血圧を招きますので妊娠中は気をつけている方も多いとは思いますが、とは言ってもつわりの症状が起きている時は食事に気を遣うのがなかなか難しいですよね。
つい塩分摂りすぎになってしまう人もおられるかと思います。
そんな時にレモンのカリウムは強い味方になってくれますよ。

③リラックス効果のあるリモネン

レモンの皮を絞るといい香りがしますよね。
この香りの元になっているのがリモネンという成分です。

リモネンは柑橘系の果物に含まれる成分なのですが、リラックス効果があるためアロマオイルにも利用されているほど。
吐き気を抑える効果があることもわかっていますので、つわりの時にも役立つかと思います。

さらにリモネンには癌の予防や免疫を高める効果もあります。
つわりの症状を緩和するのと一石二鳥で役立ってくれますよ。

レモンを使った飲み物やお菓子も効果的

レモンを食べるというと、生の状態をイメージする方も多いと思います。
でも、実はレモンを使った飲み物やお菓子でもつわり軽減にある程度効果が期待できるんですよ。

①レモン味の飴

飴のフレーバーにはレモンを使ったものが多いですよね。

レモン味の飴というのは商品イメージからビタミンCを期待して購入する人が多く、そうした背景もあって実際にビタミンCを多く配合した商品が多くなっています。
当然酸味もありますから、これなら生のレモンを食べるのに近い効果が期待できると考えられるんですよ。

ただ、やはり飴ですので糖分が多くなっています。
食べ過ぎると糖分の摂りすぎになってしまうこともあるので、この点は気をつけてください。

②レモン水

レモンをそのまま食べるのはさすがにしんどいし、だからと言ってお料理にするのも面倒、そもそも唐揚げなどは食べられないし…
そんな人にはレモン水がおすすめです。

コンビニなど市販のレモン水でも良いのですが、果汁さえあればご自宅でも手軽に作ることができますよ。
レモン果汁のボトルを冷蔵庫に常備しておけばレモン水以外にも色々な用途に使えますのでオススメです!

自宅で簡単に作れるレモン水のレシピはこちら→

カフェインが含まれた飲み物のは注意しましょう

バツを持つ女性

レモン風味の飲み物というと、レモンティーやハーブティーがありますよね。
でも、「ティー」とつく飲み物を飲む時はちょっと注意。
紅茶にはカフェインが含まれているので、妊娠初期であるつわりの期間中にはおすすめできません。

ハーブティーであれば種類によってはノンカフェインのものも多いですし、紅茶も最近はデカフェ(カフェインが入っていない)商品もありますから、購入する時はカフェインが入っていないかどうかをチェックしてみてください。

つわり中の妊婦さんにオススメのレモンを使った料理3選!

レモンは果汁を飲むだけでも効果がありますが、お料理に使うのももちろんOK!
つわり中の妊婦さんにオススメのレシピをご紹介しますね。

①キャベツの生姜レモン

キャベツの生姜レモン

キャベツを生姜とレモンで和えるだけという簡単なレシピですが、つわりで食欲がない時にはかなり活用できます。
キャベツにもビタミンCが多く入っていますし、また実は生姜にもレモンと同じく吐き気を抑制する効果のある成分(ショウガオール)が含まれているんですよ。

レモンと一緒に免疫アップ、そして吐き気の軽減も叶えられる便利なレシピです。
食欲に余裕がある時はお肉を加えればたんぱく質も摂取できますよ。

キャベツの生姜レモンのレシピはこちら→

②レモンの蜂蜜漬け

レモンのハチミツ漬け

運動部の方なら一度は作ったことがあるかもしれません。
ハチミツを使うことで甘酸っぱい味になりますからレモンを丸ごと食べられますし、ハチミツにも栄養が豊富に含まれています。

ハチミツはビタミンやミネラルを豊富に含む健康食品としても知られていて、妊婦さんの視点で見るとビタミンB6が魅力。
実はビタミンB6には吐き気を軽減する効果があるため、酔い止めにも使われているほどなんですよ。
冷蔵庫に作り置きできますから、ぜひ常備してみてはいかがでしょうか。

レモンの蜂蜜漬けのレシピはこちら→

③レモン風味のパスタ

レモン風味のパスタ

レモン風味のパスタのレシピはこちら→

つわりにはレモンもいいけど葉酸サプリもオススメ!

薬を見る妊婦さん

つわり中の様々な不調にレモンが効果的だというお話をしましたが、レモンはつわりの軽減をすることはできてもそれだけでは栄養バランスを整えることはできません。
栄養バランスをしっかり整えたいと思うなら、葉酸サプリがおすすめ!
葉酸サプリなら葉酸をはじめ各種ビタミンやミネラルなど妊娠中に必要な栄養素をバランス良く摂取できますし、錠剤を飲むだけなので食欲にもあまり関係ありません。

さらに葉酸サプリには葉酸の吸収補助成分としてビタミンB6が配合されています。
先ほどもご紹介したように、ビタミンB6は吐き気の抑制に効果がありますから、サプリメントでつわりの緩和ができるというわけですね。

つわりの期間中だけでも、ぜひ活用してみてください。

レモンで辛いつわりを乗り切ろう!

つわり期間中のレモンとの付き合い方について、いかがだったでしょうか。

レモン単体でもいいですし、レモンを使った食事でもつわり抑制には役立ちます。
レモンの味はかなり強く作用しますから、つわり中には食べられないと思っていたものでも、レモンをかけるだけで食べられるようになるかもしれませんよ。

色々なお料理に活用できるレモン。
上手に利用してつわりの期間を乗り切っていってくださいね。