妊婦さんにはもずくがおすすめ!妊娠初期に大切な葉酸も摂れる…?

もずくは妊婦さんにおすすめ!

もずく

健康に関心のある人の中で常に話題になっているもずく。
実は妊婦さんにも良い効果があるんですよ。

つるっとしたのどごしで食べやすく、酢醤油をかけるだけで簡単に調理が完了するもずくは、妊娠中に食欲がない時にもおすすめの食材!
今回はもずくが妊婦さんにどのような効果を与えてくれるのか、先輩ママの声も交えながら詳しくお伝えしていきますね。

妊娠中にもずくを食べていた妊婦さんの声

赤ちゃんと妊婦さん

もずくの健康効果に注目している妊婦さん、実はもうたくさんいるんです!
妊娠中にもずくを食べていた妊婦さんの声をお届けしますね。

海藻類は食べた方がよいと 助産師さんにいわれました(^^)

出典:妊娠中はもずくやめかぶなどは食べても良いのでしょ… [ママリ] ママの一歩を支えるQ&Aアプリ

海藻類は栄養たっぷりなので妊婦さんは食べるべきです(n´—`n)

出典:妊娠中はもずくやめかぶなどは食べても良いのでしょ… [ママリ] ママの一歩を支えるQ&Aアプリ

私は甲状腺の数値的にあまり海草類を食べ過ぎないようにと忠告されています(>_<)

出典:妊娠中はもずくやめかぶなどは食べても良いのでしょ… [ママリ] ママの一歩を支えるQ&amp;Aアプリ

もずくは見た目のイメージだけでもかなりの健康効果が感じられる食材ですが、実際に助産師さんからオススメされたという妊婦さんもいるようです!
もずくは海藻ですから、とっても栄養豊富。
ただし人によっては摂りすぎに注意する必要もありそうです。
こちらのお話はまた後でしますね。

そもそももずくとは?

妊婦さん

もずくという食材自体はほとんどの人が知っていると思いますが、その正体が一体何なのか気になる人もいるかもしれませんね。

もずくは、日本では沖縄で昔から食べられてきた海藻。
わかめやひじき、海苔などの仲間だと思ってください。
ちなみに、国内で売られているもずくの多くは沖縄産なんですよ。

他の海藻類は煮たり湯がいたりしないと食べられないものも多いですが、もずくはそのまま酢醤油で食べられるお手軽さが魅力。
スープや卵焼きの具など、火を通すお料理に使ってもおいしいですよ。
妊婦さんだけでなく色々な人におすすめしたい食材です。

妊娠中にもずくを摂るメリット

妊婦さん

健康に良いもずくですが、妊娠中に摂取したほうが良いと言われる根拠をご紹介しましょう。

①整腸作用と便秘予防

もずくはヌルヌルした食感が特徴的ですよね。
実はあのヌルヌルの正体は、フコイダンやアルギン酸といった食物繊維なんです。
食物繊維と言えば便秘予防や解消に効果的。
妊娠中はどうしても便秘になりやすい時期ですから、もずくはそんな妊婦さんの味方になってくれるというわけですね。
またアルギン酸には整腸作用もありますので、さらに便通を良くする働きが期待できます。

②髪やお肌を健康に保つ効果

先ほどご紹介した「フコイダン」という成分には、悪玉コレステロールや活性酸素を減少させる効果があります。
悪玉コレステロールや活性酸素は体を老化させる原因にもなる物質。
ですからもずくにはお肌をはじめとした全身のアンチエイジング効果が期待できるというわけなんですね。

さらにこのフコイダン、髪の毛の成長に必要なFGF-7というたんぱく質の生成を助ける働きもあります。
ですから、妊婦さんが悩みがちな抜け毛の予防も助けてくれますよ。

関連記事

妊娠初期の抜け毛の原因と対策方法【産後まで続くかも?】

③免疫力の向上

フコイダンの効果はまだまだあります。
実はフコイダンには体に菌が入った時に攻撃してくれるNK細胞を活性化させる効果があります。
つまりフコイダンには免疫力を向上させる効果が期待できるんですね。

妊婦さんにとって妊娠中の病気は絶対に避けたいもの。
もずくを食べて免疫を上げて、赤ちゃんを守りましょう!

もずくの食べ過ぎに注意!

口を抑える女性

妊婦さんの健康に良い効果をもたらしてくれるもずくですが、あまりに食べ過ぎてしまうと体に副作用が出ることがあります。

まず考えられるのが、下痢や便秘。
これは主にもずくに酢をかけて食べる人に起きるのですが、酢を過剰に摂取すると酢に含まれるアルコールが体に負担をかけてしまいます。
副作用が出なくても、妊婦さんはアルコールに気を付ける必要がありますので注意してください。

またもずく自体にもちょっと注意があります。
もずくは海藻の一種ですが、海藻には「ヨウ素」という成分が多く含まれています。
ヨウ素は適量なら大いに健康効果を発揮してくれるのですが、摂りすぎると逆に甲状腺の疾患につながるおそれがあるとされているんです。

妊娠中の甲状腺疾患は胎児にも悪影響が出ますから、もずくの摂りすぎにはぜひ注意してください。

1日にもずくをどのくらい食べてもいいの?

ヨウ素の健康的な摂取量の目安は、1日あたり0.095mg程度と言われています。
上限は3mgとされていて、それ以上の摂取は望ましくないとされているんですよ。

一方、もずく80gあたりにはヨウ素が1.2mg含まれていると言われています。
80gというと一般的に売られているもずく酢1パック程度ですよね。
つまり、もずくを1日に1パック食べればそれだけで摂取量の目安をクリアできるということになります。

逆に3パック以上食べてしまうと、ヨウ素の過剰摂取につながる可能性がありますから気をつけてください。

もずくが含む葉酸の量はすごく少ない

もずくが妊娠中の妊婦さんに良いというお話をしてきましたが、妊娠中に積極的に摂りたい栄養素と言えば葉酸!
もずくにも葉酸は含まれているのでしょうか?

残念ながら、もずく100gあたりの葉酸含有量は約2㎍。
妊娠中の1日あたりの葉酸摂取量の目安は480㎍ですから、もずくで葉酸を補おうとしても全く足りないことがわかりますよね。

妊娠中の葉酸は、もずく以外の方法で摂取したほうが良さそうです。

妊娠初期に特に必要な葉酸はサプリから摂取しよう

薬を見る妊婦さん

葉酸は妊娠中、特に初期には非常に大切な栄養素。
ですがもずくを始めとした食品から十分な葉酸を摂取しようと思うと、かなりの量を食べなくてはなりません。
妊娠初期は食欲が湧かない妊婦さんも多いと思いますから、これはちょっと負担ですよね。

そこでおすすめしたいのが葉酸サプリです。
葉酸サプリにはその名の通り葉酸が十分に配合されていますし、その他にもビタミンやミネラルといった妊娠中に必要な栄養素がバランスよく含まれています。
錠剤を飲むだけですから食欲のない妊婦さんでも手軽に栄養が摂取できますし、ぜひ葉酸サプリを活用してください!

もずくを使って辛い妊娠期間を乗り越えよう!

妊婦さんともずくについて、いかがだったでしょうか。

もずくには妊娠中に役立つ成分がたくさん含まれていますが、食べ過ぎると逆効果にもなってしまいます。
ぜひ適量を守って食べていってくださいね。

妊婦さんの体の助けになってくれるもずくを使って、ぜひ妊娠中のしんどい期間を乗り越えてください。
そして、元気な赤ちゃんを産んでくださいね!