不妊症の定義と治療法について解説!

不妊症の正確な知識はありますか?

「不妊症」と聞いて、単純に赤ちゃんができないことだと一括りにしてしまいがちですが、不妊の原因はとてもプライベートな部分に踏み込むため曖昧になりがちです。
特に少し前までは、不妊は女性側に問題があるからだと思われていたため女性蔑視の傾向がありました。
病院でしっかりと診察を受け、原因を明確にしなければいつまでたっても手探りのままです。
正しい知識を持ってパートナーと一緒に妊活をスタートしましょう。

不妊症の定義

不妊症の定義は、妊娠を望んでいるにもかかわらず1年以上、避妊をせずに普通に夫婦生活を営んでいても妊娠しない状態を指します。
少し前までは、妊娠しない期間を2年以上としていましたが、妊娠を望む夫婦であれば、1年で約80%、2年では約90%が妊娠するとされ、早期に不妊治療に進むためにも1年以上と定義されつつあります。
また現在では、数十万もの夫婦が不妊治療を受けているとも言われています。
近年では治療への理解が深まり、不妊治療への助成金制度が整うなど不妊症に対する意識が高まりつつあります。

不妊症の原因

お医者さんと妊婦さん

不妊症と言っても原因は人それぞれで、とてもデリケートな問題です。しかし、原因を知ることによって、治療方法もかわってきます。
パートナー同士、よく理解しあい診察を受けることが大切です。

排卵因子

排卵因子とは卵子が育たない、もしくは育ったとしても排出できないなど、排卵が正常に行われないことにより妊娠しにくい場合を排卵因子が原因にようる不妊症といいます。
排卵が正常に行われるには、いろいろな性ホルモンの分泌が関係するため、排卵因子を内分泌因子ともいいます。
無排卵周期症、無月経症、高プロラクチン血症、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、黄体機能不全などの疾患があげられます。

卵管因子

卵管因子とは、生理や排卵は正常ですが、妊娠にいたる際、卵子と精子の通り道である卵管が、閉じてしまっていたり、もしくは狭くなっていたりして妊娠しにくいなど卵管に問題があることが原因の不妊を卵管因子の不妊といいます。
クラミジア感染症、子宮内膜症などの疾患が原因にあげられます。特に子宮内膜症は、女性にはよくある疾患です。

子宮頸管因子

子宮頸管因子とは、聞きなれない言葉ですが、子宮頸管で分泌されるとされる精子が通りやすくなる頸管粘液の分泌量が通常よりも少なくいため、精子が卵子へと到達するのが難しくなるなど、頸管の働きに問題があることが原因による不妊を頸管因子といいます。
頸管粘液分泌不全、頸管狭窄・閉塞の疾患があげられます。

免疫因子

免疫因子頸とは管粘液の中に、精子を異物として認識してしまい攻撃する抗精子抗体がまれに存在することがあり、この抗体が原因で精子の働きが悪くなってしまったり、精子が最悪、動けなくなるなどして授精できない状態を免疫性不妊といいます。
これは女性側だけではなく抗精子抗体が、自己抗体として男性の体からも検出されることもあります。免疫反応を原因の不妊は、男性因子、または女性因子と区別します。
抗精子抗体、抗透明帯抗体の疾患があげられます。

子宮因子

子宮因子とは子宮に何らかの問題がある場合をいいます。受精した卵子が着床しにくいことが原因の不妊を子宮因子の不妊といいます。
子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮奇形、子宮内膜ポリープなどの疾患があげられますが、女性がこれらの疾患を抱えていることはよくあることで、放置すると症状が悪化することもありますので、定期的な検診が必要な疾患でもあります。

不妊症の検査方法

不妊症の検査にはどんなものがあるのか、よく知らないままでは安心して検査を受けられません。病院によっては女性医師を指名することもできるので検診をしっかりと受けるようにしましょう。

内診・経膣超音波検査

内診では、内診台で1指(人差し指)か2指(人差し指と中指)を膣内に挿入し、もう一方の手をお腹にあて子宮や卵巣の状態を触診します。子宮の大きさや形、位置などを診察しますが、内診でなければ診断がつかないため、ほとんどの診察で行われます。
経膣超音波検査は、親指ほどの棒状の経腟プローブを腟内に挿入し子宮や卵巣などを検査します。 子宮や卵巣をモニターに見ながら診察します。
まれにわずかな痛みを感じる場合があります。

子宮卵管造影検査

子宮に造影剤を注入し、子宮の広がり方をレントゲンで確認します。卵管が正常に通っているか、子宮に奇形や腫瘍などがないかなど、検査することができます。

検査の手順
●検査準備ではまず子宮内にバルーンカテーテルを入れて膨らませます。
●器具を使い子宮口から造影剤を注入します。
●子宮内で造影剤が広がる様子をレントゲン写真をみて診断します。

ホルモン検査

血中ホルモンの数値を測り、排卵や着床の妨げになるホルモンバランスの乱れなどがないかを血液検査で調べます。
検査はホルモンの種類によって、計測するのに時期が異なります。

●月経周期3~5日頃
卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体化ホルモン(LH)

●高温期中期
卵胞ホルモン(エストロゲンの一種エストラジオール E2)
黄体ホルモン(プロゲステロン)

●いつでも測定できるもの
乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)
甲状腺刺激ホルモン(TSH)、甲状腺ホルモン(free T3、free T4)

性交後試験

性交後試験とは、フーナーテスト(ヒューナーテスト)とも言われています。
性交後に行われる検査で、子宮頸管の粘液内にある精子の状態を確認します。この検査は不妊検査の中でもごく初期の段階で行われる基本的な検査です。

性交を行ったあとに、子宮頸管の粘液を採取し、その粘液に含まれている精子の数や運動状態などを調べます。結果によって、子宮内に精子が正常に入っているかどうかなどがわかります。
女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が影響するのでテストは排卵日前後が適しています。

不妊症の治療方法

原因がわかったら次は、治療方法が決定します。結果によって方法が違いますので、医師とパートナーとの理解と協力が必要となります。

一般不妊治療

一般不妊治療では、まず最初にタイミング法から始められる場合が多く、続いてホルモン療法、そして人工授精へとステップアップしていきます。

●タイミング法
基礎体温の計測、超音波検査やホルモン検査などをもとに、医師が排卵日を予測し、指定された日に性行為を行います。

●ホルモン療法
不妊治療の中ではよく行われる療法で強い作用によりさまざまな副作用をともなうことがあります。

●人工授精
採取した精子を病院で処理した後、子宮に注入することで妊娠を促します。

高度生殖医療

卵子や精子などの配偶子をからの外に取り出して行う不妊治療を高度生殖医療といいます。

●体外受精
排卵誘発剤を投与し、数個の卵子を採取して受精させた後、通常2~5日後に子宮に戻し、着床させます。

●顕微授精
精子に必要な処置を加え、顕微鏡で精子の形態が正常で良好な運動精子を、特殊な針で成熟卵子の細胞質内に精子を注入します。

●凍結胚移植
培養した受精卵を一旦凍結保存し、最も妊娠しやすいタイミングに解凍して胚移植を行う方法です。

男性にもある不妊の原因と治療法!

当然のことながら、男性側に不妊症の原因がある場合もあります。男性は不妊の原因が自分にあることをなかなか受け入れられないこともあり、パートナーとの信頼関係が必要となります。

乏精子症

精子数が少ないといっても軽度から重度の場合と様々です。精液1ml中の精子数の基準値は1500万個以上ですが、精子濃度が2000万個以下の場合に乏精子症、500万個以下は高度乏精子症と診断されます。

治療は、軽度なら薬で改善する場合がありますが脳下垂体のホルモン分泌に問題がある場合は、造精機能を高める働きがあるクロミフェン製剤やhmg製剤が使われます。
精巣の働きを活発にし、精子の生成を促進するため、漢方薬やビタミンB12剤、B6剤、血液循環改善薬などを組み合わせる場合もあります。

無精子症

無精子症とは精液中に精子が全く無い状態です。閉塞性と非閉塞性の2タイプに分けられ、閉塞性は、精巣内で精子が作られているのに精子の通り道が塞がっている状態で、非閉塞性は、精巣内で精子が全く、もしくはほとんど作られていない状態をいいます。

女性に不妊の原因がなく夫婦の年齢が35歳未満の場合は精路再建手(精子の通り道がを再開通させる手術)という方法があります。
女性側にも不妊原因がある、年齢が35歳以上の場合は、顕微授精を行います。

精子無力症

精子の運動量の正常値は総運動率70%~80といわれていますが、自然妊娠を望む場合、精子の運動量は総運動率50%以上が望ましいとされています。
精子の運動能力は、計測する日の男性の体調や採取時の環境などで大きく変動するため、何度か検査が行われます。

治療は軽度の精子無力症の場合であれば漢方薬やビタミン剤の服用、中度の場合は人工授精や体外受精、重度の場合は顕微授精とステップアップしていきます。

精索静脈静脈瘤

睾丸上部に流れる静脈の異常肥大により精子異常、精巣萎縮の症状がみられます。男性側の不妊原因の40%以上に認められるとも言われています。

精索静脈瘤の症状
● 陰のうのサイズが左右で異なっている。
● 常に垂れ下がっている。
● 表面にしわがよりでこぼこしている。
● 立ち上がる際に鈍痛を感じる。
● なかなか妊娠できない状態が続いている。

軽度の場合は漢方や薬の服用で治療が可能ですが、重度の場合は手術によって治療が行われます。

勃起不全(ED)

勃起不全はEDとも言われ、男性の性機能障害のひとつです。勃起が十分でないためにため、満足な性行為が行えない状態をさします。
原因は、体に原因があって起こる器質性EDと、精神的な原因で起こる心因性EDがあります。

治療には、ED治療薬が処方されますが、それだけではなく日頃の生活習慣の見直しなどによる体質改善や心因性EDであれば、運動などによるストレス発散なども有効です。

無精液症

無精液症とは、精液の完全な欠如つまり男性が性行為などにおいてまったく精液がでない状態です。この場合、無精子とは意味が異なり、精子は作られているのに精液がでない場合です。
つまり精液がでない=精子がないわけではなりませんが、検査の結果、精子があっても性行為において射精ができないため自然妊娠はとても難しい場合が多いです。人工授精、体外受精などの方法がとられます。

閉塞性無精子症

無精子症には閉塞性と非閉塞性の2通りがあり、閉塞性は精子が作られていますが精子の通り道が塞がっている状態です。
精子が採取できる場合は、顕微授精を用いますが、精子が採取できない場合は、人工授精の中でも精子バンクなどを通して、第三者から提供された精子を利用する非配偶者間人工授精という方法がとられます。

先天性精管欠損

先天性精管欠損とは、精子は作られているのに排出するための精管が先天的に欠損している疾患です。つまり、精液には精子が含まれていません。精管がないため、治療は難しく手術が行えません。

精巣の状態により、検査の結果、精子が正常に作られていれば精巣から採取し、顕微授精などによって妊娠できる可能性があります。
精巣で精子が作られているかどうかは血液検査などで判断します。

膿精液症

膿精液症とは、精液の中に血液の細胞成分である白血球が混ざっている状態です。精液1mLの中に白血球が100万個以上ある場合、膿精液症と診断されます。
精子の運動率が著しく低下するので精子無力症になる場合があるため原因となる感染症を治療します。膿精液症は自然に治るということはありませんので、抗生物質を1~2週間服用し、炎症を抑えます。
炎症を抑えることができれば、自然妊娠も可能になります。

逆行性射精

逆行性射精とは、精液が正常には射出されずに尿道から膀胱へと逆行してしまう状態ですが、射精時に本来は閉じている内尿道口が開いたままになってしまうため、精液が膀胱内に逆流してしまいます。
治療には薬を1~2週間ほど服用し、検査を行います。しかし治療は難しいため、逆行性射精そのものを治すよりも、人工授精や体外受精、顕微授精をすすめられる場合が多いです。

膣内射精障害

膣内射精障害とは、普通に性交渉を行っても男性が膣内で射精することが困難にな症状をいいます。
男性は自慰などでは射精することが可能な場合が多く、薬や外的手術などは行われません。
パートナーと協力し合い、膣内で射精ができるようになるまで自慰をサポートしつつ様々な方法が試されます。
改善されない場合は、体外受精や人工授精などの方法がとられます。

正確な不妊症の知識を得て正しい治療を!

不妊症というのは、単に女性側に問題があり病院で治療すれば改善されるという単純なものではありません。
外的要因から内的要因まで、そして男性側に問題がある場合も数多くあり、パートナーが共に問題を抱えている場合もあります。それには、原因の解明とそれにあった正しい治療が行わなければなりません。
ですから治療には、お互いの理解・協力の他、信頼できる医師、そして時間と費用が必要となり、パートナーとのコミュニケーションが最も重要となります。
不妊症克服に向け、納得のいく方法をみつけていきましょう。

この記事のカテゴリー: カテゴリー妊活中