つわり中にカップラーメンを食べても平気?注意点は?

つわり中でもカップラーメンの食べ過ぎには注意して!

RISK

「つわりになると、なぜかカップラーメンばかり食べたくなった」という人は少なくありません。

つわりの偏食はある程度仕方ないとはいえ、やはりカップラーメンの食べ過ぎには注意が必要です。場合によっては、いろいろな問題を引き起こす恐れもあります。

そこで今回は、つわり中のカップラーメンの注意点や、おすすめの食べ方について解説していきます。

つわりとカップラーメンに関する声

考え込む女性

まずはつわり中のカップラーメンに関する妊婦さんたちの声を聞いてみましょう。皆さんカップラーメンに対してどう接していたのでしょうか。

つわりで、ラーメンしか食べられません。毎日ラーメン屋さんに行くわけにはいかないので、インスタントやカップラーメンばかり食べています。

出典:妊娠4ヶ月ラーメンしか食べられない | ママの交流掲示板 | ママスタ☆BBS

私もインスタントラーメンばっかだったけど、元気に生まれたよ。今も丸々としてるしアレルギーもない。

出典:妊娠4ヶ月ラーメンしか食べられない | ママの交流掲示板 | ママスタ☆BBS

12週で 私もつわりと戦ってます。 私も 結構インスタントラーメン食べてます。

出典:${category1} (${category3}) ${category2}

私もつわりがひどく、唯一食べられる物がインスタントラーメンでした。 悩んで医者に相談したら「全然構わないから食べられる物を食べなさい」とのことでした。

出典:${category1} (${category3}) ${category2}

以上が、つわり中のカップラーメンやインスタントラーメンに対する妊婦さんたちの意見でした。このように、つわり中でもカップラーメンをよく食べていたという声が多く聞かれました。

つわり中は食べられるものが限られるため、栄養面が心配でも、やむを得ず特定の食事に偏ってしまうというのが実情のようです。

そもそもつわりって何?

口を抑える女性

つわりは妊娠初期に起こる、頭痛や吐き気・嘔吐などの症状を言います。主な症状には他に、眠気や倦怠感、唾液量の増加、食べ物の好みの変化などがあります。

つわりの時期は個人差もありますが、大体妊娠4~6週ごろから始まり、妊娠12週あたりで治まり始めるとされています。

原因についてはまだ解明されておらず、ホルモンバランスの変化や胎児に対するアレルギー反応など、さまざまな説が言われています。

カップラーメンの基本的なカロリーと栄養価

カップラーメン

カップラーメンの栄養成分では、炭水化物が最も多く含まれます。1食約90g中の炭水化物は、51.21gほど。またたんぱく質も多く、9.63g含まれます。

その他脂質も約17g含まれるなど、比較的多めとなっています。ビタミン・ミネラルでは、ナトリウムとビタミンB1の値が高くなっています。

カップラーメン1食のカロリーは、403kcalとかなり高めとなっています。

つわり中にカップラーメンを食べる際の注意点

つわり中にカップラーメンを食べる際は、次のような点に注意が必要です。個々の注意点について見ていきましょう。

①塩分の過剰摂取

カップラーメンなどのインスタント食品で最も気になるのが、塩分の高さでしょう。カップラーメンには前述のように、ナトリウムが多く含まれます。

妊娠中に塩分を多く摂取した場合、妊娠高血圧症候群を発症する恐れがあります。この病気は高血圧などが原因で起こるとされており、重症化すると脳出血などを起こす可能性も。

また胎児発育不全など、赤ちゃんに影響が出る恐れもあります。

②余分な体重の増加

カップラーメンのカロリーは、前述のようにかなり高めです。しかも油分が多いため、食べ過ぎると体重の増加を招く危険があります。

一方妊婦さんの体重増加は、妊娠糖尿病をもたらす要因となります。妊娠糖尿病は妊婦さんの糖代謝異常で、羊水量の異常や巨大児などを引き起こす恐れも。また、妊娠高血圧症候群を発症させることもあります。

③栄養バランスの偏り

つわり中のカップラーメンは、栄養バランスの偏りも招きやすくなっています。

カップラーメンにはさまざまな具材が入っていますが、摂れる栄養はかなり限られます。カップラーメンを食べ続けていると、当然栄養バランスも崩れやすくなってしまうでしょう。

妊婦さんの栄養不足は低出生体重児などのリスクも高めますから、こうした栄養の偏りは特に心配なところです。

カップラーメンに含まれる添加物は問題ないの?

考える妊婦さん

つわり中のカップラーメンでもう一つ気になるのが、添加物などの問題です。

カップラーメンのようなインスタント食品では多くの添加物が使われており、体に良くないというイメージがあります。しかし実際には、こうした添加物の安全性は確認済みで、よほど食べ過ぎるのでなければ特に心配はありません。

例えばカップラーメンにはリンが多く含まれますが、それでも20杯以上食べて、ようやく人体に影響が出るというレベルです。

カップラーメンは1日1食にとどめておきましょう

OKを出す妊婦さん

つわり中は妊婦さんの助けになるカップラーメンですが、あくまで食べ過ぎには注意が必要です。では、どれくらいの頻度で食べるのが良いのでしょうか。

妊娠中に限らず、カップラーメンは1日1食にとどめておくのがおすすめです。

厚生労働省の基準では、1日の塩分摂取量は7gほどとされています。カップラーメンの塩分量は1食5~6gほどですから、塩分摂取の点では1日1食が限度と言えます。

妊婦におすすめしたいカップラーメンを食べるときのポイント

妊婦さん

妊婦さんがカップラーメンを食べる際は、いくつか心掛けたいポイントがあります。ここではそうしたおすすめのポイントを見ていきましょう。

①スープなどは残す

前述のようにカップラーメンは塩分が多めですが、そのほとんどはスープに含まれます。そのためスープはなるべく残すのが、塩分摂取の面からはおすすめです。

麺や具材を中心に食べ、できるだけスープは飲み干さないようにしましょう。または、あらかじめ粉末スープの量を減らして作るのも効果的です。多少味は物足りなくなりますが、減塩効果は高くなります。

②お湯を2回注ぐ

麺に対し、お湯を二回注ぐのも効果的です。実はカップラーメンなどのインスタント麺では、麺に大量の油が使われています。油で揚げて乾燥させるためですが、当然体には良くありません。

この油を取り除くことで、カップラーメンをかなりヘルシーにできます。一度お湯を捨て、もう一度注ぐことで大部分の油を落とせますから、摂取カロリーも少なくなります。体重管理の点からも有効な方法でしょう。

③野菜などのアレンジを加える

最近はカップラーメンの具材も種類が増えたとは言え、それでも摂取できる栄養は限られます。そこで効果的なのが、具材に野菜や海藻などをトッピングする方法です。

これらを加えることで、偏りがちな栄養バランスも整えやすくなります。また、野菜のミネラルやビタミンは血中の塩分濃度を抑える働きもありますから、塩分対策としてもメリットがあります。

つわり中の栄養補助には葉酸サプリもオススメ!

葉酸サプリ

つわり中は、カップラーメンだけに栄養摂取を頼る訳にはいきません。そこでおすすめなのが、葉酸サプリの活用です。

葉酸サプリには葉酸だけでなく、ビタミンやミネラルなどがバランスよく含まれています。そのため、妊娠中に不可欠な栄養素を効率よく摂取することが可能。

また葉酸サプリに含まれるビタミンB1には、つわりの吐き気を軽減させる効果もあります。

カップ焼きそばなど他のインスタント食品も同様の注意が必要です

つわり中はカップラーメンだけでなく、カップ焼きそばやカップうどんが食べたくなることもあります。これらの食品に問題はないのでしょうか。

もちろんこれらについても、注意すべき点はカップラーメンと同様です。

特にカップ焼きそばについては、カップラーメン以上にカロリーが高い場合が多いため、要注意となっています。お湯の2回注ぎや野菜のトッピングなど、カップラーメンと同じおすすめの食べ方を心がけた方がよいでしょう。

つわり中にカップラーメンを食べる際は注意点を意識しましょう!

以上のように、つわり中のカップラーメンにはさまざまな注意点があります。

特に塩分やカロリーはかなり高いため、できるだけ抑えるよう工夫することが大切。スープを残したり野菜を加えるなど、なるべくヘルシーにするよう心がけましょう。

上記で紹介したような注意点やおすすめの食べ方はつわり中にお店のラーメンを食べる際にも当てはまるので、是非機械があれば応用してみてください。

関連記事

 妊娠初期(超初期)にラーメンを食べても良い?【注意点など】