つわり中はコーンスープがオススメ!?【手軽なレシピも紹介】

つわり中はコーンスープがオススメです

つわりになると、いつもの食事が受けて付けなくなることが多くなります。肉や魚はもちろん、野菜もそのままではちょっと…という人におすすめなのがスープ類。

特にコーンスープは、きついつわり中でもぴったりの食事となっています。

今回はつわり中のコーンスープのメリットや、手軽なおすすめレシピなどについて紹介していきます。

そもそもつわりって何?

吐き気のする妊婦さん

つわりとは、妊娠初期に現れるさまざまな症状の総称です。症状は個人によって異なりますが、主なものには吐き気や頭痛、倦怠感、眠気、食べ物の好みの変化といったものがあります。

つわりの時期にも個人差がありますが、多くは妊娠4~6週ごろから現れだし、妊娠16週ごろまで続くようになっています。

原因についてはまだ明らかになっておらず、ホルモンバランスの変化によるものという説や、胎児を異物とみなすことによるアレルギー反応といった説などがあります。

コーンスープの基本的なカロリーや栄養価

とうもろこし

コーンスープは言うまでもなく、トウモロコシを原料とする食品です。そのため炭水化物を多く含んでおり、その量は1食(約19g)あたり12.8gほど。

ほかにたんぱく質や脂質を含み、ナトリウムやモリブデン、ビタミンB1も多く含んでいます。

また原料には牛乳も使われているため、カルシウムも豊富に含まれます。コーンスープのカロリーは、1杯あたり81kcal。100gあたりでは425kcalになります。

つわり中はコーンスープを飲んでいた妊婦さんも少なくない

口を抑える女性

つわり中にコーンスープを好んで飲んでいたという人は多いようです。ここではそうした人たちの体験談を聞いてみましょう。

5週目からツワリが始まったのですが、吐きヅワリと眠りヅワリのミックスで、大変です。 一時は水を飲んでも吐くようになり起き上がるのが困難に・・・さすがに点滴治療を受けることになりました。 入院も覚悟したのですが、何とか自宅安静で頑張っているところです。 現在は、固形物はゼリー、コーンフレーク、減塩チーズのみ受け付けます。他は100%ジュース、冷たいコーンスープだけです。

出典:ツワリ、どうですか? 2007/03/20 15:01 | 不妊治療情報サイト【子宝ねっと】

朝はスープなら飲めるかもと思い、昨日からクノールなどの即席スープを飲んでます。

出典:カップスープについて現在10w5dの妊婦ですが、6週からつわりが始まり収まるど… – Yahoo!知恵袋

スープは春雨系からコーン&クリーム系、味噌汁までよく飲んでました。

出典:カップスープについて現在10w5dの妊婦ですが、6週からつわりが始まり収まるど… – Yahoo!知恵袋

元々ぽっちゃり気味だったので色々気にしてましたが8週から15週まで悪阻が続き体型所では無く食べれる物を食べてました。 カップ焼きそば、冷凍スパゲティ、即席コーンスープ、、マックのポテト、カリカリ梅…と体に良くなさそうな物ばかり(^-^;

出典:カップスープについて現在10w5dの妊婦ですが、6週からつわりが始まり収まるど… – Yahoo!知恵袋

以上が、つわり中にコーンスープを飲んでいたという妊婦さんたちの声でした。皆さん何とか食べられるものを探した結果、コーンスープなど限られたものだけOKだったもよう。

コーンスープのつわり中のメリットについては、以下で見ていきましょう。

コーンスープはつわりの時期にオススメ

OKする妊婦さん

上記のように、コーンスープはつわりの時期におすすめとなっています。その理由について、以下に2点挙げてみました。

①手軽に栄養補給ができる

つわりで最も苦しいのは、食事が摂れなくなってしまうことです。多くの食べ物で気分が悪くなってしまうため、栄養補給もままなりません。その結果体力もなくなり、動くのもおっくうな状態に。

そんな時にコーンスープは、手早く作れてすぐに栄養補給ができます。朝起きてすぐや、料理を作る元気もない時には特にメリットのある食品でしょう。

②つわりを軽減するビタミンB6が含まれている

つわりの症状で最も多いのが、吐き気やむかつきです。実際に、絶え間ない吐き気に苦しめられる妊婦さんは少なくありません。

そうした時に効果的なのが、ビタミンB6。ビタミンB6はつわり中の吐き気や胃のむかつきを抑える効果があり、病院では妊娠悪阻の治療に用いられることもあります。

一方コーンスープにはビタミンB6も含まれていますから、つわりの吐き気を軽減させる効果が期待できます。

コーンスープの匂いがきつい時はどうすればいい?

考える妊婦さん

つわりでもう一つ問題なのが、匂いに対する過敏な反応です。つわりでは食べ物の匂いで気分が悪化することも多くなりますが、コーンスープ特有の匂いに対しても、気分が悪くなることがあるかもしれません。

そうした時は、スープを冷まして飲むのも方法の一つです。食べ物の匂いは温度が高いほど強まるため、つわり中のにおい対策として少し冷ましたり、冷製スープにすることで匂いを抑えることができます。

コーンスープの飲みすぎには注意が必要

RISK

このようにつわり中にはメリットの多いコーンスープですが、注意点もあります。

コーンスープは塩分が高く、市販のものでは1食約1.1gほどの塩分が含まれています。妊娠中の塩分の摂りすぎは妊娠高血圧症候群を引き起こす可能性もあるため、飲み過ぎには注意が必要です。

またコーンスープはカロリーも高めなため、体重管理の点からも1日1~2杯程度に抑えておいた方が良いでしょう。

関連記事

妊娠初期は必要以上に太ることがある?体重増加による悪影響はない?

コーンポタージュでも同じことが言えるの?

ところで、コーンスープと似たような食べ物として「コーンポタージュ」もあります。両者に何か違いはあるのでしょうか。

コーンスープはコーンの実をそのまま使っていますが、ポタージュは実を裏ごししているため粒が入っていません。そのため両者は食感が違うだけで、後はほとんど同じものです。

ですので、コーンポタージュのメリットや注意点などはコーンスープの場合とほぼ同様と言ってよいでしょう

つわりの時期にオススメなコーンスープ(ポタージュ)のレシピ

ではここで、つわり中におすすめなコーンスープ(ポタージュ)のレシピをご紹介しておきましょう。いずれも比較的簡単に作れておいしいレシピです。

①コーンスープ

詳しいレシピはこちら

②コーン缶で作るコーンクリームスープ

こちらはコーンの実をすり潰したポタージュで、やはりコーンの缶詰を使用しています。

薄切りの玉ねぎをバターで炒め、コーンと玉ねぎをミキサーですり潰します。ペースト状になったものを鍋に戻して、他の材料を加えてひと煮立ちさせ、ざるで濾せば完成です。冷やすと冷製スープにもなります。

こちらも手間がかからず、食べたい時にサッと作ることが可能です。

詳しいレシピはこちら

つわりの時期の栄養補給にはベルタ葉酸サプリもオススメ!

つわりの時期にはコーンスープも便利ですが、さらにオススメなのが葉酸サプリです。

中でも「ベルタ葉酸サプリ」は、吸収しやすい酵母葉酸を400μg配合。妊娠初期の葉酸摂取は胎児の正常な成長を助けますから、つわり中でもしっかり摂取できるのは大きなメリットでしょう。

またビタミン・ミネラル27種類、野菜21種類などを含んでおり、バランスの良い栄養摂取の点からもオススメとなっています。

つわりが辛い時はコーンスープ(ポタージュ)を試してみよう

以上のように、コーンスープ(ポタージュ)はつわり中でも比較的口にしやすくなっています。

手軽に作れて栄養も豊富ですし、吐き気を抑えるビタミンB6も摂取可能。匂いが気になる場合は冷製スープにすることで、より食べやすくすることもできます。

つわりでなかなか食べられるものが見つからないという妊婦さんは、一度コーンスープを試してみてはいかがでしょうか。