つわり中にハンバーグを食べる際の注意点【口コミあり】

つわり中のハンバーグは嘔吐に気をつけよう

口を抑える女性

つわり中は食の好みが偏る時期ですから、基本的には食べたいと思うものを食べて大丈夫です。

ただ、食べ物の中にはちょっと気を付けたほうが良いものもあります。
そのひとつがハンバーグ。
というのもつわり中にハンバーグを食べて吐き気が増してしまったという声があるんですね。

今回はつわり中のハンバーグとの付き合い方について詳しく見ていくことにしましょう。

つわり中にハンバーグを食べていた妊婦さんの声

考える妊婦さん

食べられるものというのは 相変わらず、ハンバーグやとんかつなどのガッツリ系笑 でも、食べた後に猛烈に気持ち悪くなる

出典:ameblo.jp

妊娠初期なんですが、ハンバーグとかポテト、ピザみたいなものを狂ったように食べたくなります。

出典:妊娠初期なんですが、ハンバーグとかポテト、ピザみたいなものを狂ったように食… – Yahoo!知恵袋

ハンバーグを吐いてから、ひきにくがだめに。スーパーは、冷凍ハンバーグやシュウマイの試食のニオイがただよってるのでよりつけなくなった。

出典:妊娠初期なんですが、ハンバーグとかポテト、ピザみたいなものを狂ったように食… – Yahoo!知恵袋

つわり中にハンバーグが食べたくなったという妊婦さんは意外と多くおられるようです。
そのままおいしく食べられるなら栄養もありますしハンバーグはオススメできるのですが…
でも、食べた後に吐いてしまった方が多いというのも事実。
食べたくなった割には食べた後に気持ち悪くなるというのは悲しい話ですが、一度でも吐いてしまうとその後苦手になってしまうこともあると思いますし、ここは悩ましいですね。

ハンバーグのカロリーと主な栄養成分

ハンバーグにも色々な作り方がありますが、ひき肉に玉ねぎ、パン粉、卵を加えて焼くといった一番オーソドックスなハンバーグについてカロリーや栄養を考えていきましょう。

オーソドックスなハンバーグのカロリーは100gあたりおよそ223kcalほどです。
豚肉や牛肉が主体になっていますのでたんぱく質やリン、鉄などが含まれています。
また玉ねぎや卵、パン粉といった食材も入っていることで、カリウムやカルシウム、ビタミンA、B1、B2といった栄養も摂取できると考えられます。

つわりの原因と主な症状

妊婦さん

つわりは妊娠初期に表れる不快な症状の総称です。
吐き気を訴える方が一番多く、次いで食欲不振や味覚、嗅覚の変化が表れる妊婦さんも多いとされているんですよ。

原因についてはまだ詳しくはわかっていませんが、妊娠による極端なホルモンバランスの変化が体に負荷をかけているという説が一番有力です。
妊婦さんの8割以上に起きるとされていますので、妊娠したらほぼ何らかの症状が出ると思って間違いないと思います。

つわり中にハンバーグを食べる際の注意点

お医者さんと妊婦さん

ハンバーグは体のエネルギーにもなりますし、食感や味も食べやすいですから基本的にはおすすめできるのですが、つわり中にはいくつか注意したいこともあります。

①ハンバーグを外食する際は嘔吐に注意する

ハンバーグをつわり中に好んで食べたくなる妊婦さんは意外と多いようです。
それは良いことなのですが、先ほどの体験談にもあったように嘔吐しやすい可能性も高い様子。
ご自宅であればそこまで警戒しなくても大丈夫かもしれませんが、外出先でハンバーグを食べる時は人前で嘔吐するという事態にならないよう注意する必要がありそうですね。

②ハンバーグの食べ過ぎに注意する

ハンバーグは比較的カロリーが高く、野菜も摂取できることから体力をつけたいつわり中には嬉しい食べ物と言えます。
ただし食べやすいからと言って食べ過ぎてしまうと肥満や糖尿、また塩分の過剰摂取による高血圧も心配です。
ぜひ適量を守って食べるようにしてくださいね。

③心配な人はお医者さんに確認しておく

ハンバーグの作り方は家庭やお店によってもかなり違います。
基本的な食材以外も使われている可能性がありますから、そういった点も含めてハンバーグについて心配な点がある方は事前にお医者さんに相談しておくのが安心ですよ。

④胃もたれ対策をする

ハンバーグは嘔吐しやすい可能性があるというお話をしましたが、その原因は胃にもたれやすい点にあるかもしれません。
ハンバーグはひき肉を成形したものなのでさほど噛まなくても食べられる点において、食欲が無い時でも食べやすいですよね。
ですがお肉の塊であることも事実ですので、胃腸の調子が悪かったりつわりで内臓が弱っている時には胃に刺激を与えやすくなります。

ハンバーグを食べる前には牛乳を飲んで胃を保護しておくなど、胃もたれ対策をしておくことで食後の嘔吐の可能性を下げることができるかもしれません。
また、よく噛んで食べることも消化を助けますのでおすすめです。

⑤妊娠前に好きだったハンバーグが嫌いになっていることもある

つわり中にハンバーグが食べたいと思えるならそれでも良いのですが、逆にハンバーグが嫌いになっている可能性もあるのがつわり中です。
つわりが起きると味覚に変化が起きる方が非常に多く、妊娠前は大好きだったものが急に食べられなくなるケースも少なくありません。

この場合も、つわりの時期を過ぎればまた元の味覚に戻る場合がほとんどだと言われています。
もう大好きだったハンバーグは食べられないの…?と思ってがっかりしなくても大丈夫。
少しの間だけ我慢してくださいね。

⑥葉酸サプリで栄養バランスを整える

ハンバーグでも栄養は摂取できますが、つわり中はやはりどうしても栄養バランスが偏ってしまいます。
妊娠中はぜひ、胎児の成長を助けるために葉酸サプリで栄養バランスをしっかり保っていきましょう。

つわり中におすすめの葉酸サプリはベルタ葉酸サプリ

妊婦さん向けの葉酸サプリにも色々なものがありますが、中でも一押しなのがベルタ葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリには妊娠中に必要な葉酸だけでなく、各種ビタミンやミネラルがバランス良く配合されていますので、錠剤を飲むだけで基本的な栄養バランスを整えることができますよ。

また配合成分の中のビタミンB6には吐き気を緩和する効果があることがわかっています。
つわり中の吐き気軽減に役立ちますから、栄養補給しながらつわり対策にもなりますよ。
ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

つわり中にハンバーグを食べる際は注意点を意識しよう

つわり中のハンバーグとの付き合い方についてをご紹介してきました。
ここまで読んでくださってありがとうございます!

気を付けたほうが良い点もありますが、もしつわり中にハンバーグが食べられるなら栄養やエネルギー摂取の面ではかなり心強いです。
体力が必要な時期ですから、ぜひ上手にハンバーグを食卓に取り入れてつわりの時期を乗り切っていきましょう!