葉酸サプリはいつからいつまで飲むべき?妊娠時期ごとの必要量も紹介

妊娠中に葉酸が必要な時期はいつからいつまで?

妊娠すると、多くの妊婦さんが気にかけて摂取する栄養素の1つに葉酸が挙げられます。葉酸は、胎児の成長に大きく関わる大切な栄養素といえるでしょう。しかし、妊娠中に葉酸が必要だということは認識していても、いつからいつまで必要なのかは知らないという人も多いのではないでしょうか。今回は、葉酸サプリが必要な時期や必要量についてご紹介します。

そもそも妊婦さんへの葉酸の効果とは?

考える妊婦さん

葉酸を摂取することで、妊婦さんへはどのような効果が期待できるのでしょうか。
造血ビタミンとも言われる葉酸は、赤血球を生成するのに欠かせない栄養素です。妊娠中は子宮に血液が集中するため、貧血になりやすいといわれています。葉酸をしっかり摂取することで、貧血予防が期待できるでしょう。

また、先天性異常が原因の流産リスクを下げる効果もあることが分かっています。これは、胎児の脊髄や脳が正常に成長するようサポートし、先天性異常を防ぐ働きが葉酸にあることからです。特に、神経管閉鎖障害の発症リスクの軽減に役立つといわれています。

葉酸はつわりの軽減にも役立つとされています。つわりの原因は様々ですが、その1つにストレスからくる自律神経の乱れが挙げられ、改善するためには、精神面の安定が効果的です。葉酸には、脳神経に働きかけてリラックスした気持ちにさせる効果もあるため、つわりのある方は試してみるとよいでしょう。
その他、葉酸はタンパク質の合成を促す働きに関わっているため、免疫細胞や粘膜を強化し、免疫力を高める効果も期待できます。

妊娠中に葉酸サプリはいつからいつまで飲めばいい?

葉酸サプリが必要なのは、妊娠中ずっとだと思っていませんか?実は、葉酸が胎児の成長に大きく関わるのは、妊娠の初期段階だけなのです。その後の摂取は、母体への効果を目的とすることをおすすめします。では一体いつからいつまで飲めばよいのでしょうか。

葉酸サプリはいつから飲むべき?

葉酸サプリを飲み始めるベストなタイミングは、妊娠を希望した時だといわれています。これは、妊娠が分かった時点で、体内の葉酸量が十分でなければならないからです。葉酸が胎児の脊髄や脳の成長に大きく影響を及ぼすのは、妊娠前から妊娠8~11週までといわれています。

もし妊娠が分かった時点不足していると、脊髄や脳の成長が終了している場合もあるのです。そのため、できれば妊娠希望日の1ヵ月ほど前から飲み始めることをおすすめします

葉酸サプリはいつまで飲むべき?

葉酸は、胎児の脊髄や脳の成長に欠かせない栄養素であるため、妊娠3か月までは積極的に摂取する必要があります。妊娠中期や後期になると、母体の健康を目的に摂取することが推奨されています。

妊娠していると、血液を使って栄養や酸素を胎児へと届けるため、貧血になりやすい状態です。そのため、妊娠中期や後期にも葉酸の摂取はマストといえるでしょう。また、血液をもとに生成される母乳のためにも、葉酸の摂取は欠かせません。このことから、授乳期間が終了するまで葉酸サプリを飲むことをおすすめします。

妊娠4ヶ月以降は摂取しなくていい?

厚生労働省では、葉酸摂取の重要期を妊娠3~4ヵ月頃までとし、妊娠4ヵ月以降は妊娠前よりも多く摂取することを示しています。

妊娠3~4ヵ月以降に葉酸が不足してしまうと、胎児の成長が遅れて低体重になる可能性があるのです。また、葉酸は赤血球の材料でもあるため、不足すると母体の悪性貧血を引き起こすリスクが高まります。妊娠4ヵ月以降も、480μgを目安に摂取するよう心がけましょう。

産後の授乳期にも葉酸は摂取すべき!

葉酸は、産後の授乳期にも必要な栄養素です。血液を生成する役割のある葉酸は、母乳を作る材料ともいえます。葉酸を十分に摂取すると、造血作用や血行促進作用によって、質のよい母乳がたくさん作られ、赤ちゃんにしっかり栄養を届けることができるのです。

厚生労働省では、18~49歳の授乳中の人は、1日に340μgの葉酸を摂取するよう推奨しています。小見出しに関して詳しく説明をしてください。

妊婦さんに必要な葉酸の摂取量

妊婦さんに必要な葉酸の摂取量は、妊娠の時期によって異なります。せっかくサプリで葉酸を摂取しても、不足してしまったのでは意味がありません。それぞれの時期で、どのくらい葉酸が必要なのかを確認しておきましょう。

時期 葉酸の摂取量
妊娠前  0.48mg/日
妊娠初期   0.48mg/日
妊娠中期   0.48mg/日
妊娠後期   0.48mg/日
産後  0.34mg/日

葉酸は男性も摂取しましょう

妊活を考えている場合、女性だけでなく男子の葉酸摂取も必要だといわれています。精子の分裂によって決定する奇形を防ぐ効果があるためです。葉酸は精子の分裂に関わっており、染色体異常を防いで奇形リスクを下げるといわれています。妊娠力を高めるためにも、夫婦での葉酸摂取がおすすめです。

男性はいつからいつまで摂取すべき?

妊活中の女性は1日0.48mgの葉酸摂取が必要といわれていますが、男性は1日あたり0.24mgの葉酸を摂取することが進められています。

女性は妊娠する1ヵ月ほど前からがベストといわれていますが、男性は3ヵ月前からがベストだそうです。これは、精子が生成されるまでに3ヵ月ほどかかるためです。染色体異常のリスクをより低くするためにも、妊活の3ヵ月前から毎日意識して摂取するよう心がけましょう。

必要な時期に葉酸サプリを飲まなかったらどうなる?

OKする妊婦さん

葉酸が不足すると、母体が悪性貧血になるリスクが高まります。立ちくらみや疲労感、動悸、息切れなどが主な症状です。また、メンタルヘルスとの関係が深い栄養素であるため、精神安定に関わる神経バランスが乱れ、不眠やうつ、イラつきなどを引き起こすこともあります。胎児への影響としては、任初期に脳や脊髄が成長する時に異常が発生する神経管閉鎖障害が挙げられます。

ただし、不足したからといって必ずしもこのような状態になるわけではありません。気付いた時に葉酸サプリを飲み始めても遅くないのです。今からでも是非始めましょう!

妊婦さんにおすすめの葉酸サプリはこれ

現役ママたちの声を集めて作ったベルタ葉酸サプリは、おすすめの葉酸サプリ。0.4mgの葉酸が配合されているため、1日に必要とされる葉酸の9割以上を摂取することができます。さらに、鉄分やカルシウムも配合。妊娠中に不足しがちな栄養をまとめて摂ることができるのです。6種類の美容成分や21種類の野菜が配合されているのも嬉しいですね!無添加なので、授乳期にも安心して飲めますよ。

【結論】葉酸サプリは気付いた時から飲み始めましょう

葉酸サプリは、妊活中や妊娠中、授乳中の強い味方です。特に妊娠3ヵ月までは、胎児の健やかな成長のためにも積極的に摂取したいですね。気付いた時が始め時!是非夫婦で葉酸サプリを飲み始めてみませんか?

この記事のカテゴリー: カテゴリー葉酸