妊娠初期の偏頭痛の症状・原因・予防・対策について

妊娠初期の偏頭痛で苦しんでいる人は多い

頭痛・めまい(女性)

妊娠初期のママの体はとっても不安定。
色々な体調不良を感じると思いますが、中でも偏頭痛に悩んでいる妊婦さんはかなり多いと言われています。

でも、偏頭痛って痛みもつらいですが、不安もありますよね。
頭痛があっても妊娠に影響はないのでしょうか?

今回は妊娠初期の偏頭痛について、原因や対策法、予防法など詳しくご紹介していくことにしますね。

<最初に確認!>頭痛だけで妊娠や流産は判断できません!

妊婦さん

基本情報としてまずおさえたいのは、頭痛は妊娠や流産とは必ずしも関係があるわけではないということです。

妊娠に気付く体の兆候としてつわりがありますが、吐き気や気分の悪さの他に頭痛が起きることは確かにあります。
ですが頭痛だけで妊娠を判断できる可能性はかなり低いとされているんですよ。

また、流産の時に頭痛が起きる可能性はゼロではありませんが、頭痛がしたからといって流産が起きるという関連性はありません。
ですからひとまず安心してくださいね。

妊娠初期に偏頭痛で悩んでいた人たちの声

PCと女性

さて、妊娠初期の偏頭痛の症状についての説明に入る前に、同じように偏頭痛に悩んだ経験のある先輩ママの経験談を見ておきましょう。

昔から偏頭痛持ちで、酷いときは吐いてしまいます。市販の頭痛薬では効かず病院から処方されてる頭痛薬を飲んでますが今、臨月の妊婦なので薬は飲めないです。

出典:偏頭痛について。 こんばんは(^-^) 現在妊娠中ですが、元々ひどい偏頭痛持… – Yahoo!知恵袋

つわりの頭痛は薬が飲めないから、整体に行ってマッサージしてもらうとだいぶ楽でした。

出典:妊娠初期の頭痛 ゼクシィBaby|妊娠初期の頭痛についての説明や妊婦さんの体験談

妊娠中は頭痛がひどく、病院で勧められて漢方を飲みました。

出典:妊娠初期の頭痛 ゼクシィBaby|妊娠初期の頭痛についての説明や妊婦さんの体験談

妊娠初期に頭痛に苦しんだ先輩ママはかなり多い様子。
しかも初期だけでなく中期や臨月近くになっても起きていた人もいるようですね。
対処法も皆さん色々試されていますが、お薬を飲まずに切り抜けた人と病院で処方してもらった人、両方ともいらっしゃるみたいです。

妊娠初期に頭痛になる原因

血液中

妊娠初期に起きやすい頭痛。
実は妊娠中というのは頭痛の原因になる要素がたくさんあるんです。

①ホルモンバランスが変化するため

妊娠すると、女性の体の中ではホルモンバランスが大きく変化します。
特に黄体ホルモンが大量に分泌されることでその急激な変化に身体が耐えられず、だるさや吐き気、熱っぽさにつながります。
そういった症状のひとつとして頭痛が起きると考えられるんですよ。

②ストレスが溜まりやすいため

頭痛の原因のひとつは脳から分泌される炎症物質にあると考えられています。
そしてこの炎症物質、ストレスを感じると分泌されやすいんですね。

妊娠初期は生活や体調の変化によってどうしてもストレスが溜まりやすい時期。
元々ストレスを感じやすい方は特に注意したほうがいいかもしれません。

③妊娠高血圧症候群になっているため

これはちょっと要注意のケースなのですが、妊娠高血圧症候群が起きている場合に頭痛の症状が出る時もあります。
妊娠高血圧症候群の主な症状はむくみですが、体がむくんでいてさらに頭痛もある場合は早めにお医者さんに相談することをおすすめします。

④鉄欠乏性貧血になっているため

妊娠初期は胎児を育てるために多くの血液を必要とします。
血液を作る上で重要なのが鉄分ですが、妊娠初期に鉄分の摂取量が十分でない場合には鉄欠乏性貧血になってしまうことがあります。

貧血になると脳の血行が悪くなり頭痛になって表れることがありますが、貧血は赤ちゃんにとっても良くないことですので、貧血の可能性がある場合もお医者さんに相談したほうがいいかもしれませんよ。

妊娠初期になりやすい頭痛の種類と特徴

妊婦さん

妊娠初期は頭痛に悩まされやすい時期だということがわかりましたね。
でも、この時期に起きる頭痛にもふたつ種類があります。
それぞれの特徴を知っておきましょう。

①偏頭痛

偏頭痛の原因は脳の血管が必要以上に拡張してしまうことです。
これはホルモンバランスが大きく変化する時に起きやすく、このこともあって妊娠初期に偏頭痛が多いと言われているんですね。

妊娠初期の偏頭痛のメカニズムはつわりとほぼ同じですので、つわりの症状が起きる妊娠初期には偏頭痛も併発しやすいようです。
でも、ホルモンバランスが安定してくる12週~15週くらいになると、自然と落ち着いてくるケースが多いんですよ。

②緊張型頭痛

緊張型頭痛の原因は偏頭痛とは違い、脳の血管が萎縮することで起きます。
緊張やストレスもそうですが、貧血によっても起きることが多いとされています。

こちらはどちらかというと妊娠中期以降に悪化しやすいと言われていて、妊娠初期の偏頭痛と合わせると「妊娠中はずっと頭痛が治らない」と感じる人もいるようですよ。

妊娠初期の頭痛の対策方法

医者と妊婦

偏頭痛だろうが何だろうが、頭痛はとにかくつらいものですよね。
妊娠初期に頭痛が起きてしまった場合、どういった対策をすれば良いのでしょうか。

①偏頭痛の対策方法

偏頭痛は脳に血液が回りすぎて起きるものですから、脳の血管の拡張を抑えることが対策になります。
それにはまず、脳につながる血管が通っている首やこめかみを冷やすことが大切。
ただ冷たすぎても良くないですから、濡れタオルや冷えピタくらいの温度がおすすめです。

また、脳を休ませるために目を閉じたり静かな環境でゆっくり休むといったことも、偏頭痛を鎮めるためには効果的ですよ。

②緊張型頭痛の対策方法

緊張型頭痛は脳に血液が不足した状態ですから、偏頭痛とは対処法が違ってきます。

偏頭痛は首やこめかみを冷やしましたが、緊張型頭痛の場合は脳につながる血管を温めると症状が緩和します。
血行を良くするためにマッサージを行うことも効果があります。

こうして見ると偏頭痛と緊張型頭痛は同じ頭痛でも対処法が真逆ですよね。
見分けるのが難しい場合は、冷たいタオルとホットタオルを用意して、どちらを当てると症状が緩和するかを確認するといいですよ。

妊娠初期に頭痛薬を飲んでもいいの?

考える妊婦さん

頭痛の対処法はお伝えしましたが、すぐに治したい時はお薬!と思うかもしれませんよね。
でも、妊娠初期にはちょっと気をつけてください。

①市販のお薬はできるだけ避けよう

妊娠初期は他のお薬と同じく、頭痛薬についても市販のお薬は避けるようにしましょう。

市販の頭痛薬の成分のひとつにアスピリンがありますが、妊娠初期に摂取すると胎児の奇形のリスクが上がると言われています。
また他の成分についても妊婦への安全性が確認されていないものがありますので、ご自身の判断で飲むことは避けてください。

関連記事

妊娠初期に頭痛薬を飲んでも大丈夫?【対処法は?】

②アンセトフェタミンが処方されやすい

妊娠初期の頭痛についてはぜひ、産婦人科で相談してください。
病院の場合はお医者さんの判断によって、お薬を処方してもらえることがあります。

妊娠初期に病院で処方してもらえる頭痛薬として代表的なのが、アンセトフェタミン。
こちらも100%の安全性は確立されてはいないのですが、妊婦に有害だった事例がないため妊娠初期でも使えるとされています。

日ごろ行える妊娠初期の頭痛予防方法

眠る女性

ここまでは頭痛が起きてしまった時の対処法をご紹介してきましたが、予防できるに越したことはありませんよね。
妊娠初期に頭痛を起こさないためには以下のことに気をつけてみましょう。

①適切な睡眠時間を確保する

睡眠はどんな場合でも大切なこと。
睡眠不足になると自律神経が正常に稼働しなくなったり、その他さまざまな健康に弊害が出て頭痛が起きやすくなります。

ただし寝すぎにも注意が必要。
長時間寝すぎることも、自律神経がおかしくなったり体の血行が悪くなったりして頭痛につながります。
何事もほどほどが大事ということですね。

②長湯しない

入浴すると体が温まるので基本的に頭痛対策として有効なのですが、あまりにも長湯をしすぎてしまうと脱水症状を起こしたりのぼせたりするため頭痛になりやすくなってしまいます。
また体温を上げ過ぎると赤ちゃんに悪影響が出る可能性もありますから、ぜひ気をつけてください。

③ストレス解消方法を見つける

頭痛の原因のひとつにストレスがありますが、妊娠初期はストレスを感じやすい時期ですよね。
ストレスは頭痛以外にも様々な体の部位の健康を害するおそれがありますから、ぜひご自身なりのストレス解消法を見つけておいてください。

おすすめはウォーキング。
天気の良い日に少し歩くだけでもずいぶん気持ちが晴れやかになるかと思います。

④家族に頭のマッサージをしてもらう

頭痛は脳の血行が悪くなる時にも起こりますので、頭のマッサージをして脳の血流を良くしておくことは頭痛予防につながります。
でも、頭のマッサージって自分でやるのはなかなか難しいですよね。
そこでぜひ、旦那さんをはじめとしたご家族にマッサージをしてもらってみてください。
スキンシップにもなりますから、ご家族の絆も深まるかもしれませんよ。

⑤栄養の偏りに気をつける

妊娠初期は赤ちゃんに栄養を送るため、ママの体は栄養不足になりがち。
ですが栄養バランスが悪くなると、血行が悪くなったり血液の質が低下したりして、頭痛を引き起こしやすくなるんですね。

頭痛予防だけでなく赤ちゃんのためにもぜひ、栄養バランスには気をつけるようにしましょう!

妊娠初期の栄養バランスは葉酸サプリでとろう

薬を見る妊婦さん

頭痛予防には栄養バランスを整えることが大切だというお話をしましたが、妊娠初期はつわりなどの影響もあって十分な食事を摂るのが難しいかもしれませんよね。

そんな妊娠初期におすすめなのが葉酸サプリです。
葉酸サプリには葉酸だけ単独で摂取できるものもありますが、できれば「妊婦さん向け」という表記のある、葉酸以外にも総合的な栄養バランスが賄えるものを選んでみてください。

妊婦さん向けの葉酸サプリなら必要な栄養素がしっかり摂れますので、食事を摂りにくい時期でも体の栄養バランスが崩れにくくなります。
赤ちゃんの発育と頭痛予防、どちらにもおすすめですよ。

頭痛がひどい場合には必ずお医者さんに相談しよう!

OKを出す女医さん

妊娠初期の頭痛はある程度ご自宅でケアできるものではありますが、どうしても我慢できないほどの痛みがある場合は、ぜひ早めにお医者さんに相談してください。

先ほども触れたように、お医者さんなら妊婦さんにも安全なお薬を処方してもらうことができますし、ひょっとすると単なる血行不良などではなく重い病気が隠れている可能性もあります。

この辺りを素人が判断するのは難しいですから、迷ったら病院に行くようにしましょう。

妊娠初期の偏頭痛を対策して乗り越えよう!

妊娠初期の偏頭痛について、いかがだったでしょうか。

妊娠中は頭痛が起きやすい時期。
まずはこれを心に留めていただいて、頭痛が起きたからといって慌てなくても大丈夫だということを知ってください。
その上でできるだけ予防し、もし頭痛になってしまった時は今回ご紹介した対策を試してみて、対処しきれない時は病院にも相談するようにしてくださいね。

今回の記事を参考に、妊娠初期のつらい偏頭痛を乗り越えていきましょう!