葉酸サプリが癌予防にもつながる理由【注意点あり】

葉酸はガン予防になるけど注意が必要

葉酸サプリ

葉酸サプリと言えば、妊活や妊娠中の女性が摂るものという認識が一般的です。しかし実は、癌を予防する効果もあると言われているのです。

とは言え、癌対策として葉酸サプリを利用する際には重要な注意点もあります。でないと場合によっては、重大な危険を招くことも。

今回は葉酸サプリの癌に対する効果と、その注意点について詳しく解説していきます。

葉酸がガン予防に役立つワケ

PCと女性

さまざまな健康効果が知られる葉酸ですが、癌予防にも一定の効果を発揮してくれます。その理由について見ていきましょう。

そもそも癌の原因は?

癌とは、簡単に言うと「遺伝子の病気」のことです。

細胞の中には遺伝子があって、正常な状態なら同じ細胞を次々に分裂させ、体を成長・維持していきます。しかし何らかの原因で遺伝子に異常が起こり、それが除去されずに増殖すると、癌という病気になるのです。

癌を起こす要因となるのは、喫煙や飲酒、食習慣や肥満などさまざまなものがあります。

遺伝子異常に葉酸が効果的!

葉酸は胎児の成長に欠かせないと言われていますが、その理由は細胞分裂との関わりにあります。

細胞分裂においては、DNAやRNAといった核酸の働きが重要になります。これらが正常にコピーされることで、細胞も無事に分裂・増殖することができるのです。

葉酸には、この核酸の生成を正常に保つ効果があります。つまり、遺伝子の異常を抑えて癌を抑制する効果があるわけです。

癌予防として葉酸を摂るならサプリがいい

サプリ

上記のように、葉酸は癌の予防が期待できる成分です。葉酸はもちろん食べ物から取ることができますが、本格的に摂ろうとするなら、サプリメントでの利用がよいでしょう。

葉酸を食べ物から摂る場合、野菜中心にするなど食事の工夫が必要になります。しかし葉酸サプリなら、一日数錠で必要量の補給が可能。毎日忙しいという人は、特に便利な方法と言えるでしょう。

ただし葉酸の過剰摂取には要注意

RISK

しかし、いくら癌予防に効果的と言っても、葉酸を過剰に摂取することはオススメできません。葉酸を摂りすぎた場合、次のような副作用を起こす可能性があります。

すなわち、「吐き気・食欲不振」「むくみ」「不眠」「じんましん」といったものです。

葉酸の上限摂取量は、1日1,000μgと言われています。サプリで摂る場合はこの量を超える可能性もあるので、十分気をつけましょう。

【要注意】癌治療としては葉酸は逆効果!

バツを持つ女性

葉酸サプリは癌を抑える効果が見込める一方で、重大な注意点もあります。それは、「癌治療としては逆効果になりかねない」ということです。

葉酸には細胞分裂を促す効果があるのですが、これにより、返って癌の進行を早めてしまう危険があるのです。つまり癌になる前なら効果的でも、癌の発症後では病気を広げかねないというわけです。

くれぐれも、癌の治療で大量の葉酸を摂取することは控えましょう。

がんの場合は葉酸は全くとらないほうがいい?

それでは、癌になったら葉酸の摂取は全て控えた方が良いのでしょうか?

葉酸は、食べ物に広く含まれる栄養です。ですから普通の食事をしている限り、摂取を全て防ぐのは難しいと言えます。

また癌の進行を早めると言っても、それはあくまで葉酸を大量摂取した場合のこと。通常の摂取量なら、そうした問題はありません。

ただしサプリで意識して摂取することは、絶対に避けた方がよいでしょう。

葉酸サプリを自己判断で飲むことはやめよう

OKを出す女医さん

癌対策として葉酸サプリを利用する際は、もう一つ大事な注意点があります。それは、「使用前に必ず医師に相談すること」という点です。

葉酸サプリは薬ではありませんが、前述のように、場合によっては癌にマイナスに働くこともあります。例え予防のためであっても、自己判断での使用は避けましょう。

また癌の完治後でも、必ず医師の判断を仰ぐ必要があります。

癌予防には健康的な生活が第一!

葉酸摂取は癌の予防に役立ちますが、その他にも大事なポイントがあります。まずは何といっても、健康的な生活が第一。

普段の生活で心がけるべき点について見ていきましょう。

食生活に気をつけよう

前述のように、癌の発症要因には食生活も含まれます。特に癌の可能性を高めるのは、主に食品に使われる添加物です。

例えば亜硝酸塩や、アスパルテーム、アセスルファムKといった合成甘味料、タール色素(合成着色料)などは、比較的高い発癌性を持つと言われています。

一方癌予防に効果的な食材としては、にんにくやキャベツ、生姜、大豆、にんじんなどがあります。

タバコについて改めて考えよう

喫煙も癌の可能性を高めることは、前に述べました。日本での研究によると、癌を患った人のうち喫煙が原因と見られる割合は、男性30%、女性5%となっています。たばこがいかに癌の確率を高めるかは、この数字からも明らかでしょう。

葉酸サプリを摂取するだけでなく、禁煙することも癌の予防には必須です。また副流煙も癌の確率を高めますから、受動喫煙の機会をなるべく減らすことも注意しておきましょう。

日々の運動もわすれずに

もう一つ癌予防で大切なのが、毎日の運動です。実際に仕事などで体を動かす機会が多い人ほど、癌の発症率が低いことが知られています。

厚生労働省によると、「歩行などの運動を毎日60分行うこと」、さらに「息がはずむ運動を毎週60分以上行うこと」が推奨されています。

こうしたことが難しい場合は、まずは20分程度のウォーキングなどから始めてみるのもよいでしょう。

葉酸サプリによる癌予防はあくまで補助的なもの

このように、葉酸サプリは癌予防にも効果が期待できます。しかし注意しておくべきなのは、葉酸サプリはあくまで妊活・妊娠時の栄養補給や、健康維持の目的が第一ということです。

それに加えた恩恵として、ある程度癌の予防効果が見込める、というくらいに考えておくべきでしょう。葉酸サプリの癌に対する効果を、あまり過大に考えすぎないことも大切です。