葉酸サプリが蕁麻疹の原因に!?【対策方法あり】

葉酸サプリが蕁麻疹の原因!?

RISK

胎内の赤ちゃんの成長をサポートするため、そして若々しい体を維持するために、葉酸サプリを飲む女性が増えています。ですが、なかには「葉酸サプリを飲んだら、蕁麻疹になっちゃった!」という困った報告も…。

葉酸サプリで蕁麻疹が起きる原因や、蕁麻疹を引き起こさない、葉酸サプリの正しい摂取方法などについて、詳しくご紹介していきましょう。

なぜ葉酸サプリで蕁麻疹に?

飲み物を飲む女性

葉酸サプリは「体に良い」ということを前提で摂取するサプリメントですが、本人の体質や摂取の仕方によっては蕁麻疹が起きることがあります。一番リスクが高いのが、葉酸の過剰摂取ですね。

妊娠・出産のために葉酸を摂取する場合の1日の推奨摂取量は0.4mg(400μg)ですが、1日の上限摂取量である1 mg (1000μg)を超えると過剰摂取になり、体が過剰な反応を起こすリスクが高まりますので、注意をしましょう。

葉酸サプリの摂取が蕁麻疹を引き起こす理由

薬

水溶性のビタミンB群に属する葉酸はDNAの複製をサポートし、新しい血液を作る効果もある栄養素です。本来であれば摂り過ぎても体外に排出されますし、食事から摂るぶんには体に悪い影響は出にくいのですが、サプリメントという形で摂取する場合には、次のような理由で蕁麻疹の症状がでる可能性があります。

①サプリの葉酸は化学物質由来

私達が食物から摂取する葉酸は、「ポリグルタミン酸型葉酸」と呼ばれるものです。これに対して葉酸サプリメントは葉酸の吸収率を高めるために、科学的に合成された「モノグルタミン酸型葉酸」を使用していることが多く、身体への吸収率が良いぶん、サプリは過剰摂取に繋がりやすいといえます。

②毎日の食事からも葉酸は取れている

葉酸は食物への含有量が少なく、摂取量が不足しがちなために、サプリメントでの摂取が推奨されています。ですが葉酸は日々の食事からも摂れているため、サプリメントを多めに摂っていると1日の上限量を超えてしまう可能性があります。

③サプリメントにアレルゲンが配合されている

葉酸サプリメントには葉酸だけでなく、さまざまな栄養成分が含まれています。アレルギーの原因になりやすい大豆や牛乳、卵から抽出した成分や、錠剤を作るための添加物や安定剤がアレルゲンとなる可能性もありますので、アレルギー体質の人はしっかり成分表示を確認して選びましょう。

葉酸の過剰摂取には他にもこんな症状が…

女性

葉酸の過剰摂取に対するリスクは、蕁麻疹だけではありません。あまり知られてはいないのですが、葉酸を過剰摂取したことで次のような症状が起きるリスクがあります。

  • 発疹などの皮膚疾患
  • 発熱
  • 呼吸障害
  • 不眠症

葉酸を過剰に摂取すると体が亜鉛を吸収しにくくなりますし、妊娠中の葉酸の過剰摂取が赤ちゃんの喘息のリスクを上げるという指摘もされています。安全と健康を守るためにも、葉酸サプリは決められた量を超えて摂取しないように心掛けたいですね。

葉酸で蕁麻疹にならないためには!

一度葉酸サプリを飲んで蕁麻疹になると、「私には葉酸は合わない」と思い込んでしまいがちですが、葉酸は全ての生き物が必要としている栄養素です。摂取の仕方さえ気をつければ、蕁麻疹などの過剰な反応を気にせず葉酸を活用できますので、葉酸の摂取の仕方を見直していきましょう。

①食べ物から摂取する

どんな栄養素も食べ物から摂ることが基本ですが、葉酸サプリを飲んで蕁麻疹が出て不安な場合には葉酸をサプリではなく、危険度の低い食べ物から摂るように意識しましょう。葉酸は食べ物への含有量が少なく吸収率も悪いので、例えばほうれん草であれば1日に1kg以上食べなければ、摂取目安量さえ超えることはありません。

葉酸を多く含む食材としては、次のような食べ物があげられます。上手に食卓に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草
  • レバー
  • のりなどの海藻類
  • アボガド
  • ひよこまめ
  • 玉露

②サプリメントの摂取方法を改善する

サプリメントは簡単に栄養がとれる便利な栄養補助食品ですが、「体に良いから多めに摂ろう」と考えてはいけません。「昨日は飲み忘れたから、今日は多めに摂ろう」と間違った考え方をしていると、簡単に1日の摂取上限を超えてしまいますので、葉酸サプリは取扱説明書に記載された用法・用量を守って、安全に摂取をして下さいね。

蕁麻疹を防ぐ葉酸サプリの取り方を解説!

ミルクを飲む妊婦さん

葉酸は食べ物からでは必要量の摂取が難しく、厚生労働省では特に葉酸を必要とする妊婦には、葉酸サプリを推奨しています。妊娠している体はデリケートですし、胎内の赤ちゃんのことを考えれば蕁麻疹などの過剰な反応はできるだけ避けた方が良いので、葉酸サプリの選び方や摂取方法も見直していきましょう。

①サプリの量を減らす

蕁麻疹などを起こさずに、安全に葉酸サプリを利用するために一番大事なのは、一日の摂取目安量が0.4mg(400μg)であり、1日の上限摂取量1 mg (1000μg)を超えてはいけないことをしっかり理解しておくことです。

サプリはそれぞれの商品で1日の摂取量が違いますので、上限量を超えてサプリを飲むことがないよう説明書を確認してくださいね。それでも不安な場合には、量を控えて摂取するといいですよ。

②ポリグルタミン酸配合を選ぶ

葉酸サプリによつ蕁麻疹などのリスクをなくしたい場合には、野菜や果物などの天然由来の原料から抽出された、ポリグルタミン酸型葉酸を配合したサプリを選びましょう。ポリグルタミン酸型葉酸は科学的に合成されたモノグルタミン酸より吸収率が悪く、過剰摂取を防ぐ効果は高いといえます。

ですが、用法・用量を守らなかったり、食事内容によっては過剰摂取になる可能性はありますから、油断はしないでくださいね。

③サプリを変える

上限量に気を付け、控えめに葉酸サプリを摂取しているのに蕁麻疹の症状が出てしまう場合には、サプリに含まれる葉酸以外の成分や添加物などが、体に合っていない可能性があります。思い切ってサプリメントを変えることも検討しましょう。

さまざまなメーカーがいろいろなタイプの葉酸サプリを販売していますので、できるだけ天然由来の原料を使った、化学物質無添加の体に優しいものを選んでみてくださいね。

葉酸サプリは容量を守って蕁麻疹を予防!

葉酸を過剰に摂取すれば確かに蕁麻疹などの過剰な反応が起きるリスクはありますが、それと引き換えにしても、葉酸は女性、特に妊娠中の女性にはメリットの高い栄養素です。

葉酸サプリであっても、決められた用法・用量を守っていれば蕁麻疹などが起きる危険は低いので、安心して葉酸サプリを活用してみてくださいね。

この記事のカテゴリー: カテゴリー葉酸