つわりの時にココアを飲んでも大丈夫?オススメは?

つわりの際にココアを飲んでも問題なし

甘くておいしいココアは、リラックスタイムにピッタリの飲み物。普段からよく飲むという人も多いでしょうが、つわり中の妊婦さんが飲んでも大丈夫なのでしょうか?

もちろん大丈夫です。それどころか、つわり中のココアにはさまざまなメリットが。

今回はつわり中にココアを飲むことの利点や、おすすめのココアなどについて解説していきます。

そもそもつわりって何?

吐き気のする妊婦さん

つわりとは、妊娠初期に起こる吐き気などの症状を言います。主な症状には吐き気・嘔吐の他、倦怠感、唾液量の増加、頭痛、眠気、食べ物の好みの変化などがあります。

つわりの時期には個人差がありますが、大体妊娠4~6週ごろから始まって、12週ごろには治まりだすことが多くなっています。

原因についてはまだ解明されておらず、現在のところは仮説として、ホルモンバランスの変化や胎児に対するアレルギー反応などが言われています。

ココアの基本的なカロリーと栄養価

ココアはカカオ豆を原料とする飲み物です。主な栄養には、次のようなものがあります。

たんぱく質、食物繊維、カリウム、マグネシウム、カルシウム、ナトリウム、鉄分、またカカオポリフェノール、テオブロミンといった成分も含まれます。

ココアのカロリーは100gあたり412kcal(ミルクココア)ほど。1杯分のカロリーでは、83kcalほどになります。

実はココアはつわり中の栄養補給に効果的!

妊婦さん

ココアはおいしいだけでなく、実はつわり中の栄養補給にもピッタリの飲み物となっています。ココアに含まれる栄養成分について、詳しく見ていきましょう。

①吐き気を抑えるビタミンB6

つわりでもっとも多いのは、吐き気や嘔吐の症状です。起床時や空腹時などに吐き気を感じる妊婦さんは、数えきれないでしょう。

一方ココアに含まれるビタミンB6は、つわりの吐き気を軽減させる効果があります。実際に病院で悪阻を治療する際は、吐き気を抑えるためにビタミンB6を投与することもあります。

またココアのポリフェノールも、吐き気の軽減に効果があるとされます。

②妊娠中の貧血を予防する鉄分

妊婦さんは貧血になりやすいことが知られています。

妊娠中は胎児へ血液を送るため、母体の血液量は増加します。しかし増えるのは主に血漿という水分で、酸素を運ぶヘモグロビンの量はあまり変わりません。そのため酸素が不足して、貧血を起こしやすくなるのです。

ヘモグロビンの原料は鉄分ですが、ココアには鉄分が多く含まれます。これによって、妊娠中の貧血を予防する効果が期待できます。

③便秘を改善する食物繊維

ココアには食物繊維が多く含まれます。食物繊維にはさまざまな効能がありますが、中でも腸内環境を整えて便通を良くする効果は有名です。

一方、妊婦さんに多いのが便秘の症状です。特につわり中は、水分不足などで便秘が悪化しやすくなっています。そこでココアを飲むことにより、食物繊維の整腸作用で便秘を解消しやすくなるというメリットがあります。

ココアを飲む際は糖分の過剰摂取に注意しましょう

RISK

メリットの一方で、やや心配なのがココアの糖分です。ココアと言えば甘さを思い浮かべる人も多いでしょうが、実際ミルクココアに含まれる糖質量は、100gあたり74gほど。これは飲料類の中でもかなり多めとなっています。

妊婦さんが糖分を過剰に摂取した場合、体重増加や妊娠糖尿病を引き起こす危険があります。場合によっては赤ちゃんの成長にも影響を及ぼす可能性がありますから、くれぐれもココアの飲み過ぎには注意が必要です。

ココアによるカフェインの心配はないの?

考える妊婦さん

ところで、ココアというと何となくコーヒーと似た印象もあります。そこで妊婦さんとしては、カフェインの摂取が心配になるかもしれません。

ココアの原料であるカカオ豆には、確かにカフェインが含まれます。ただし100mlあたりに9.3mgほどで、含有量として特別多いとは言えません。

レギュラーコーヒーのカフェインが100ml中60mgほどですから、これに比べるとココアのカフェインは、特に配するレベルではないと言えるでしょう。

つわり中の妊婦さんにオススメのココアは?

OKを出す妊婦さん

それではここで、妊婦さんにおすすめのココアをいくつかご紹介しておきましょう。以下のようなものは、つわり中にもピッタリです。

①ミロ

ココアと言えば、この商品が思い浮かぶ人も多いでしょう。ネスレから発売されている「ミロ」は、日本では1973年の発売以来ずっと親しまれてきました。

カルシウムや鉄を豊富に含み、ビタミンDやビタミンB群なども入っています。子供向けのイメージがありますが、もちろん大人にも多くのメリットがあります。

ただ、ミロは厳密に言うとココアではなく、ココア成分も入った「麦芽飲料」にあたります。

②純ココア

ココアには大きく分けて、純ココアと調整ココアの2種類があります。

調整ココアは文字通り成分を調整されたココアで、お湯に溶かせばすぐに飲めるようになっています。しかし、その分糖分などが多いという特徴も。

一方の純ココアは、カカオパウダー100%で余分な成分は入っていません。ですから糖分の摂取量を抑えるなら、純ココアにミルクや蜂蜜などを加えて飲む方がおすすめです。

つわり中の栄養補給には葉酸サプリもオススメ!

葉酸サプリ

このようにつわり中にはメリットの多いココアですが、よりおすすめなのが葉酸サプリの活用です。

葉酸サプリは妊娠中必須の葉酸はもちろん、ビタミン・ミネラルなど豊富な栄養を摂取できます。ココアでは摂れない栄養もバランスよく含んでいますから、つわり中の栄養の偏りを防いでくれます。

さらに1日数錠飲むだけという手軽さも、つわり中の妊婦さんにはうれしいところでしょう。

ココアで辛いつわりを乗り切ろう!

以上のように、ココアはつわり時の飲み物としておすすめとなっています。

豊富な食物繊維が腸内環境を整えてくれますし、ポリフェノールやビタミンB6には吐き気を軽減する効果も。糖分は高めですが、純ココアを利用することで糖質過多を防ぐこともできます。

辛いつわりの時期は、おいしくて栄養たっぷりのココアで難関を乗り越えて下さい。