妊娠超初期・初期は腰痛が起こりやすい?原因は?対策法はある?

妊娠超初期・初期には腰痛が起こる場合があります

痛みに苦しむ妊婦さん

女性の中には元々腰に痛みが出やすい人も多いかもしれませんが、実は妊娠超初期~初期にも、妊娠が原因の腰痛が起きることがあるんです。

でも、妊娠初期に腰痛が出ても「またいつもの腰痛かな?」と思って妊娠に気付かないこともあるかもしれませんよね。

そこで今回は妊娠初期に起きる腰痛の原因や対策法をはじめ、通常の腰痛との見分け方も詳しくご紹介していきます。
ぜひ参考にしてくださいね。

妊娠超初期・初期に腰痛が起こる原因

妊婦さん

まずは妊娠初期にどうして腰痛が起きるのか、その原因を知っていくことにしましょう。

①ホルモンバランスの変化

妊娠中は、普段とは違うホルモンが色々と分泌されます。
その中のひとつが、リラキシン。
リラキシンは卵巣や胎盤から分泌される女性ホルモンなのですが、リラキシンの分泌は子宮の周りの筋肉が緩む原因になるため、骨盤がゆるみ腰痛が起こりやすくなると言われています。

ですからある意味、腰痛は妊娠のサインとも言えるんですね。

②腰回りの血行不良

こちらは実際に妊娠がわかった後に起こりやすいのですが、妊娠中のつわりや体の不調が起きると、どうしても運動不足になりがちですよね。
運動不足が続くと腰回りの血行が停滞することがあり、これが腰痛を招いてしまう可能性があります。

妊娠が原因の腰痛というよりは、普段起きる腰痛と似たメカニズムということですね。

生理痛の腰痛と見分けはつくの?

お医者さんに相談する妊婦さん

妊娠超初期は、妊娠していると気付いていない人のほうが多いかと思います。
この時期に腰痛が起きても、生理痛と間違えてしまうこともあるかもしれません。

妊娠初期の腰痛と生理痛には個人差もありますが、痛み方の傾向が似ているケースもあることから痛みの程度による判別はかなり難しいとされています。
ですから、生理痛だと思って何も対処しなかったら実は妊娠だった…ということもあるんですね。

ただし基礎体温を付けていればある程度判断ができます。
というのも、生理が来る時は基礎体温が下がりますよね。
つまり高温期が続いているのに腰痛がある場合は、生理痛ではなく妊娠による腰痛の可能性が高いということになります。
また、普段感じないような気だるさがある場合も妊娠のサインかもしれませんね。

妊娠中の痛みはいつまで続く?

妊婦さん

では、妊娠初期に始まった腰痛はいつまで続くのでしょうか?

個人差はありますが、大抵の場合は胎盤が完成される時期になると次第におさまっていくと言われています。
でも妊娠中は普段と違う動きをしがちですよね。
毎日の体の姿勢に変化が出るとそれによって腰に負担がかかるため、妊娠中期~後期にかけて腰痛が復活してしまうこともあるようです。

妊婦さん必見!妊娠超初期・初期の腰痛にオススメの対策法

妊婦さん

妊娠超初期・初期には腰痛を引き起こす原因がいくつもありますが、ご自身で対策をすることである程度腰痛を緩和することはできるんですよ。
いくつか方法をご紹介しますので、できることから始めていきましょう。

①日常生活での腰への負担を減らす

腰痛を緩和するには、できるだけ腰への負担を減らすことが大切です。
腰に負担をかける一番の要因は普段の姿勢や動き方。
椅子に座っている時の姿勢が悪かったり、歩き方や就寝時の姿勢も腰痛の原因になることがあるんですね。

こうした普段の姿勢や動きを見直してみることで、腰への負担を減らすように心掛けてみてください。

②身体を冷やさないように工夫する

女性に腰痛持ちの人が多い理由のひとつが、冷えによるものです。
女性は冷え性の人が多いために腰付近の血行が滞って腰痛につながってしまうことがあるんですね。

対策としては、やはり身体を冷やさないようにするのが一番。
飲み物はできるだけ温かいものを選んだり、下着を工夫して下半身を冷やさないようにするのも効果的です。

そもそも妊娠しているとしたら、体を温めることは非常に大事なことですよね。
腰痛のあるなしに関わらず、普段から体を温める工夫をしていきましょう。

③骨盤ベルトの使用もオススメ!

妊娠初期に起きる腰痛の原因のひとつは、骨盤がゆるむことでしたよね。
ですから骨盤ベルトを使うことも妊娠初期の腰痛対策としては有効と言えます。

骨盤ベルトは、これから妊娠が進んでいく中でお腹を支えるのにも役立ちますし、産後の骨盤矯正にも使用することができます。
妊娠が始まったこの機会に購入しておくと便利かもしれませんね。

ただしこんな対策法はNGです!

バツを持つ女性

さて、普段であれば先ほどご紹介した以外にも腰痛対策は色々ありますよね。
でも普段やっている腰痛対策の中には、妊娠中にはNGになるものもあるんですよ。

①湿布による治療

腰痛が起きた時に湿布を貼る習慣がある人は多いかもしれません。

でも、妊娠初期の腰痛に湿布はNG。
湿布に含まれる成分の中には胎児に悪影響を及ぼす可能性があるものがありますので、妊娠中に使うことは望ましくないんですね。

どうしても腰痛に耐えられなくて湿布を使いたいという場合は、実施前に一度産婦人科に相談することをおすすめします。

②お腹を圧迫するマッサージ

腰痛に効くマッサージも色々ありますが、当然ながら妊娠中はお腹を圧迫すようなマッサージは厳禁。
普段の腰痛と同じ感覚でマッサージしてしまうと、いつの間にか胎児に悪影響が…ということにもなりかねません。

整体などに行くとお腹付近をマッサージする施術もありますが、妊娠の可能性がある時の腰痛は、整体よりも産婦人科に行って相談したほうがいいかもしれませんよ。

妊娠中の腰痛にはしっかりとした対策を行いましょう!

妊娠初期の腰痛について、いかがだったでしょうか。

妊娠初期に腰が痛いと思っても、それが妊娠によるものなのか、それとも普段の腰痛なのか、判断するのがなかなか難しいかもしれません。
そういう時はまずお医者さんに相談することをおすすめします。
その上で、しっかりと対策をしていってくださいね。

きちんと腰痛対策をして、お腹の赤ちゃんを守っていきましょう!