葉酸サプリの正しい飲み方やタイミングを紹介【注意点あり】

葉酸サプリは効果的に飲もう!

薬

葉酸サプリは妊婦が必要とする栄養を、気軽に摂取できる健康補助食品。ただ飲むだけでも充分な葉酸が摂取できますが、飲み方やタイミングにちょっとした工夫をすることで、もっと効率よく葉酸が摂れるって知っていましたか?

今回は葉酸サプリの正しい飲み方や、効率よく葉酸を吸収するためのタイミングなどについて、わかりやすくまとめてみました。

葉酸サプリを効率よく摂取する飲み方って?

葉酸サプリは便利なものですが、気軽に服用でき過ぎて、基本的なルールを見逃してしまっているかもしれません。もう一度、葉酸サプリの正しい飲み方についておさらいしておきましょう。

何と一緒に飲むのがいいの?

サプリメントはいわゆる医薬品ではないので、何と一緒に飲んでも問題はありません。水で飲むのが一般的ですが、水道水に含まれる殺菌作用のある塩素はデリケートな葉酸を始めとするビタミンに悪影響を与える可能性がありますので、ミネラルウォーターで飲むのがベスト。

吸収率を高める面では温めると良いのですが、熱は葉酸を壊しますので、ぬるめの白湯にするのがポイントです。

逆に何と一緒に飲んではダメ?

忙しいとついつい手近にあるドリンクで葉酸サプリを飲んでしまいがちですが、ドリンクに含まれるかカフェインやタンニンはせっかくの葉酸の吸収を妨げてしまいます。

せっかくの栄養を無駄にしないためにも、葉酸サプリは次のようなドリンクと一緒に飲まないように気を付けましょう。

  • コーヒー
  • 緑茶
  • 紅茶
  • ほうじ茶
  • ココア
  • 抹茶
  • コーラ

葉酸サプリはいつから飲み始めるべき?

ビタミンB群に属する葉酸は、遺伝子複製や血液の増産に欠かせない水溶性ビタミン。赤ちゃんに無脳症や二分脊椎などの先天性の神経管閉鎖障害が起きるリスクを軽減する効果があるため、赤ちゃんが欲しいと考え始めた段階で飲み始めることが大事です。

葉酸サプリを飲み始めるのに遅すぎるということはありません。計画妊娠ではない場合には、妊娠がわかった段階から飲み始めることをおすすめします。

葉酸サプリを飲むベストなタイミングは?

葉酸サプリは食事で不足しがちな栄養を補うための、健康補助食品。食事と同様に基本的にはいつ飲むかは本人の自由であり、処方箋のように飲む時間やタイミングに決まりはありません。

ただし、胃への負担を軽くして吸収率を高めるという意味では、葉酸サプリは食間に飲むのがおすすめ。余剰分は尿として排出されてしまうので、一度にまとめて飲むのではなく、1日分を数回に分けて飲むのがベストです。

1日に摂取すべき葉酸量は?

葉酸は妊娠中のママに欠かせない栄養素ではありますが、摂り過ぎは体に負担がかかります。1日に1mg(1000μg)以上の葉酸を摂取すると次のような過敏な反応が起きることもありますので、過剰摂取になることがないよう、用法・用量を守って安全に利用しましょう。

  • 食欲不振
  • 吐気
  • むくみ
  • 不眠

葉酸サプリの効果を上げるために一緒に取りたい栄養

薬

葉酸は体への吸収率が悪いのですが、吸収をサポートする効果のある栄養もあります。より葉酸を効率よく摂取したい場合は、次のようなサポート栄養をあわせて摂れるサプリを選びましょう。

ビタミンB12

ビタミンB12と葉酸はともに赤血球中のヘモグロビン生成に関わっていて、「造血ビタミン」と呼ばれる栄養素です。葉酸が体内で代謝して再生成する際に使われる酵素の働きをサポートすることで、葉酸の働きを助けます。

ビタミンB6

ビタミンB6はタンパク質を合成することで筋肉を増強し、葉酸とともに血液を作る栄養素。葉酸と同じビタミンB群に属し、体内で活性化した葉酸の代謝にも関わる相性の良い成分です。

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンの生成に関与する栄養ですが、体内での葉酸吸収率を向上させるのに欠かせません。粘膜を守って免疫を活性化させる効果もあるので、妊娠中は積極的に摂りたい栄養の一つです。

葉酸との飲み合わせに注意すべき薬

バツをする妊婦さん

妊娠中には安易に市販薬は飲めませんが、葉酸サプリには一緒に飲むことで葉酸の働きを阻害してしまう、次のような相性の悪い薬もあります。

アスピリン

発熱や頭痛を緩和する、解熱鎮痛剤として使われる薬剤ですが、体内に吸収された葉酸の働きを妨げる作用があることが知られています。

ピル

ピルは計画的に避妊をするだけでなく、生理の周期を整えたり、生理痛を緩和する目的でも使われますが、同時に摂取すると葉酸の効果を半減させてしまいます。

クロラムフェニコール

クロラムフェニコールはいわゆる抗生物質の一種で、感染症の治療などに使われる薬剤。体内の葉酸を破壊し、貧血を引き起こすことが知られています。

コレスチラミン・コレスチポル

コレスチラミンやコレスチポルは、コレステロールの数値を抑えるために使われる治療薬。葉酸を始めとするビタミン類の吸収を妨げる作用があるので、注意が必要です。

バルビツール

バルビツールは睡眠薬で、不眠症の治療などに使われます。この薬は体内の葉酸還元酵素の働きを弱め、葉酸の効果を半減させてしまいます。

その他の処方薬

その他にも、一般的に処方されている抗てんかん薬や抗炎症薬、抗生物質や抗がん剤などの中にも、葉酸サプリの効果を台無しにしてしまうものもあります。薬剤としての効果も低下する恐れがあるので、持病があって飲み薬の処方を受けている場合は一度医師に相談をして、安全を確かめておきましょう。

葉酸サプリを飲み忘れた時はどうすればいい?

妊婦さん
もし、健診などの外出や、昼寝などをしていて葉酸サプリを飲み忘れても、慌てる必要はありません。サプリは医薬品ではないので、飲み忘れに気付いた段階で飲めばOK。

ただし、昨日うっかり飲み忘れたからといって、今日2倍の量を飲むなんてことはNGです。摂取過剰に繋がりやすいので、1日の摂取量はしっかり守ることを心掛けましょう。

どんな葉酸サプリがオススメ?

葉酸サプリを選ぶ場合には葉酸の配合量だけでなく、ビタミンCやビタミンB12、ビタミンB6や亜鉛などのサポート栄養に注目することも大事。あわせて女性の体が不足しがちなカルシウムや鉄分も摂れれば、いうことはありません。

そのような意味で妊娠中におすすめなのは、ベルタ葉酸サプリ。体への吸収率が良いモノグルタミン酸型葉酸に加え、27種類のビタミン・ミネラルが豊富なので、厚生労働省が推奨する妊娠初期の葉酸の摂取量、1日あたり0.48mg(480μg)がでしっかり摂取できます。

正しい飲み方・タイミングで効果的に葉酸を摂取しよう!

身近なドラッグストアなどでも簡単に葉酸サプリが手に入りますが、なんでもいいというわけではありません。赤ちゃんのためにもしっかり成分を確認して選び、正しい飲み方やタイミングを摂ることで、葉酸を効率よく摂取していきましょう。