糖尿病対策には葉酸を!妊婦さんが特に摂取すべき理由

葉酸は糖尿病による合併症に効果的!

葉酸は胎児や妊娠中の女性の健康をサポートするだけでなく、全ての人の体が必要としているビタミンです。習慣的に摂取すればさまざまなリスクを回避することができますが、なかでも効果が高いのが、糖尿病に対する効果です。こちらでは糖尿病の危険性や、葉酸が糖尿病に及ぼす効果などについて、詳しくご紹介していきます。

糖尿病ってどんな病気?

考え込む女性

「糖尿病」とは、脾臓で作られるインスリンが十分に作用せずにブドウ糖がエネルギーとして消費されず、血液中に高い濃度で溶け込んでしまう病気です。「生活習慣病」の一つとも言われていますが、糖尿病は中高年だけが発症する病気ではありません。

10代でも妊娠中でも発症する可能性がありますし、一度発症すれば一生治療を続けなくてはいけない、怖い病気なんですよ。失明などの合併症が起きるリスクもありますので、糖尿病の危険性をしっかり理解しておきましょう。

初期段階は自覚症状がほとんどない。

糖尿病のこわいところは、初期段階でほとんど自覚症状がなく、治療が遅れてしまいがちなところにあります。気がつかないまま病気が進行し、突然病魔となって襲い掛かってくる可能性が高いので、次のようなことで「いつもと違うな?」と感じたら、できるだけ早めに健診を受けるように心掛けてくださいね。

  • 尿の量が多くなった
  • やたらとのどが渇く
  • 短期間のうちに体重が減った
  • 疲れやすくなった

糖尿病対策に葉酸を摂取すべき理由

糖尿病はもともとの体質に加えて過食や肥満、ストレスや運動不足、加齢などをきっかけに発症することが多いです。動脈硬化や心筋梗塞などの合併症のリスクも高いので、葉酸を活用して予防していきましょう。さまざまな方法のなかでも、なぜ葉酸がおすすめなのか、詳しく解説していきます。

①生活習慣病の予防に効果がある

糖尿病は同じ生活習慣病である高血圧や脂質異常などの病気とも、密接なつながりがあります。葉酸には新しい健康な血液を作り出す働きがあり、糖尿病だけでなくさまざまな生活習慣病に対しても予防効果がありますので、総合的に病気から体を守ってくれますよ。

②ホモシステインの増加を抑え、インスリンが活性化する。

糖尿病を発症すると血中のホモステイン濃度が高くなるのですが、葉酸はホモステイン値を下げてインスリンを活性化させる効果があることがわかっています。ホモシステインはメチオニンの代謝過程で生成されるアミノ酸ですが、動脈硬化や心疾患とも深いつながりを持っていますので、葉酸で正常値に戻していきましょう。

③妊娠中でも安心して摂取できる

葉酸はビタミンB群に属する水溶性のビタミンで、身体がデリケートな妊娠中でも安心して摂取できる栄養です。妊娠中はつわりなどで十分な食事が取れないことも多いのですが、葉酸サプリなら効率よく、確実に必要な量を摂取することができますよ。

葉酸と合わせて糖尿病予防で気をつけたいことは?

葉酸は確かに糖尿病の危険から私たちを守ってくれますが、頼りきりはいけません。病気を引き起こしている生活習慣を改めない限り、糖尿病の発症リスクからは逃れることができませんので、葉酸で予防をするのと並行して次のような自分の生活態度も見直してみてくださいね。

①食事に注意

私たち日本人はもともとインスリンの分泌量が少なく、甘いものや油っこい料理などのカロリーの高いものを食べ続けていると脾臓に負担がかかり、糖尿病を発症しやすくなります。食事は栄養バランスよく3食しっかり摂り、1日に必要とするカロリー以上の暴飲暴食をしないように心掛けましょう。

②適度な運動を心がける

糖尿病の予防には、食べ物から摂取したブドウ糖をしっかり消費することが大事です。適度は運動は心臓や灰を鍛えて病気に負けない強い体を作ってくれますので、ウォーキングなどの適度な運動を心掛けましょう。激しい運動ができない妊婦さんでも、ヨガなどの軽めの運動を毎日することが大事ですよ。

こんな人は要注意!糖尿病になりやすい人とは

ビールで酔い潰れる女性

糖尿病は誰でも発症する可能性がありますが、特に病気にかかりやすい人もいます。糖尿病になりやすい人の特徴をご紹介しますので、自分が当てはまっていないか、チェックしてみてくださいね。

①良くない生活習慣で過ごしている

日本の糖尿病患者の大半は、好ましくない生活習慣がきっかけで糖尿病を発症しています。偏食や極端のダイエットで栄養が偏っている、規則正しい食事ができていない、車を使うことに慣れて全く運動をしない生活をしていると糖尿病だけでなく他の生活習慣病の発症リスクも高くなってしまうので、葉酸を活用するとともに生活を見直していきましょう。

②強度の尿糖陽性が一度でも出たことがある

尿検査をきっかけに糖尿病を疑って血液検査をしたものの、血糖値に異常は見られずに「ホッ」と胸をなでおろす人も多いのですが、油断は禁物です。尿糖も血糖値も計測した状況によって変動が大きいので、一度でも尿糖陽性が出た場合には油断せずに受診を続けて、経過を観察してくださいね。

③妊婦さん

糖尿病になりやすい人の中でも、一番発症リスクが高いのは妊娠中の女性です。妊娠中は胎児に栄養やエネルギーを送るために母体はかなりの負担を強いられていて、糖の分解能力が低下してしまいます。過去の妊娠で妊娠高血圧症候群と言われた人は特にリスクが高いので、しっかり予防していきましょう。

葉酸サプリで糖尿病を防ごう

葉酸は美容に良いだけでなく、怖い糖尿病からも守ってくれる、心強い味方です。葉酸はほうれん草やレバーなどに含まれていますが含有量が少なく、食事だけでは不足しがちな栄養です。体への吸収率が良い状態で葉酸を配合した「葉酸サプリ」を活用して、糖尿病を予防してくださいね。

この記事のカテゴリー: カテゴリー葉酸