葉酸サプリは肝臓に悪影響があるの?【徹底解説】

葉酸サプリは肝臓に悪い影響があるかも!

女性

葉酸は必要な栄養素として妊活から産後にかけての長期間の間、摂取し続けることになります。必要な栄養素だからいくら摂取してもなんの問題もないもないのでしょうか。
どんなものでも過度に摂取することで何かしらの影響がでることも考えられます。葉酸の摂取による肝臓への影響が心配されていますが正しい理解で、上手に摂取していきましょう。

そもそも葉酸サプリとは?

妊婦さん

葉酸は、水溶性のビタミンの一種です。不足すると貧血の原因になることもあります。特に妊活中の女性は、妊娠前から摂取することで胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクが軽減することから厚生労働省からも1日400μgの摂取が推奨されています。
ほうれん草やいちごなど野菜や果物に含まれていますが毎日、必要量を食事だけで補うのは難しくサプリなどで補給すると確実です。

葉酸サプリが肝臓に負担をかけるのはこんなとき!

バツをする妊婦さん

けして葉酸をサプリで摂取することが肝臓に悪い影響を与えるのではありません。中には添加物などを含んだサプリがあるので、原材料などをしっかりと確認し信頼できるサプリを選ぶことが大切です。

①添加物の含まれた葉酸サプリの摂取

通常、普段の食生活でも気になるのが添加物です。サプリの中には添加物が配合されてしまっているものもあるので、内容表記をしっかりと確認する必要があります。
無添加は食品添加物が含まれていないとういことですが、着色料・香料・防腐剤などが含まれていないサプリになります。しかし、添加物といっても厚生労働大臣の許可があるものなので規定量を過度に越えない摂取によってすぐに肝臓に負担をかけるものではありません。

②石油系の原料を使用した葉酸サプリの摂取

天然由来の葉酸は食品から抽出されていいますが、石油系の原料を、石油や化学物質などから抽出されています。安価であるものが多いので購入しやすいのも特徴です。
石油系の葉酸は消化がされにくく、体に蓄積されやすいので過度に摂取した場合には悪影響が心配されます。 特に、胎児の体内にも蓄積されてしまうので喘息やアレルギー疾患などになるリスクが高まる可能性があります。

③脂溶性ビタミンの配合された葉酸サプリの摂取

脂溶性ビタミンとは、油脂に溶けるビタミンで、水で洗い流されたり加熱により損失する量も少ないのが特徴です。例えばビタミンA・D・E・Kなどですが、必要以上に過度に摂取すると体内に蓄積してしまいます。
過度に摂取すると脂溶性ビタミンは、肝臓や脂肪組織にとどまるので場合によってはビタミン過剰症を起こすことが心配されます。
効率よくビタミンが摂取できますが、摂取量に注意が必要です。

④葉酸サプリの用法容量を守らなかった時

葉酸はたんぱく質や細胞を作るために必要な栄養素です。サプリなどを利用して積極的に摂取することが推奨されていますが、用法量を守らず過度に摂取を繰り返した場合は注意が必要です。
食欲不振や吐気、むくみ、不眠症などの症状が現れる場合があります。さらに1日に1,000μg以上の摂取をしつづけた場合は、葉酸過敏症になる可能性もあり発熱やじんましん、かゆみ、呼吸障害などの症状がでることがあります。

葉酸サプリを飲んで肝臓が痛くなったときの対策法

肝臓などは通常であれば痛みを感じることはないはずです。葉酸に限らずどんなサプリであっても何かしらの異変を感じた場合は一旦、服用をやめかかりつけの医師に相談しましょう。

①サプリメントの使用をやめてみる

人によってアレルギーのでる原因も違います。また、免疫力が下がっている時は普段はなんともないものや服用量で異変を感じる場合もあります。
いづれにせよサプリを服用してから不調を感じた場合は原因と思われるサプリの服用をやめることをおすすめします。
妊活、妊娠中はなにかと過敏になる時期です。葉酸や栄養を取ることに夢中になりすぎ過剰摂取にならないよう慎重になりましょう。

②病院でお医者さんに相談する

不安があるまま葉酸を摂取するためにとサプリを服用していてもストレスと心配が増えるばかりです。肝臓をはじめ体の異変は本人でなければ気づきにくいものです。また検査によって肝臓への負担がわかる場合もあります。
異変を感じたら病院でかかりつけの医師に必ず相談をすることをおすすめします。服用しているサプリを持参すると相談もスムーズです。

肝臓の負担になりにくい葉酸サプリとは?

ベルタ葉酸サプリ

肝臓に負担がかかる葉酸サプリは、添加物・石油系の原料・脂溶性ビタミンが配合されたものです。これらは摂取し続けることで体に蓄積され肝臓をはじめ胎児にも負担や悪影響を与える場合があります。これらが含まれていない葉酸サプリを選ぶことが大切です。
ベルタ葉酸サプリは、無添加・無着色はもちろん、厚生労働省が推奨するモノグルタミン酸葉酸を配合しています。さらに美容成分も配合され、栄養面と美容面の両方をサポートしてくれます。また様々な不安や質問にも答えてくれるサポートもしっかりしています。

肝臓に悪影響のでないように注意して葉酸サプリを飲もう

妊活、妊娠中は肝臓ためだけではなくあらゆる面で摂取するものに注意をする必要があります。必要だからとただ葉酸を摂取するだけではなく、どんな成分がサプリに配合されているか、原料に添加物が含まれていないかなど、購入し摂取する側の正しい知識と判断が必要になります。
不安がある場合は、かかりつけの医師に相談する、販売元に問い合わせるなど安心してサプリを飲むようにしましょう。