男性の背中に妊娠線ができることはある?【徹底解説】

男性の背中に妊娠線ができる可能性はある

ベッドで仲の悪い夫婦

妊婦さんにとって悩みの種である妊娠線。
「妊娠線」というからには、妊娠した人…つまり女性にしかできないと思われがちなのですが、実は男性にも背中を中心に妊娠線ができる可能性があるんです!
男性なのに妊娠線とは一体…?
どうやってできるの?対処法は?

今回は男性の背中に妊娠線ができてしまった場合の対策などを詳しくご紹介していくことにしますね。

背中に妊娠線ができた男性の声

男性なのに妊娠線なんて、まだピンと来ていない人のほうが多いかもしれませんね。
でも実際に妊娠線ができてしまった男性はおられるんです。
体験談を見てみましょう。

https://twitter.com/meow_0529/status/988706054941765633

♂なのに背中に妊娠線みたいな傷(横線)が何本もできています。 原因は何でしょうか…? 特にいきなり痩せた訳でも無く、太った訳でもないですし、体型は痩せ型なので考えがたいです。

出典:高1♂です♂なのに背中に妊娠線みたいな傷(横線)が何本もできています。 … – Yahoo!知恵袋

 

信じがたいかもしれませんが、男性で背中に妊娠線ができたことがある人はかなり多いようです。
原因に思い当たる人もいる反面どうしてかわからないという人まで色々おられるみたいですが、一体どうして男性にも妊娠線ができてしまうのでしょうか?

そもそも妊娠線とは

妊婦さんのお腹

一般的に妊娠線とは、妊娠によって短期間のうちにお腹が大きくなることで皮膚が引っ張られ、その負荷に耐えられなくなった皮膚が裂けてできる症状です。
お腹にだけできると思われがちですが、皮膚は全身つながっていますので背中や太もも、腕などに妊娠線ができる人も多いんですよ。

そして、妊娠によってできる妊娠線はやはり、女性にしかできません。
では男性の背中などに妊娠線のようなものができるのは一体…?

男性の妊娠線は肉割れであり、妊娠線ではない

「妊娠線」と呼ぶのは妊娠が原因だから。
ですから男性の背中などにできる妊娠線のようなものは厳密には妊娠線ではなく、肉割れということになります。

肉割れの原理も大まかには妊娠線と同じで、皮膚に何らかの負荷がかかることによって裂けてしまった結果の症状です。
妊娠が原因ではないので妊娠線と呼ぶのは本来おかしいのですが、対処法は妊娠線とほぼ同じですし、今回の記事ではこのまま妊娠線と呼ぶことにしますね。

男性の背中に妊娠線ができる原因

男性の背中にも妊婦さんと同じ妊娠線のようなものができることがあります。
もちろん原因は妊娠によるものではありませんが、考えられる原因を見ていきましょう。

①短期間で肥満になる

女性の妊娠線の原因は短期間でお腹が大きくなることによるもの。
男性の場合も、短期間で皮膚が大きく伸びるようなこと…つまり肥満が急激に起きると妊娠線が背中やその他の場所にできる可能性があると言われています。

②成長期に急激に身長が伸びる

先ほどご紹介した体験談の中には、肥満に心当たりがないのに…というものもありましたよね。
この場合は、成長期の急激な身長の伸びが原因になっていることも考えられます。
原理は肥満と同じ。
急に体が成長することで皮膚の細胞分裂が追いつかず、背中などに妊娠線ができてしまうんですね。

③筋トレのやりすぎ

男性には筋トレを習慣にしている人もおられると思うのですが、実はこれも妊娠線ができる原因になります。
筋トレをやりすぎて急に筋肉がつくと皮膚に負担をかけることになり、妊娠線につながる可能性があるんですよ。

④長い間椅子に座っている

ここまでは体の中の変化による妊娠線をご紹介しましたが、外側からの負荷によって妊娠線ができるケースも考えられます。
例えばデスクワークなどで長時間椅子に座る習慣があるような場合、ずっと同じ場所に負荷がかかりますよね。
これによって太ももや背中に妊娠線ができることもあるようです。

男性の背中にできる妊娠線の予防・対策方法

それまで特に美容に意識がなかったという男性も、妊娠線ができてしまうとちょっと恥ずかしいですよね。
ここでは男性の背中の妊娠線の予防法や対策をご紹介しましょう。

①保湿を徹底する

OKを出す女医さん

妊娠線は皮膚のトラブル。
皮膚の水分量を増やすと抵抗力や柔軟性が高まりますから、妊娠線の予防や回復にある程度効果が期待できますよ。
お顔の保湿をしている男性は増えてきていますが、背中までは気が回らなかったという人も多いかもしれません。
ぜひ今日から始めてみましょう。

②インナーマッスルも鍛える

よくある筋トレでは、表面上の筋肉は鍛えられてもインナーマッスルまではなかなか鍛えられません。
男性の背中の妊娠線の原因には筋トレによるものもありましたが、インナーマッスルを鍛えることによって体全体のバランスが良くなり妊娠線を防ぐことにも繋がると考えられています。
体感トレーニングというとちょっと地味な感じもしますが、大切なことですから併せて鍛えていくことをおすすめします!

③適度な運動をする

筋トレではなく肥満によって妊娠線ができてしまうという男性もおられますが、この場合は運動を習慣にすることをおすすめします。
急に本格的な運動を取り入れても続きませんので、腹筋や背筋、ラジオ体操など簡単な運動を毎日の習慣にしてみましょう。

④妊娠線予防クリームをつける

男性の肉割れも女性の妊娠線と原理は同じですので、女性用の妊娠線予防クリームである程度予防ができます。
奥様がおられる方は貸してもらってもいいですし、もしご自身で購入するのが恥ずかしい場合は通販もおすすめですよ。

⑤皮膚科を受診する

男性の妊娠線は皮膚科で治療を受けることができます。
妊娠線と言っても肉割れのひとつですから、回復に効果のある薬を処方してもらうこともできますよ。
また、中には整形外科でのレーザー治療を選択する方もおられるようです。
本格的に消したい方はこちらを検討してみてもいいかもしれませんね。

ベルタ妊娠線クリームがおすすめ

男性にも妊娠線クリームが効くというお話をしましたが、女性用のアイテムについて詳しい男性はそうおられないと思います。
そこで、ここでは女性用の妊娠線クリームの中からイチオシのものをご紹介しますね。

ベルタ妊娠線クリームは、妊娠線クリームの中でも長年トップクラスの人気を誇るアイテムです。
ベルタはクリーム以外にも妊活サプリや酵素ドリンクなど数多くのラインナップがあり、無添加にこだわった処方にファンも多いんですよ。

通販中心の販売経路になっていますのでご自宅に居ながら購入できるのも魅力。
ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

男性の背中の妊娠線を予防・対策しよう

男性の背中などにできる妊娠線について、いかがだったでしょうか。

背中付近だと特に気にならないという人もいるかもしれませんが、何かの拍子に背中を出した時にあれっ?となるのも恥ずかしいですよね。
早く対処すれば治るまでにかかる時間や費用も少なくて済みますし、気付いた時がチャンスですよ。

男性の背中の妊娠線について正しい知識を持って、適切に対処していきましょう!