ルトラールって何?妊活中いつ飲むの?【丁寧に解説】

ルトラールは妊活中に病院で処方されるお薬

お医者さんと妊婦さん

ルトラールというお薬、名前を聞いてもピンと来ない人も多いと思います。

ルトラールは主に妊活中の女性に処方されるお薬で、妊娠しやすい身体を作る効果が期待できます。
ただ、お薬だと妊活中に使うのは不安に思う人もいるかもしれません。

そこで今回はルトラールの基本情報から正しい使い方や注意点など、詳しくご紹介していくことにしましょう。
ぜひ妊活の参考にしてくださいね。

ルトラールに関する基本情報

ルトラール

ルトラールは黄体ホルモンが不足していることで体に何らかの異常が出ている人に処方されるお薬です。
具体的には無月経や生理不順など月経のトラブルや、子宮からの出血がある人にも処方されることがあります。
また、体外受精後に着床しやすくするためにも使われることがあるんですよ。

主成分はクロルマジノン酢酸エステルというもの。
これが体内に入ると黄体ホルモンを生成するのに効果を発揮します。

ルトラールを服用している人たちはたくさんいる

飲み物を飲む女性

ルトラールは妊活をする上でのトラブルを解消するためのお薬ですが、妊活中にお薬を服用しても大丈夫なの?
不安に思う人も多いかもしれません。
でも、妊活中にルトラールを服用していた先輩ママは多くいらっしゃるんですよ。

ルトラール。 排卵確認した日から、 1日3回10日間飲み続けていました。 検索してみると、ルトラールは 生理が遅れたり高温期が長く続いたりするみたいで。 ざっくり言うと、 ルトラールを飲み終わってから3〜4日で生理が来るようです。

出典:ameblo.jp

この高温期の継続は ルトラールが原因だと思う

出典:ameblo.jp

クリニックで尿検査をして…陽性でした!うーーーーーーれしいっ!

出典:ameblo.jp

妊活のためにルトラールを服用していた方のブログから抜粋してみました。

この方は不妊治療のためにルトラールを処方されたそうですが、飲みながら何度も生理を迎えてしまい、諦めようと思ったこともあるようです。
でもその後無事に妊娠されています!
ルトラールはお薬ではありますが、妊活にマイナスの要因になることはなさそうですよ。

病院に行くまでの妊活期間は1年が目安

夫婦

ルトラールは不妊治療の一環として処方されるお薬です。
ですからまずは医療の力を借りずに自然妊娠にトライしていただくことになるのですが、この時気になるのが期間ですよね。
自然妊娠での妊活はどれくらいの期間挑戦し続けて良いのでしょうか?

目安としては、1年。
自然妊娠による妊活に挑戦し続けて1年経っても妊娠できなかった場合は、何らかのマイナス要因が潜んでいることが考えられます。
この時はぜひ産婦人科で相談してみてください。

不妊治療とは言ってもいきなり何百万円もするような高度医療を受けるわけではありません。
はじめはお医者さんの指導を受けながらのタイミング法や、ルトラールなどのお薬を使った体質改善など、妊活の延長線にある軽いものからになります。
安心して病院に行っていただいて大丈夫ですよ。

ルトラールに期待できる効果は?

血液中

それでは、ルトラールは妊活に対して具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか。
こちらもしっかり押さえておきましょう。

①機能性子宮出血の改善

ルトラールの効果として第一に上げられるのが、機能性子宮出血の改善です。

子宮からの出血は普通は生理の時にしか起きませんが、時々生理とは全く関係ない時期に出血のある方がおられます。
いわゆる不正出血というものなのですが、これはホルモンバランスの乱れによって起きる場合が多いんですね。
これを解消するためにルトラールで黄体ホルモンを補う治療がされるというわけです。

②生理不順や月経異常の改善

ルトラールは黄体ホルモンの不足を補う効果のあるお薬。
これは子宮からの出血を止める以外にも、生理不順を含めた月経の異常を改善するためにも役立ちます。

妊活を成功させるためには色々な要素が必要ですが、中でも月経の状態を正常にしておくことは非常に重要なことです。
こうした基本的な生殖機能を回復させる効果がルトラールにはあるんですね。

③卵巣機能不全や黄体機能不全の改善

これまでご紹介した要素以外にも、黄体ホルモンそのものを補う目的でもルトラールは処方されます。
黄体ホルモンには子宮内膜を厚くして着床(妊娠)しやすくする効果があります。
ですから黄体ホルモンが足りないことで妊娠しづらいと診断された場合、ルトラールを使って治療を進めていくことがあるんですよ。

また黄体ホルモンが不足すると卵巣の機能が弱くなることもありますから、この時にもルトラールが使われます。

妊活中に知っておくべきルトラールの副作用

女性

ルトラールには妊活を助ける要素がたくさん。
でも、医薬品ですので副作用もいくつか確認されています。

主な副作用としては乳房痛と発疹です。
こちらはそこまで重篤なものはないと言われていますが、気になる時はすぐにお医者さんに相談してください。

また、稀に手足のしびれや頭痛、息切れといった少し重い症状が出る可能性もあるとされています。
この場合はすぐに使用を中止して、処方された病院に行って診察を受けましょう。

ルトラールの正しい飲み方

OKを出す女医さん

ルトラールは1日に1~6錠を1~3回に分けて服用するように設定されたお薬です。
ですから毎食後2錠ずつという飲み方を指示されることが多いと思うのですが、どのくらい服用するかはお医者さんの判断にもよりますので、指示された飲み方をしっかり守ってくださいね。

また、ルトラールに限らずお薬は必ず水、もしくは白湯で服用してください。
お茶やジュースで飲むと思わぬ副作用が出ることがありますから、必ず守りましょう。

自然妊娠できないときはルトラールの検討を

ルトラールの効果について、いかがだったでしょうか。

ルトラールは妊活サプリとは違いますので誰もが服用して良いというわけではありません。
ただ妊活のためのルトラールの処方も最近は比較的多くなってきましたので、あまり気構えしなくても良いかと思いますよ。
自然妊娠が難しい時にはぜひ、ルトラールの力を借りてみてくださいね。

あなたに合った妊活方法で、かわいい赤ちゃんを授かってください!