つわり対策にハーブティが効果的!?【他の軽減方法も紹介】

つわり対策にハーブティーはある程度おすすめ!

ハーブティーは独特の香りや味がリラックス効果を持つとして、日本でも人気の高い飲み物です。このハーブティーが、つわりの症状緩和にある程度効果的ということをご存知でしょうか?

今回は、ハーブティーの持つつわりの軽減効果について詳しく解説していきます。また、妊婦さんにおすすめのハーブティーなどについてもご紹介します。

つわりの症状と原因とは

口を抑える女性

つわり(悪阻)は、妊娠初期に妊婦が感じる体調や気分の変化を言います。症状としては、吐き気や嘔吐、唾液量の増加や頭痛と言ったものがあります。

個人によってあらわれる症状や程度は異なり、ほとんどつわりがない人もいれば、重症化して脱水症状などを起こす人もいます。

原因についてはまだはっきりしていませんが、ホルモンバランスの変化によるものという説や、母体が胎児を異物とみなすことによるものという説などがあります。

ハーブティーとは

妊婦さん

ハーブティーは、ハーブと呼ばれる薬草を煮だした飲み物を言います。

ハーブにはローズヒップやローズマリー、ラベンダーなどさまざまな種類がありますが、それらは古くから薬効が知られていました。その成分が抽出されたハーブティーも、いろいろな薬理効果を期待することができます。

ハーブティーはそれぞれの種類ごとに色や香りは異なりますが、ほとんどのものがノンカフェインとなっています。

ハーブティーがつわり対策におすすめな理由

OKを出す妊婦さん

ハーブティーはつわり対策にも効果的な飲み物となっています。では、どういった点がつわりに効くのでしょうか。以下でそのポイントについて見ていきましょう。

①アロマテラピー効果がある

ハーブティーの特徴と言えば、その香りの良さです。ハーブティーは香りで気分を癒すアロマテラピー効果を持っていますが、これがつわりの不調軽減に役立つのです。

つわり中は何かとイライラすることが多くなりますが、ハーブティーの香りでリラックスしやすくなり、気分を落ち着かせることができます。

②薬理効果がある

ハーブティーは香りで気分をやわらげるだけでなく、薬理効果も期待できます。例えばレモンバームは消化器系の不調に効果がありますし、ジンジャーティーは体を温め、つわりの吐き気も抑える効果が。

またミネラルなどの栄養が豊富なため、つわり中の栄養補給の面でも効果的です。

③つわり時でも飲みやすい

つわり中は食べ物が喉を通らなくなることが多くなりますが、ハーブティーはそうした時でも口にしやすい飲み物です。

前述のように香りがよく、胃にも優しいことから、比較的抵抗なく飲むことができます。上記のように栄養も豊富ですから、食事がしにくい時には特にメリットのある対策法でしょう。

つわり対策時のハーブティーの選び方

考える妊婦さん

つわり対策として便利なハーブティーですが、どういった点に気をつけて選ぶと良いのでしょうか。ここでは選び方のポイントを見ていきましょう。

①安全性評価が高いものを出来るだけ選ぶ

普段もそうですが、妊娠中は特に気をつけたいのがハーブティーの安全性です。ハーブの安全性については、米国ハーブ製品協会が編集した「メディカルハーブ安全性ハンドブック」でクラス1~4の4段階評価で分類されています。

このうちクラス1であれば妊婦さんも問題なく摂取できますから、この点についても選ぶ際に注意しておきましょう。

②酸味があるものかすっきりとした清涼感があるものを選ぶ

つわり対策としてハーブティーを選ぶ際は、味やのどごしなどにも気をつけた方が良いでしょう。

つわり中に効果的なのは、酸味のあるものや清涼感のあるハーブティー。これらは胃がむかつく場合でも、気分をスッキリさせてくれます。ハイビスカスやローズヒップなどは、こうした効果があります。

③つわりや妊婦さんに効果のあるハーブを選ぶ

一口にハーブティーと言っても、種類はさまざまです。その分効果も異なりますから、つわり対策として選ぶ場合は、それに応じた効果のあるものを選ぶようにしましょう。

ビタミンやミネラルを多く含むものや、血流改善効果などのあるものがベストです。

逆にセージなど、妊娠中は避けた方が良い種類もあるので注意が必要です。

④わからない時は店員さんに聞いてみよう!

あれこれ種類がありすぎて、どれを選んだら良いか分からないという時は、まずは店員さんに尋ねてみましょう。

自己判断で選ぶと、妊婦さんには向かないハーブティーを買ってしまう危険もあります。初心者であれば特に、店員さんのアドバイスに従った方が無難です。

つわり時におすすめのハーブティー3選

ここからは、妊婦さんにおすすめのハーブティーをご紹介していきましょう。もちろんつわり対策としても有効です。

①キャリネス MATERNITY BLEND 恵

 

キャリネス 恵

こちらはキャリネスの漢方ハーブティーです。

原料はヨモギ、アンジェリカ、ネトル、シショ、シソ、ショウガなど。香りはほんのりしたミントで、清涼感のあるさっぱりとした味わいとなっています。

また、鉄分をはじめとしたミネラルが豊富に含まれているため、妊活中女性にもオススメのハーブティーです。

関連記事

妊活・不妊にハーブティーが効果あり?特にオススメのハーブは?

②まめまめハウス 安心マタニティブレンド

こちらは「まめまめハウスカフェの素」が販売しているハーブティー。原料はネトルリーフ、エルダーベリー、ローズヒップ、エルダーフラワー、ジンジャーなどです。

妊婦さんのむくみやつわり、貧血、冷えなどの対策として効果的。無着色・無香料で成分無調整の製品となっています。

③藤本商店 ローズヒップティー

3つ目のおすすめは、藤本商店のローズヒップティーです。ローズヒップとはバラの実のことで、ビタミンCや鉄分、カルシウムなどが豊富に含まれます。

特にビタミンCの多さが特徴で、「ビタミンCの爆弾」と呼ばれるほど。免疫力アップやリラックス効果などの作用もあります。

ハーブティーと並行して出来るつわり対策方法

頑張るポーズをする妊婦さん

つわり対策として有効なのは、ハーブティーだけではありません。他にもできる対策法について見ていきましょう。

①朝起きたときに食べられるものを食べる

つわり中は食欲も減退し、食事の回数や量も減りがちです。ですから、食べられるときに食べられるものを食べておくのが大事。特に朝起きた時に少しでも食べておくと、つわりを抑えやすくなります。

起きてすぐ食べられるように、枕元に小さなおにぎりなどを置いておくのも良いでしょう。

②家を綺麗にしてアロマをたく

つわり中は精神的にも不安的な時期。ちょっとしたことが気になり、気分を悪化させたりします。

そうした時に効果的なのが、アロマテラピーです。香りによって気分も落ち着き、リラックスできますし、免疫力アップなどにも役立ちます。

また家の中をきれいにしておくことで、より気分を落ち着かせやすくなります。

関連記事

つわり対策にオススメのアロマオイルは?

③洗剤などは出来るだけ無香料のものを使う

つわり中は匂いに敏感になることもよくあります。食べ物やゴミの匂いはもちろん、洗剤や芳香剤の匂いが気になって仕方ないという人も。

この対策として、つわり中はなるべく洗剤などは無香料のものを使うのが良いでしょう。

関連記事

つわり時のにおい対策方法【原因や体験談も紹介】

④妊婦さん向けの飲料が自分に合うか試してみる

ハーブティーもそうですが、妊婦さんのための飲料もさまざまなものが発売されています。そうしたものの中で、自分に合うものがあるかどうか試してみるのも良いでしょう。

つわりの症状も人それぞれですから、自分に適した飲み物を選ぶことも大切です。

⑤葉酸サプリを摂取する

葉酸サプリの摂取も、つわり対策として有効です。

葉酸サプリには葉酸以外にもさまざまな成分が含まれていますが、それらがつわりの軽減にも役立ちます。特にビタミンB6は、つわりを抑える効果があると言われています。

またつわり中の泳法補給としても、葉酸サプリはメリットがあります。

おすすめの葉酸サプリはベルタ葉酸サプリ!

つわり中の妊婦さんにおすすめな葉酸サプリが、「ベルタ葉酸サプリ」です。

こちらは葉酸400μgを含む他、ビタミンB6などビタミン13種類、ミネラル14種類、また野菜21種類など豊富な栄養を配合。つわりの症状緩和に役立つ他、妊娠中の栄養補給にぴったりとなっています。

さらに出産経験のある女性社員によるサポートも受けられますから、妊婦さんには非常にメリットの多いサプリです。

ハーブティーを効果的に飲んでつわりを対策しよう!

このように、ハーブティーはつわりの症状を抑えるのに役立ちます。香りがリラックス効果を持つのに加え、血行促進や胃もたれ解消などの効果も。また栄養も豊富で、つわり中不足しがちなビタミン・ミネラルを補給できます。

ただ、妊婦さんには向かない種類もあるので要注意。購入の際は十分気をつけて、つわりに効果的なハーブティーを選んでください。

関連記事

つわり中にオススメの飲み物【飲めない時の対処法も】