つわり中に牛丼が食べたくなる!注意すべき点はある?

つわり中に牛丼を食べる際は注意点を意識しましょう!

 

牛丼

つわりによる吐き気や味覚の変化などの症状が出ている時は、普段と同じ食事をするのがなかなか難しいですよね。
特定の食べ物ばかり食べたくなったりして、果たしてその欲求に従って食事をしてしまっても大丈夫なのかどうか…不安になる人も少なくないと思います。

そこで今回は、つわり中に牛丼を食べたくなった時についてを掘り下げてみましょう。
お手軽に食事が取れる牛丼。
絶対に禁止というようなことはありませんが、妊娠初期に食べるにはちょっとだけ注意もあるんですよ。
よく読んで参考にしてくださいね。

つわりと牛丼に関する声

妊婦さん

まずはつわり中に牛丼を食べたくなったことのある先輩ママの声を聞いてみましょう。
つわり中に牛丼を食べても大丈夫だったのでしょうか?

つわりは食べられなくなるものだろうとドキドキしてましたが、どんどん食欲が増していきました。しかもそれまで食べたいと思った事がないトンカツとか牛丼とか唐揚とか高カロリーな物ばかり…。

出典:子育て・育児の悩み・疑問を相談、情報交換掲示板【こそだて】

つわりで気持ち悪いのですが牛丼や焼き肉などガッツリ食べたいと思うのは変ですか? ところてんやゼリーやフルーツも食べてないと気持ち悪いですがガッツリしたものを先に食べたいです

出典:つわりで気持ち悪いのですが牛丼や焼き肉などガッツリ食べたいと… – Yahoo!知恵袋

つわりで気持ち悪いけど 丼類や焼き肉は好んで食べていました♪

出典:つわりで気持ち悪いのですが牛丼や焼き肉などガッツリ食べたいと… – Yahoo!知恵袋

つどはまる食べ物があった。 おにぎり すきやの牛丼

出典:つわり、どんなんでしたか? | ママの交流掲示板 | ママスタ☆BBS

つわりというと味やにおいに敏感になって、あっさりしたものしか食べられなくなるイメージを持っている人も多いと思います。
そんな中で牛丼という味やにおいの濃いものを食べたくなるなんて、ちょっとおかしいのでは…そう思っていた先輩ママもいるようですね。

でも、つわり中に牛丼を食べたくなったことのある方は意外と多いようです。
その後も無事に出産されているようですから、基本的には問題ないと言えそうですよ。

そもそもつわりって何?

口を抑える女性

つわりとは妊娠初期に食欲減退や吐き気などを伴って現れる現象のことを指します。
妊娠5週目くらいから始まることが多いとされていて、つわりの吐き気によって妊娠に気が付くケースもあると言われています。

つわりの原因は科学的に解明されていないのですが、妊娠による急激なホルモンバランスの変化が関係しているという説が一番有力。
吐き気や食欲不振だけでなく、味覚や嗅覚の変化、吐き気とは逆にどんどん食べてしまうなど、人によって症状は様々のようです。

牛丼の基本的なカロリーと栄養素

妊娠中は体重管理や栄養バランスにも気を遣いたいですから、牛丼の栄養素などが気になりますよね。

オーソドックスな牛丼のカロリーは、1人前あたり大体770kcalくらい。
高カロリーではありますが、他に副菜などを食べなければ1食分としては妥当かもしれません。
栄養素としてはご飯の炭水化物と牛肉のたんぱく質が中心ですが、牛肉にも色々な栄養がありますし、玉ねぎや卵などが入ることでも栄養バランスが意外と整ってきます。
ビタミンB群や葉酸、カルシウム、銅、亜鉛なども摂取できますよ。

つわり中に牛丼を食べたくなるのはなぜ?

考える妊婦さん

つわりで牛丼が食べたくなるのは、食べつわりの症状が出ている人に多いとされています。

食べつわりとは食欲不振とは反対に、胃が空っぽになると吐き気が出てしまうつわりの症状のこと。
常に胃に食べ物を入れておきたくなるこの症状では、しょっぱいものが好まれる傾向があるようです。

牛丼なら味の濃さは折り紙付きですから、こうした時の嗜好としては最適なのかもしれませんね。

牛丼には妊娠初期に嬉しい栄養素が豊富なんです

血液中

先ほども少し触れましたが、牛丼にはビタミンB群や鉄分など、意外と栄養が豊富に含まれています。
鉄分は貧血予防に効果があるため妊娠中は積極的に摂取したい栄養素。
さらにつわり中に嬉しいのがビタミンB6です。

というのも、実はビタミンB6には吐き気軽減させる効果があることがわかっていて、酔い止めの成分として配合されていることもあるほどなんですよ。
つわり中に牛丼が食べたくなるというのも何となく頷けますね。

つわりの時期に牛丼が食べたくなると男の子が生まれる!?

赤ちゃん

つわり中に牛丼…というと、実は気になる噂があります。
実はつわり中に牛丼のような味を好むようになった場合、お腹の子供の性別が男の子になるという説があるんです。

ですがこれは、本当に単なる噂。
確かに牛丼を食べたくなったママから男の子が生まれることはあるかもしれませんが、確率は1/2ですから別に不思議なことではありません。
女の子が生まれる場合もありますので、科学的な根拠は全くないことになります。

ですから特に気にする必要はありませんよ。
振り回されないように気をつけてください。

つわり中の牛丼を食べる際の注意点

バツをする妊婦さん

牛丼にはつわり中に嬉しい栄養素が入っていますので、特に避ける必要はありません。
ただ、実際に食べる時には少しだけ注意したいことがあります。

①チーズ牛丼は避ける

牛丼を食べる時にはチェーン店の牛丼を購入する場合もあるかもしれませんね。
この際、チーズのトッピングは避けるようにしましょう。

というのも牛丼チェーンのチーズ牛丼にはナチュラルチーズが使われていることが多いんです。
本格的なチーズですから普段は嬉しいのですが、ナチュラルチーズにはリステリア菌が潜んでいる場合がありますので、免疫が弱くなっている妊娠中はあまり好ましくありません。
残念ですが、チーズのトッピングは出産後にしたほうがいいと思います。

②体重管理を意識する

牛丼は1杯でもカロリーが高めなので、副菜やトッピングを追加することでカロリーの過剰摂取につながる可能性があります。
ですが妊娠中は体重管理が大切。
必要以上に体重が増えると妊娠中毒症になる可能性がありますので、お医者さんからも体重についての指導を受けることになります。

一度体重が増えてしまうと適正に戻すには苦労しますから、ぜひカロリーには注意してくださいね。

③栄養バランスに気を付ける

牛丼は栄養豊富ではありますが、同時に塩分もちょっと高め。
塩分の摂りすぎは高血圧を招くおそれがあり、妊娠中の高血圧は妊娠高血圧症候群と言って、具体的に注意が促されています。

もし妊娠高血圧症候群が悪化すると、胎児の発育不良や障害につながったり、最悪の場合は母子の命にも関わります。
できれば牛丼を食べる時はご自身で作ることで塩分を調節したほうがいいかもしれませんよ。

つわり中にオススメの牛丼のレシピ

つわり中の牛丼は基本的に問題ないものの、お店の牛丼では材料や調味料が調節できませんよね。
好きなものを食べながらもできるだけ安心な食事にするには自分で作るのが一番!
おすすめの牛丼レシピをご紹介しましょう。

①野菜ジュース牛丼

野菜ジュース牛丼

牛丼というと牛肉と玉ねぎ以外の野菜は入っていないイメージですが、野菜ジュースを使えばある程度の野菜成分を補うことができます。
また味もまろやかになりますし、野菜のうまみがありますから味付けも多少薄くできますよ。
材料も少なくてすみますから、サッと作りたい時にはかなりおすすめ。
牛丼を食べる時のちょっとした罪悪感も薄めてくれそうです。

野菜ジュース牛丼のレシピはこちら→

②ヘルシー白滝牛丼

白滝牛丼

牛肉メインの牛丼だと、牛肉の分のカロリーが気になりますよね。
そして牛肉のお値段もちょっと…
そんな方におすすめなのが白滝牛丼。
白滝の量を多めにして牛肉を減らすことで、カロリーも材料費も抑えられるという便利レシピです。
白滝ばかりじゃ物足りないと思う人もいるかもしれませんが、味付けによっては白滝もお肉と遜色ない味になります。
すき焼きの白滝のような感じで、美味しく食べられますよ!

ヘルシー白滝牛丼のレシピはこちら→

つわり中の栄養補助には葉酸サプリがオススメ!

葉酸

牛丼にも色々な栄養は入っていますが、やっぱりそれだけではまんべんなく栄養バランスを整えることはできません。
つわり中の栄養補助のためにはぜひ、葉酸サプリも併用することをおすすめします。

葉酸サプリは文字通り葉酸を主体としたサプリメントですが、葉酸は妊娠初期の胎児の神経管形成に必要不可欠な成分ですから、まさにつわりの最中には積極的に摂りたい栄養素。
また葉酸以外にも各種ビタミンやミネラルなど、妊娠初期に必要な栄養素がバランス良く配合されています。
食事が満足に取れない時期にはかなり重宝しますので、ぜひ一度試してみてください。

牛丼を食べる際は注意点を意識して!

つわり中の牛丼について、いかがだったでしょうか。

適正な量であれば牛丼をつわり中に食べることは特に問題ありません。
ただ、つわり中は食事の量が普段よりも極端に増減しがち。
うっかり牛丼ばかりを食べ過ぎないよう、ご紹介した注意点も意識してみてくださいね。

つわり中の食事について正しい知識を持って、妊娠初期を健康に乗り切っていきましょう!