マカの効果に注目!妊活中に取り入れたい摂取方法とは?

マカとは?

薬を見る妊婦さん

マカは南米ペルーが原産のアブラナ科の多年生植物で、根の部分に必要栄養素が豊富に含まれています。大量の必須アミノ酸や、鉄分にカルシウム・ビタミンB群を含み女性ホルモンにも働きかけます。

マカと聞くと一般的に男性が精力増進のために摂取するイメージが持たれがちですが、女性にとっても有効な成分がたくさん含まれているのでぜひ妊活に取り入れたい成分です。

マカが妊娠に効果があるのはなんで?

妊婦さん

マカにはアミノ酸の一種であるアルギニンとアミノ酸・ミネラルがバランスよく含まれています。これらの成分によってホルモンバランスの不調を整えてくれる役割を果たしてくれます。
ホルモンバランスの乱れは生理不順などの原因となります。生理の周期を盗整え排卵を促進すれば、妊娠しやすい体を作ることができるのです。

妊活中にマカを飲むとこんな効果が!

胎児

マカは体質改善に役立つ豊富な栄養素を含みますが、薬ではありませんので体質の改善のサポートとして役立てるアイテムとして摂取し妊活に活用してください。

冷え性の改善

マカによるホルモンバランスの改善により血行が促進されると女性の悩みである冷え性の改善に効果をあらわします。含まれるビタミン群には、抗酸化作用があり、血液の循環をよくしてくれます。
冷え性による体の冷えは血行を悪くしますが、体が冷えるということは子宮も冷えるということです。妊娠を望む女性にとって冷えはぜひとも改善したい症状です。

妊娠しやすい体に

妊娠に必要な条件は、きちんとした生理周期と排卵、安定した基礎体温などがあげられますが、これにはどれも女性ホルモンが大きく影響を与えています。

女性ホルモンを整えることにより妊娠しやすい体を作るサポートとなるのがマカに含まれる豊富な栄養素です。妊娠中の体の不調を整えるのではなく、まずは妊娠しやすい体を作るのに役立ちます。

美肌効果

マカに含まれるアルギニンは成長ホルモンの分泌を促進します。成長ホルモンは肌の新陳代謝を促進してくれるので、肌の老化を防ぐ効果が期待できます。
また細胞の成長を促す亜鉛も含まれているので美肌作りに役立ちます。
新陳代謝の衰えは古い角質層が生まれ変わるのに時間がかかるため、見た目の肌の荒れやシミの原因にもなります。

便秘改善効果

生理前や妊娠中は黄体ホルモンの分泌が増えることで便が固くなったり、子宮の筋肉も収縮されるので腸の動きを妨げ便秘になってしまいます。

マカの効果であるホルモンバランスが整うことで血液の循環がよくなり、代謝が促進されるので便秘改善の効果が期待できるようになります。

マカに効果がある摂取方法と飲むタイミングは?

妊婦さん

マカは薬ではありませんので、本来ならいつ飲んでも効果が得られるものですが、食事のあとに一緒に摂取すると成分がスムーズに消化されます。また決まったタイミングで飲むことで飲み忘れを防ぐことができます。

飲み方は他サプリと同じように服用は水はぬるま湯で飲むこと、また飲み忘れによる過剰摂取は体によくありませんので控えます。

マカを取りすぎるとどうなる?

お腹が痛む妊婦さん

栄養素が豊富なため、過剰摂取することで消化に負担がかかり胃痛や下痢などの症状が出る場合があります。過剰な栄養の摂取により、ホルモンバランスを整えるはずのマカが、逆ににきびの原因や生理不順を引き起こすこともありますので飲み忘れによる追加服用などには避ける必要があります。

飲み忘れによるマカの摂取量減少よりも、マカの過剰摂取の方がリスクあがります。

マカを妊活に取り入れて賢く妊活!

マカの有効な栄養素を上手に取り入れるには、規則正しい生活や食事が必要です。マカだけで全ての栄養をカバーしたり、妊娠しやすい体になれるわけではありません。

栄養素なのですから毎日、欠かさず継続的に摂取することが大切です。せっかくの有効成分を余すことなく活用して、妊娠しやすい体を作り賢く妊活を続けましょう。

この記事のカテゴリー: カテゴリー妊活中