妊娠超初期・初期は筋肉痛に似た痛みが生じる?原因や対策は?

妊娠超初期・初期は筋肉痛のような痛みが生じやすいです

お腹をおさえる女性

赤ちゃんがお腹に宿った妊娠初期や自覚症状のない超初期には、筋肉痛のような痛みを感じる女性が多いです。

多くの場合問題はないのですが、だからといって放っておくと体に負担がかかりますし、間違って市販の痛み止めを飲むなどの好ましくない行動を起こしてしまうかも・・・。

今回は妊娠初期や超初期に起きる筋肉痛様の痛みの原因を解説しながら、正しい対処法などについてご紹介していきます。

これから赤ちゃんが欲しいと考えている人も、ぜひチェックして老いてください。

妊娠超初期・初期に筋肉痛に似た痛みが起こる原因は?

考える妊婦さん

妊娠初期や超初期に起きる痛みの原因には、妊娠初期特有の次のような体の変化が影響しています。

①リラキシンホルモンの増加

受精卵が子宮内に着床すると女性の体はすぐに出産の準備を始めます。

骨盤を開いてスムーズなお産を進めるホルモン、リラキシンホルモンの分泌増加が始まるのもこの時期。

出産に向けて骨盤を緩めようとするのですが、このホルモンの働きで関節や靭帯に急激な負荷がかかるため、身体のさまざまな部位で筋肉痛のような痛みが起きます。

②子宮が大きくなるため

妊娠初期の胎児はまだまだ小さいのですが、子宮は赤ちゃんの成長を見越してどんどん大きくなっていきます。

その経過で子宮を支えている筋肉や靭帯が引っ張られたり、子宮が周辺の部位や内臓を圧迫したりするので、ひきつれたような痛みやチクチクとした痛みを感じることがあります。

③むくみによる痛み

妊娠すると子宮内に羊水をとどめるために、女性の体は水分をため込もうとしてむくみやすくなります。

特に重力の作用で下半身周りには水分がたまりやすく、血管や筋肉組織を水分が圧迫するので、突っ張るような圧迫感のある痛みが起こりやすくなります。

④自律神経の乱れ

妊娠を維持するためには通常よりも多くの女性ホルモンが必要になり、妊娠初期はホルモンバランスが乱れがち。

そのため自律神経系までダメージを受けてしまい、全身の血行が悪くなることがあります。

そうなると筋肉組織に負荷がかかってしまい、持続性のある、筋肉痛に似た強い痛みが続くのです。

妊娠超初期・初期の筋肉痛に似た痛みを改善する方法3選!

OKする妊婦さん

こういった痛みは妊娠期間がすすむにつれて緩和されていきますが、無理に我慢する必要はありません。

日頃の心がけで早めに解消することができますので、自分の生活習慣も見直していきましょう。

①軽い運動を行う

妊娠初期はまだ着床が完全ではないため激しい運動は控えたほうが良いのですが、適度な運動は全身の血行を促進して痛みの緩和に効果的です。

体調や経過さえよければ、毎日30~40分程度の無理のないウォーキングで体を動かしましょう。

骨盤まわりの痛みや関節の軋みを改善するためには、ヨガやストレッチなどもおすすめ。

骨盤の位置を正常に戻すことで、痛みのやわらぎますし、下半身周りの筋肉が鍛えられることでお産がスムーズに進行するという嬉しい効果が期待できます。

②身体を温めて血行を促進させる

スポーツ後の筋肉痛が緩和できるように、体を温めるのも妊娠初期の痛みをやわらげるのに効果的です。
シャワーではなく湯船につかって、体を芯から温めましょう。

とはいえ長時間の入浴は妊婦さんの体や心臓に負担をかけますので、無理はいけません。

遠赤外線マットや暖房器具を使って、じっくりと体を温めるのも良い方法です。

③食事内容を工夫する

もちろん、食生活も大事です。まずはむくみが起きるのを防ぐため、塩分はひかえめを心掛け、ほうれん草やバナナ、アボガドなどの塩分を排出するカリウムが豊富な食材を積極的に摂りましょう。

この3つの食材は受精卵の正常な分割を促す葉酸も、あわせてしっかり摂ることができます。

ビタミンEやビタミンB群、ミネラルなどの栄養は、血行促進効果やむくみの改善、自律神経を整える効果が。

つわりが始まって食事をとるのが大変な時期とも重なりますので、妊婦さん向けのサプリメントなども活用して、必要な栄養を摂取するといいでしょう。

子宮周りの痛みがひどかったり治まらない場合は産婦人科へ

お腹が痛む妊婦さん

妊娠初期や超初期の筋肉痛様の痛みは多くの場合問題はないのですが、次のような場合は何らかの危険な症状の前兆である可能性もあります。

  • 一日中傷みが続く
  • 日常生活に支障が出るほど痛みが強い
  • 妊娠週数が進んでも痛みが改善されない
  • 出血している

こういった場合は卵巣の腫れや、切迫早産の危険性もあります。早めに産婦人科を受診して、医師に相談をしておきましょう。

筋肉痛のような痛みはきちんと対策をとることで改善可能です

妊娠初期、特に超初期に感じることが多い筋肉痛のような痛みはごくありふれたものですが、油断は禁物。

きちんと対策をとればある程度は改善できますので、不安に思わずに対処をしていきましょう。

妊娠初期や超初期の女性は、体も心も不安定になりがちです。

こういった妊娠初期特有の痛みもストレスのもとになりますから、前向きに乗り切っていけるといいですね。