葉酸はなぜ妊娠前から必要なの?妊娠への準備で得られる効果とは

葉酸は妊娠前からの摂取がベスト!

今、妊活で話題となっている葉酸という水溶性ビタミンをご存知ですか?

日本の厚生労働省では、妊娠中の女性に葉酸サプリの積極な摂取を呼び掛けています。そのため、妊娠がわかってから葉酸を意識し始める女性が多いのですが、実は、葉酸が本当に必要なのは「妊娠する前」なんです!

今回は葉酸が妊娠準備期の女性に与える効果や、葉酸の正しい摂り方などについて、詳しくご紹介していきます。

葉酸は妊娠するどれくらい前から飲めばいい?

葉酸はビタミンB群に属する、水溶性のビタミンです。遺伝子の複製を助け、血液を作るのにも欠かせない栄養として、妊娠初期は通常の2倍の葉酸を摂取する必要があるのですが、妊娠・出産に関連して葉酸を摂取するのであれば、妊娠する一ヶ月前から葉酸サプリを飲み始めることをおすすめします。

妊娠前から葉酸を摂取すべき理由

なぜ葉酸を妊娠準備期から始める方が良いかというと、葉酸には、赤ちゃんの先天的な奇形である「神経管閉鎖障害」の発症リスクを下げる効果が期待できると言われているからです。

女性の体に宿った胎児の神経管が形成されるのは、受精してから一ヶ月の間です。妊娠がわかってから葉酸を摂ったのでは、葉酸は赤ちゃんの神経管の形成に良い影響を与えることができないんですね。葉酸は妊娠を意識した段階で、早めに摂取を始めた方がいいことがわかります。

葉酸はいつまで飲めば良い?

では、葉酸は頼時の神経管が形成される妊娠初期だけ飲めばよいのかというと、そうではありません。葉酸は積極的に摂ると妊娠中に起こり易い貧血を予防することができますし、母乳量を増やし、母乳を通して生まれた赤ちゃんの成長にも良い影響を与えることがわかっています。

必要量は妊娠時期によっても変わりますが、葉酸は妊娠中を通して、産後まで継続して摂取していくことが大事ですよ。

妊娠前の葉酸摂取により得られる効果

妊娠がわかってからよりも、妊娠の準備期間の方が必要とされる葉酸ですが、妊娠前から摂取することで、どのような効果が得られるのでしょうか?母体と胎児への効果をあわせてご紹介していきましょう。

⑴神経管閉鎖障害のリスクを減らす

「神経管閉鎖障害」とは、胎児期に神経管が正常に形成されずに、脊髄神経や脳神経の機能の発達を妨げてしまう重い障害です。脳に影響がでれば無脳症、神経に影響がでれば二分脊椎症となり、赤ちゃんの運動や排泄機能に支障がでてしまうのですが、葉酸には遺伝子の正常な複製と細胞の分裂を促す効果がありますので、神経管閉鎖障害の発症リスクを減らすことができるのです。

⑵発達障害・自閉症のリスクを減らす?

葉酸と発達障害や自閉症との関連は医学的に解明されていないのですが、妊娠期の葉酸摂取は胎児の脳の健やかな形成もサポートしますし、自閉症リスクをあげている活性酸素を除去する効果があります。葉酸には子供の発達障害や自閉症のリスクも減らす効果があるという研究結果も報告されていますので、積極的に活用したいですね。

⑶妊娠時のつわりや貧血の予防

葉酸が属するビタミンB群にはホルモンバランスを調整する作用がありますし、葉酸には「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンの分泌を促す作用がありますので、葉酸は妊娠中のつわりの軽減も期待できますよ。妊娠前から葉酸を摂取していれば、危険な妊娠中の貧血をふいで、健康的な生活をサポートします。

妊娠前からの葉酸摂取を欠かさないためにはどうすればいい?

赤ちゃんは授かりものですから、「妊娠はまだまだ先のこと」と考えている時に妊娠してしまうこともよくありますよね。事前に夫婦で計画して妊娠をするのでなければ、準備段階から葉酸を摂取するのは難しいようにも思えますが、葉酸には女性を美しくする美容効果や、動脈硬化を予防する健康効果など、体に良いさまざまな効果をあわせ持っています。

女性だけでなく男性にとっても必要な栄養なので、いつ妊娠しても大丈夫なように、普段から夫婦で葉酸を摂取することをおすすめします。

妊娠前の葉酸摂取における注意点

葉酸は母体・胎児両方の健康に欠かせない栄養素ではありますが、、一日の摂取上限量1mg(1000μg)を超えて葉酸を摂り過ぎれば、次のような悪影響が出るリスクがあります。

【考えられる4つのリスク】

  • 食欲不振
  • 吐気
  • むくみ
  • 不眠

妊娠中の女性の体はデリケートなので、こういったリスクも受けやすい状態だといえますね。成人女性の場合は1日あたり0.24mg(240μg)、妊娠初期は1日あたり0.4mg(400μg)が葉酸の摂取量の目安ですから、食事とサプリとを合わせて摂取過剰にならないよう、気を付けていきましょう。

妊娠後に葉酸を摂りはじめても遅い…?

「葉酸は妊娠前に飲む方が良い」と聞くと、慌ててしまう妊婦さんもいるかもしれませんが、心配する必要はありません!葉酸は妊娠前のから飲む方が「より効果が高い」だけであって、妊娠がわかってから摂取を初めても素晴らしい効果が得られます。

また、葉酸は常に私たちの体が必要としている栄養なので、飲み始めるのに遅すぎることはありません。妊娠がわかった時から飲み始めても決して遅くはありませんので、妊娠中は積極的に葉酸を体に取り入れていきましょう!

妊娠前の葉酸摂取はサプリメントで!

葉酸は食材にも含まれており、葉酸はほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜や、レバーなどに含まれているのですが、残念ながら含有量が少なく、身体への吸収率も悪いので、食事からだとどうしても葉酸は不足しがちです。

しかし、葉酸サプリなら葉酸を体に吸収しやすい「モノグルタミン酸型葉酸」のかたちで配合しているので、簡単に必要量を摂取でき、効率が良いと人気です!

妊娠前から葉酸を摂取して安心の妊活ライフを送りましょう

厚生労働省でも、葉酸を普段よりも多く必要としている妊婦に対しては、葉酸サプリの摂取を推奨しています。妊娠前から便利な葉酸サプリを活用して、健やかな赤ちゃんを育んで、快適な妊娠生活を過ごしましょう。

この記事のカテゴリー: カテゴリー葉酸