キウイから葉酸は摂れる?妊婦さんにオススメなの?

妊婦さんはキウイを食べても大丈夫?葉酸は摂れるの?

 

妊婦さんは葉酸を摂らなければならないと言われていますが、どんな食べ物に含まれているのか分からないですよね。
また、妊婦さんが食べてはいけないものもあるため見極めが難しいものでもあります。

結論的には、キウイには葉酸が含まれているためキウイからも葉酸を摂取することができます。

また妊婦さんが食べてはいけないものの中にキウイは含まれていないため、葉酸摂取のためにキウイを食べることは可能です。

果物であるキウイにはその他の栄養素も含まれていますし、妊婦さんにもオススメの食べ物です。

キウイから葉酸は摂取できるの?

果物の中でもキウイには比較的多くの葉酸が含まれていて、妊婦さんにもキウイの摂取がオススメできます。
では、具体的にキウイではどのくらいの葉酸が摂取できるのでしょうか。

キウイには100gあたり36μgの葉酸が含まれていまれています。
キウイ1個分で考えてみると可食部は約90gほどなので、1個あたりに摂取できる葉酸は32μgぐらいということになります。

もちろん緑黄色野菜などに比べると含まれる葉酸の量は少ないですが、それでも他の果物のバナナやみかんに比べると葉酸が多く含まれています。

またキウイには、葉酸以外にもビタミンなどが含まれているため健康保持のためにも妊婦さんに推奨できる果物です。

妊婦さんが1日にとるべき葉酸の量は?

妊婦さんに葉酸の摂取が推奨されていますが、そもそもどのくらいの量を1日に摂取すべきなのか知っておかないと葉酸を摂取していても不足している可能性があります。

厚生労働省の報告によると、成人女性の1日の葉酸摂取推奨量は240μgであり妊婦さんであれば更に240μg付加した480μgが1日の推奨量であるとしています。

妊婦さんには1日で通常の倍の量の葉酸が必要ということですから、積極的に葉酸を含む食材から摂取していかなければいけないのです。

妊婦さんにキウイがオススメな理由まとめ

葉酸を含む食べ物はキウイ以外にも、他の果物にもありますよね。
ではなぜ妊婦さんにはキウイがいいのでしょうか。
妊婦さんにキウイがオススメされる理由を見てみましょう。

便秘に効果的

妊婦さんの悩みとして挙げられることが多いのは、便秘です。
子宮が大きくなり他の内臓を圧迫することで、妊婦さんが便秘になりやすいことも分かっています。

キウイには、他の野菜にも劣らないぐらいの食物繊維が含まれています。
キウイに含まれる豊富な食物繊維によって、整腸作用がもたらされ便秘改善に効果が期待できます。

むくみ解消

妊娠中は胎児へ送る血液量が増加し、体内の水分量が増えます。
そのため、妊婦さんの体はむくみやすい状態になります。

また妊娠後期になると胎児の重みで足の付け根の血管を圧迫されることもあり、さらにむくみが出現しやすくなります。

キウイにはカリウムが多く含まれていますが、カリウムには体内の水分を排出する作用もあるためむくみ解消につながります。

妊娠によるしわ・しみの予防

キウイといえばビタミンCというほど、キウイには豊富にビタミンCが含まれています。
その量はみかんと比べると約2倍なので、量が多いのがわかりますね。

ビタミンCには体内のコラーゲンの生成を助ける働きがあり、しわの予防に効果があります。

さらにビタミンCの抗酸化作用によって、しみを予防・解消する効果もあると言われています。

貧血予防

妊婦さんは胎児への血液や栄養供給のため、貧血になりやすいですよね。
キウイには、貧血を予防する効果もあります。

キウイに含まれるビタミンCには、鉄分の吸収を促進させる働きがあるため鉄分とともに摂取すると体内への吸収率が高まります。

また、キウイにも鉄分が含まれているため貧血予防のためにキウイを摂取することがオススメです。

キウイから葉酸を摂る時に注意したいこととは?

葉酸摂取のために妊婦さんにキウイがオススメだとはいえ、キウイから葉酸を摂る際には注意すべき点があります。

キウイの食べ過ぎに注意する

キウイは妊婦さんの葉酸摂取に適してはしますが、だからと言ってたくさん食べると悪影響を及ぼすことがあります。

葉酸摂取を目的で食べるなら、キウイは1日に1~2個程度に抑えておくことがポイントです。
なぜならキウイは食べすぎると、下痢や腹痛といった胃腸障害をきたす恐れがあるのです。

キウイにはクエン酸が含まれ、胃や腸を刺激することで腹痛を引き起こすことがあるため食べすぎによる注意が必要です。

キウイを食べる際はアレルギーに注意する

キウイはアレルギーを起こすこともあり、注意が必要な食べ物です。
アクチニジンというタンパク質を分解させる酵素がキウイには含まれていて、タンパク質で構成されている人間の体に炎症を起こしてしまうのです。

アレルギーの症状としては、唇が腫れたり舌がヒリヒリしたり喉がイガイガしたりというものです。

アレルギーの症状は個人差があるため軽度から重度までありますが、通常であれば問題ない程度でも妊婦さんは症状が出たら直ちにキウイを食べるのをやめましょう。

食品からの葉酸の体内吸収率は?

食事から葉酸を摂取するように推奨されますが、食品からはどのくらい体内に吸収されるのかご存知でしょうか。

葉酸が含まれる食べ物を食べたからと言って、そのすべてが体内に吸収されるわけではありません。
実は、食品からの葉酸の体内吸収率は50%ほどだと言われています。

それを踏まえて考えると、キウイには1個あたり32μgの葉酸が含まれていますが妊婦さんが1日に必要な葉酸の量を摂取するには大量のキウイを食べなければならないことになります。

前述のようにキウイはあまりたくさん食べることができないため、キウイだけで十分な葉酸量を賄うことは難しいと言えます。

キウイで十分に補えない葉酸はサプリで確保しよう!

妊婦さん

キウイでは妊婦さんに必要な葉酸量は確保できないので、十分に補えない葉酸はサプリで摂取するのがオススメです。

特にベルタ葉酸サプリは高品質なのが特徴で、天然葉酸が使われています。
さらに葉酸サプリの中では珍しい酵母葉酸100%となっています。

葉酸を酵母に含有させると体内での吸収率が高くなり、長時間体内に葉酸を滞在させることができるため効果的に葉酸が摂取できます。

また、妊婦さんには必要な鉄分やカルシウム・ビタミン類も配合され効率よく栄養分を摂取できるのもベルタ葉酸サプリの特徴です。

1本あたりの値段は5980円ですが、6回分の定期便であれば1本分が3980円になります。

リーズナブルとは言えないかもしれませんが、葉酸以外にも多くの栄養分が満遍なく効率よく摂取できることを考えれば1本で多くの栄養分が補えるベルタ葉酸サプリはお得だと言えます。

キウイと葉酸サプリで妊娠中の栄養を補給しよう!

いかがでしたか。
キウイから葉酸が摂れるのか、妊婦さんにオススメなのかを解説しました。

キウイにも葉酸が含まれていますし、妊婦さんの悩みを解消するような作用がキウイにはあるため妊娠中の摂取はオススメできます。

ただしキウイだけで必要な量の葉酸を確保するのは不可能なので、あくまでも葉酸摂取の補助的な役割として食べるのがいいでしょう。

キウイに加え葉酸サプリを摂取すれば、妊婦さんが必要とされる栄養分を補うことができます。
キウイと葉酸サプリで妊娠中の栄養を補給しましょう。