不妊体質を改善する10の対策方法【原因・体験談あり】

不妊体質を改善する方法を実践してみよう!

妊娠を望んでも、なかなか結果が得られないという人は大勢います。そうした場合に必要なのが、不妊体質の改善です。不妊の原因はいろいろですが、体質を改善することで妊娠に近づくことができます。

そこで今回は、不妊体質を改善するための10個の方法について解説していきましょう。また、不妊の原因や体験談などもご紹介します。

不妊体質を改善しようと努めている人たちは多い

考える妊婦さん

まず最初に、不妊体質改善に励んでいる人たちの声を聞いてみましょう。皆さんどういった体質改善に取り組んでいるのでしょうか。

不妊治療をして、気持ちの面でも、お金の面でも、くたびれて、おまけに、「妊娠しにくい体」の原因が分からず、???だらけで、一旦、治療ストップすることにしました。  すると、今まで分からなかった情報が入り、約4カ月前ぐらいから、体質改善に励むようになり、少し、気持ちが、前向きになれたところです。

出典:不妊治療お休み中、体質改善に5カ月かけてます。 2012/04/30 19:35 | 不妊治療情報サイト【子宝ねっと】

初めまして。私も、丸4年出来なくて、体外3回だめで、今お休み中です。

出典:不妊治療お休み中、体質改善に5カ月かけてます。 2012/04/30 19:35 | 不妊治療情報サイト【子宝ねっと】

はっきり言われたことは、「血液の栄養状態」が 悪い、「貧血予備軍不妊症」が、よく原因不明の 不妊症と言われるそうです。  その場合は、まず、不妊専門病院ではしていない、 「貯蔵鉄フェリチン」数値の血液検査を、地元の 消化器内科の病院で、受けました。

出典:不妊治療お休み中、体質改善に5カ月かけてます。 2012/04/30 19:35 | 不妊治療情報サイト【子宝ねっと】

以上、不妊治療の体質改善に励んでいる人の声でした。皆さんなかなか赤ちゃんができず、悩んでいる様子がうかがえます。

その中で体質改善の大切さに気付き、血液検査などに取り組み始めた人も。体質改善に成功すれば自然妊娠の可能性もあるということで、気持ちも前向きになっているようです。

関連記事

妊活中の不妊検査を解説【期間・費用・結果の見方について】

そもそも不妊症って何?

考え込む女性

不妊症とは、避妊をやめて1年以上性交していても妊娠しない状態を言います。一般的には、避妊をやめた健康的なカップルが自然妊娠する確率は、半年以内が約8割、1年以内だと約9割となっています。

つまり1年以内にはほとんどの人たちが自然妊娠に至るわけですが、逆にこれに当てはまらない場合、不妊症と判定されることになります。

不妊によくある主な原因って何?

続いては、不妊でよく見られる主な原因について見ていきましょう。一体どんな要因が不妊を引き起こすのでしょうか。

①卵巣機能不全(女性)

卵巣は卵子が製造される場所ですが、この部分がうまく機能しなくなる状態を卵巣機能不全と呼びます。

稀発月経など自然妊娠が可能な場合もありますが、無排卵月経や無月経など排卵自体がなくなる症状もあり、この場合は自然妊娠ができません。

②子宮内膜症(女性)

子宮内膜は受精卵が着床する部分で、月経の際に剥がれ、出血を伴って出てくる組織です。通常子宮の中にしか存在しませんが、何らかの原因でそれ以外の場所に発生するのが子宮内膜症です。

子宮内膜症を発症すると必ず不妊になるわけではありませんが、30~50%の確率で不妊を合併すると言われています。

③無精子症(男性)

不妊の原因は、もちろん男性側にもあります。

無精子症は、その名の通り男性の精液中に精子が確認できないか、確認できても極端に運動率が低い状態を言います。

不妊の大きな原因として知られており、男性の100人に1人ほどの割合で存在すると言われています。

④性交障害(男性)

いわゆるED(勃起障害)と呼ばれるものですが、性交に十分な勃起が得られない状態を言います。うまく射精できなかったり、排卵期にタイミングが合わないせいで不妊になるケースが見られます。

EDの原因には、加齢によるものの他に喫煙や薬剤による影響などがあります。

関連記事

パートナーがEDでも妊娠できる?不妊治療の方法とは?

1年以上自然妊娠していない場合、まずはお医者さんに相談を

このように、1年以上避妊せずに性行為を行っても妊娠できない場合、不妊症の疑いがあります。こうした時は2人で悩むのではなく、早めに病院で見てもらいましょう。

お医者さんに診てもらうことで、不妊の原因を見極めやすくなります。それによって治療の可能性や方法も確認できますから、妊娠の確率も上がります。

ですから、不妊が疑われる場合は夫婦で病院を訪れて見て下さい。

不妊の体質改善方法

それでは、不妊の場合どうすれば体質を改善できるのでしょうか。ここからはその方法について見ていきましょう。

①まずは、書籍やネットから基礎的な情報を集めよう

PCと女性

まず最初に、必要な基礎知識や情報を集めることが大切です。現在はネットや本で関連情報を集めることができますから、こうしたものに目を通しておくとよいでしょう。

ただし、中には不正確な情報もありますから、真偽についてきちんとチェックしておくことが大切です。

②適度な運動を習慣化する

体質改善の第一歩は、適度な運動からです。運動を習慣づけることによって、体のリズムを整えやすくなります。

いきなりジョギングなどのハードな運動を始めるより、まずはウォーキングなどからスタートした方が良いでしょう。通勤時間などを利用して、意識して長い距離を歩いて見て下さい。

関連記事

妊活中にオススメの運動方法一覧!【男性も必見】

③よもぎ蒸しにトライしてみる(女性)

不妊と冷えは大きく関係しています。そこで体を温める処置が求められますが、効果的なのが「よもぎ蒸し」です。

よもぎ蒸しは韓国の民間療法で、よもぎの葉など薬草を煮立たせた蒸気で体を温めるというもの。あくまで民間療法ですが、冷え体質の改善にはある程度効果が見込めます。

関連記事

よもぎ蒸しは不妊に効果あり?【期間と効果を解説!】

④寝る時間と起きる時間を出来るだけ規則正しく

体質改善には生活習慣の改善も欠かせません。夜更かしや寝坊などを繰り返していると、体の調子も崩れてしまいます。

毎日の寝る時間や起床時間を一定にし、質の良い睡眠を取るよう心がけましょう。睡眠中はホルモン分泌が活発になりますから、こうした習慣は妊娠しやすい体質のために必須です。

関連記事

睡眠の質を上げれば妊活に役立つ?【男性も必見】

⑤アルコールの量を減らそう

体質改善のために、アルコールの習慣も見直す必要があります。

飲酒は適量ならメリットもありますが、度が過ぎるとデメリットしかありません。女性ももちろんですが、特に男性の場合は一時的なインポテンツを引き起こす場合もあります。

飲みすぎの自覚がある場合は、お酒を控える努力をしましょう。

関連記事

妊活時の飲酒はNG!?アルコールが妊娠にもたらす影響

⑥喫煙は控えるか、量を減らす

禁煙

飲酒以上に不妊に影響するのが喫煙です。喫煙習慣のある人は妊娠しづらくなることが知られており、1年以上妊娠しない人の割合は、喫煙者では20~30%ほど高くなるという報告も。

体外受精においても喫煙者は成功率が下がることから、タバコは一切やめた方が賢明です。難しい場合は、1日10本以下に減らすなどしましょう。

関連記事

妊活中にたばこは吸っても大丈夫?【いつどうやってやめるべきか】

⑦サンマットを使ってみよう

こちらは家庭用の温熱治療器です。妊活中の女性や冷えに悩む女性のためのもので、体に巻いたり敷いて寝るなどすることで、体を温めることができます。

血行改善や疲労回復などに効果があり、妊娠しやすい体質に近づけてくれます。

⑧ストレスを軽減させよう

ストレスもまた、不妊に関係しています。男性は勃起不全の原因になりますし、女性はホルモンバランスを乱すなどの影響があります。

ストレスは溜め続けるのではなく、その都度解消しておくことが大事です。趣味や運動、深呼吸など、適当な時にストレス発散できる方法を用意しておきましょう。

関連記事

ストレスは不妊の元!?ストレス解消法と妊娠力UPの方法とは?

⑨栄養バランスのとれた食事を心がける

体質改善と言えば、食事の問題も見逃せません。妊娠しやすい体づくりには、バランスの良い栄養摂取が必要になります。

妊娠中欠かせない葉酸や、ビタミン・ミネラルを過不足なく摂ることが大切。ジャンクフードやレトルト食品ばかりでなく、野菜や魚介類など栄養バランスに気をつけた食事を心がけましょう。

関連記事

妊娠力アップは食べ物から!妊活は食生活からはじめよう

⑩妊活サプリを試してみる

バランスの良い栄養摂取では、妊活サプリの活用も効果的です。妊活サプリには上記の葉酸やビタミン・ミネラルの他、大豆イソフラボンなど妊活に必要な成分が適度に配合されています。

それによりホルモンバランスを整えたり、冷えを改善することができます。

関連記事

不妊に葉酸は効果あり?どの葉酸サプリがいい?

不妊体質の改善にオススメの妊活サプリはmakana(マカナ)

上記のように、不妊体質の改善には妊活サプリの摂取が役立ちます。中でもおすすめなのが、「makana(マカナ)」です。

こちらのサプリは葉酸400μgの他に、ビタミンやミネラル,マカ,DHAなど多様な成分を配合。食事で摂れない栄養をしっかり補って、妊娠しやすい体質を作ってくれます。

放射能検査は実施済みで無添加にもこだわっているため、妊活中の女性でも安心して使用できるサプリメントです。

体質改善方法を実践するには夫婦での話し合いが大切

不妊対策として体質改善を試みる際は、まず夫婦での話し合いが大切になります。

妊活で大事なのは、男女2人の意思疎通です。お互いの意識がずれていては、望むような成果は得られません。細かい生活習慣から病院での治療まで、どんなことが必要なのか事前にしっかり話し合っておきましょう。

またこうしてコミュニケーションを取っておくことで、目標に向けてお互いの心を一つにすることができます。

不妊体質を改善のため、まずはできることからはじめよう

以上のように、不妊体質の改善法にはいろいろなものがあります。生活習慣を整え、適度な運動やバランスの良い食事を心がけることが大切です。

これらを行えばすぐに結果が出るわけではありませんが、より妊娠しやすい体に近づくことはできます。

そのために、まずは習慣の見直しから始めてみましょう。夫婦で話し合いつつ、できることから一歩ずつ改善していって下さい。