妊娠初期に母乳が出ることはあるの?どう対応すればいい?

妊娠初期に母乳が出ることはある!

赤ちゃんをあやす母親

母乳は出産して初めて出るものだと思っている人も多いと思いますが、実は妊娠初期に母乳が出ることもあります。
だけどまだ赤ちゃんが生まれてもいないのに母乳が出るなんて、ちょっとおかしいのでは?そう不安になってしまう女性もいるかもしれませんね。

今回は妊娠初期に母乳が出る原因や、その時に気を付けるべきポイントなどを詳しくご紹介していくことにしましょう。

妊娠初期に母乳が出た人たちの体験談

PCと女性

妊娠初期に母乳が出るなんて私だけなのでは…?
いいえ、実は妊娠初期に母乳が出るという経験をしている女性は意外と多いんです。
ここでは先輩ママの体験談をご紹介しますね。

私は生理予定日くらいから出てきて、 あれ!?っと思って検査薬使ったら、妊娠してました!

出典:妊娠初期症状で乳汁が出ることってありますか?または生理前、… – Yahoo!知恵袋

左胸が熱を持ったように熱くなっていたので見てみると、母乳のような白い分泌液が出ていました。 あわててタオルでふき取りましたが、また数分後には滲んでいる・・・という感じが続いています。

出典:妊娠初期に母乳が出ることはありますか? – 妊娠 解決済み| 【OKWAVE】

先輩ママの体験談をいくつか見ると、妊娠してから母乳が出たというよりも母乳が出たことで妊娠に気が付いたというパターンが多いようです。
つまり他の妊娠の兆候もあまりないということですから、妊娠しているとは言ってもかなりの初期。
こんな時期から母乳が出ることがあるなんて、ちょっと驚きですね。

妊娠初期に母乳が出る原因は?

お医者さんと妊婦さん

妊娠初期に母乳が出る原因については詳細に解明されているわけではいないものの、初産の方よりは二人目以降の妊娠をされた方に多いということが統計上わかっています。
このことから、妊娠の土台が整った時に母乳を出すためのシグナルが脳から分泌されるという説もあるようですよ。
ですから初めての妊娠で母乳が出たという女性も、それは妊娠に適した体であるというサインかもしれませんね。

ただ、全く妊娠していないのに母乳が出るという女性も稀におられます。
これは体質が原因になっている他に、ホルモンバランスが乱れている場合もあるとされています。

妊娠したか判断したい人は他の初期症状もチェックしてみよう

夫婦

母乳が妊娠のサインになる可能性があるというお話をしましたが、体質も関係しているかもしれませんから断定はできません。
本当に妊娠したか判断した女性は、母乳が出るかどうかだけでなく他の初期症状もチェックしてみましょう。

①不正出血がある

妊娠超初期に起こる可能性として不正出血があります。
出血があると不安になる女性も多いと思いますが、これは着床出血と言って、妊娠超初期に起きる正常な現象。
出血量にはかなり個人差があり、下着に少しつく程度だという人もいれば、生理と同じくらい出たという人もいるようです。

②胸が張り痛む

生理が始まる時に胸が張って傷むという女性もおられますが、これと同じ現象が妊娠初期にも起きます。
先ほどの不正出血と併せると生理が始まったと勘違いしてしまう女性もいるかもしれないのですが、これに母乳が出るという現象が合わさった場合は妊娠しているかどうかを確かめたほうがいいかもしれませんね。

③おりものが多くなり、水っぽい

普段の生理が始まる時、直前のおりものはあまり多くないかと思います。
いっぽう妊娠初期はおりものがかなり増え、水っぽくなるんですね。
おりものは体調の変化によっても状態が変わりますが、普段から気をつけていると妊娠の兆候にも気付きやすいかと思います。

④頭痛になる

妊娠初期はホルモンバランスが変化します。
特にエストロゲンという女性ホルモンが増えるのですが、エストロゲンには血管拡張作用があるため頭痛が起こりやすいとされています。
頭痛がする時は風邪や片頭痛かな?と思ってしまいがちですが、妊娠の可能性がある人は安易に判断しないほうが良さそうですよ。

関連記事

 妊娠初期の兆候と風邪の症状は似てる?見分け方や対処法を解説!

⑤ご飯の味が変わる

妊娠初期の症状として一番有名なつわり。
このことからもわかるように、妊娠と食欲や味覚は密接に関係すると言っても過言ではありません。
妊娠初期にはいつも食べている食事が美味しく感じられなかったり、逆に普段は食べないようなものがすごくおいしく感じられることもあると言われています。

味覚に急激な変化があったら、妊娠のサインかもしれませんね。

⑥基礎体温が高くなる

これはご存知の女性のほうが多いかもしれませんが、妊娠すると高温期が続きます。
先ほどご紹介した出血や胸の張りなどがあって「生理かな?」と思っても、基礎体温が下がらずに高い状態が続くようなら妊娠を疑ってみることをおすすめします!

妊娠検査薬はいつから使える?

母乳が出たり妊娠初期の症状があると、すぐに妊娠検査薬を使いたくなってしまいますよね。

でも、妊娠検査薬は生理が始まる予定日から1週間が経過しないと正確な判断ができないとされています。
妊娠検査薬は1回分で500円前後とそこまで高価なものではありませんが、どうせ検査するなら確実に結果が出る時期になってからにしたほうがいいですよね。

妊娠初期のような症状が出ても、まずは落ち着いて。
ちょっとだけ待ってみてください。

妊娠初期に母乳が出る人はおっぱいマッサージを控えめに

妊娠中は出産後に備えて体を整えておきたいもの。
母乳がよく出るためにおっぱいマッサージを習慣にしようと思っている女性も多いかと思います。

ですが妊娠初期から母乳が出る女性は、元から母乳が出やすい体質。
たくさん出るのは良いことではありますが、出すぎたために乳腺炎を招くケースも考えらるんですね。

ですから妊娠初期に母乳が出た!という場合は、おっぱいマッサージはぜひ控えめにしてみてください。

妊娠が発覚したらすぐ摂取したい葉酸とは?

サプリ

妊娠初期の女性に特に必要なのが葉酸です。

葉酸は人間のたんぱく質を合成するために必要不可欠な栄養素ですが、妊娠中は胎児の神経管の形成にも大きく関与します。
つまり妊娠初期に葉酸が足りないと、胎児の発育が悪くなる可能性があるんですね。

葉酸はほうれんそうやアスパラなどの野菜に多く含まれていますが、食べ物から摂取するには限界があります。
葉酸が不足しないためには、やっぱりサプリメントがおすすめ。

しかもサプリメントに含まれている葉酸は、天然の葉酸よりも吸収されやすいものグルタミン酸のものが採用されています。
妊婦さんのことをしっかり考えて作られているんですよ。

妊娠してないのに母乳が出るのは高プロラクチン血症かも?

お腹をおさえる女性

妊娠初期のサインとなる母乳ですが、稀に妊娠していないのに母乳が出る女性もいるようです。
これは単純に体質によるものであれば大丈夫ですが、ひょっとすると高プロラクチン血症の可能性もあります。

高プロラクチン血症になると母乳が出る以外にも、月経が異常に少ない回数しかなかったり(稀発月経)、排卵障害が起きて不妊につながることもあると言われています。
妊娠していないのに母乳が出る時は、ぜひ早めにお医者さんに相談することをおすすめします!

妊娠初期の母乳について正しく理解しよう

いかがだったでしょうか。
妊娠初期に母乳が出ることは心配のないこと、むしろ妊娠を知らせてくれているサインだということがわかりましたね。
でも母乳が出たからといってすぐに「妊娠した」と思うのはちょっと待って。
色々な方面から可能性を考えて、最終的にはお医者さんに判断してもらうことを忘れないでください。

正しい知識を持って妊娠に向き合っていきましょう!