【新事実!?】葉酸でタバコの害をなくせるって本当?

葉酸を摂ればタバコを吸っても害はない….?

葉酸は胎児の先天性異常のリスクを減らしたり、妊婦の健康を助けたりするため、タバコを吸ってもその害を帳消しにしてくれる!というのは間違いです。胎児も妊婦も健康を守るためには禁煙は必須です!

葉酸でタバコを無害にすることはできません。

葉酸を摂取すると、タバコの害が帳消しになるというのは全くの間違い。むしろタバコを摂取することで体内の葉酸濃度が下がってしまうことをご存じでしょうか。
妊娠中に葉酸濃度が低くなってしまうと、流産や先天奇形が発生するリスクが高まります。
また、生まれた後に発育に問題が生じることもあるのです。いくら胎児や自分のために葉酸を摂取していても、タバコを吸っている限り全く意味がありません。喫煙の習慣がある人はすぐにでもやめた方が良いでしょう。

妊婦さんがタバコを吸うべきではない理由

妊娠すると、タバコを吸うべきでないということは知られていますが、タバコが胎児にどのような影響を及ぼすかをご存じでしょうか。ご紹介します。

①胎児が酸素不足になる

喫煙すると、ニコチンによってへその緒や胎児の血管が収縮してしまい、血流が悪くなり、胎児が酸素不足になってしまいます。同時に、母体の血液に一酸化酸素が大量になじるため、胎児にも一酸化炭素が届いてさらに酸素不足の状態になるのです。極端な言い方をすると、胎児の首を絞めている状態と同じといってもよいでしょう。その結果、早産や自然流産、周産期死亡リスクが高まり、発育の妨げにもなるため、出生時に脳などの臓器が小さかったり、体重や身長が小さかったりします。

②胎児が栄養不足になる

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させる働きがあります。血管が収縮するということは、胎盤を通して胎児へと栄養を送る血管も収縮しているということです。その結果、子宮への血流が悪くなって胎児は栄養不足となってしまいます。また、ニコチンは胎盤のろ過機能を通過してしまうため、胎児もニコチンの影響を受けてしまうというリスクも。栄養不足の結果、低体重出生や乳幼児突然死症候群などのリスクが高まります。

タバコによる葉酸・酸素不足によって起こりうるリスク

タバコを吸うことによって、葉酸などの栄養や酸素が不足し、胎児や出産に様々な悪影響を及ぼします。起こってしまってからでは遅いのです。一体どのようなリスクが生じるのでしょうか

①胎児の先天性異常

タバコに含まれる一酸化炭素やニコチン、タールなどの影響によって起こる可能性があります。また、喫煙による血管収縮も原因の1つに。これらの有害物質は、催奇性があるため、胎児の腹壁や心臓の奇形が増加するといわれています。また、亢進口蓋裂のリスクも高まる可能性があるそうです。

②流産・早産

タバコを吸うと、流産のリスクは約1.5倍になるといわれています。特に、20歳以下と40歳以上でkン緒に影響が現れるということが分かっています。同時に、10本/1日以上の喫煙により、早産のリスクも妊娠33~36週だと1.4倍に、32週以下だと1.7倍になるそうです。1~9本/1日でも33~36週だと1.2倍、32週以下だと1.4倍に早産リスクが高まります。流産や早産は、ニコチンが持つ交感神経興奮作用によって、子宮収縮が促進されるためだと考えられています。

③分娩異常疾患

タバコによって体内の血流が悪くなったり、酸素が胎児へとしっかり届かなくなると、胎盤や子宮の血液循環が悪くなり、胎盤の機能が低下してしまいます。すると前置胎盤や胎盤早期剥離といった分娩異常疾患の発生リスクが高まるのです。

④低体重児の出産

タバコを吸うと、栄養や酸素が十分に胎児へと届かなくなり、胎児の発育遅延を招く可能性がかなりの割合で高まるといわれています。その結果、低体重児を出産することになるのです。妊娠中の喫煙者は、非喫煙者に比べて約2.5倍の確率で低体重児を出産するというデータがあります。

葉酸摂取時は副流煙も避けましょう

自分がタバコを吸わないからといって、安心できるわけではありません。実は、他の人が吸っている副流煙にも危険が潜んでいるのです。副流煙を吸うと、自分でタバコを吸った時の倍以上のニコチンが体内に入るといわれています。その結果、低出生体重児で出産する可能性が上昇するという研究報告があります。家族など身の回りに喫煙者がいる場合は注意が必要です。

妊婦さんはいつからいつまで禁煙するべき?

妊婦が禁煙するべき期間はいつからいつまでなのでしょうか。喫煙習慣のある人は、出産と同時に喫煙を始めたい!と思うかもしれません。しかし、それで本当によいのでしょうか。

いつから禁煙したほうがいい?

禁煙するのは、妊活を始めようと決めたその日からです。葉酸など妊婦に必要な栄養は、妊活前から摂取する必要があるため、その段階で禁煙しておかないと、せっかく摂取した栄養が無駄になってしまいます。妊娠早期に禁煙すると、ほぼ正常な出生時体重に生まれますし、早産率も低くなることが研究で分かっています。

葉酸も妊娠前からの摂取が必要なので妊娠前から禁煙すべきことを伝えてください。

いつまで禁煙したほうがいい?

禁煙すべき期間は、妊娠中だけではありません。出産後、母親が吸ったタバコの煙は、赤ちゃんが受動喫煙してしまいます。吸っている母親よりも、倍以上多い量のニコチンんを赤ちゃんが吸うことになってしまうのです。大人に比べ、赤ちゃんにとってニコチンの健康への影響は大きいです。また、授乳する場合、ニコチンは母乳に混じってしまいます。授乳期間が終了すれば喫煙してもよいという意見もありますが、できればそのまま禁煙を続けることをおすすめします。

どうしてもタバコがやめられない女性は…

頭痛・めまい(女性)

まずはこの日までに禁煙する!という日を設定し、その日に向けて少しずつ本数を減らしていきます。常に禁煙すべき理由を確認できるよう、目につく場所に赤ちゃんのために禁煙しているということを書いて貼っておくのもおすすめです。さらに、周りの人に禁煙の意思を伝え、サポートしてもらいましょう。普段の食生活で摂取した栄養は、タバコを吸っている間行き届かないため、葉酸サプリなどでいつも以上にしっかり摂取することも忘れずに。

タバコと葉酸の関係を正しく把握しましょう

妊婦さん

葉酸を摂取したからといって、タバコを吸っても胎児への影響がないというわけではないことがお分かりいただけたでしょうか。どのような状況でも、タバコを吸うことは、胎児や母親自身の健康を損なう危険性があるのです。そのことをしっかり頭に置き、禁煙できるといいですね。

この記事のカテゴリー: カテゴリー葉酸