妊娠超初期・初期は不眠に陥りやすい?原因や対策法を解説します!

妊娠超初期・初期は不眠になってしまう場合があります

妊娠初期に不眠になったという女性は多く、案外たくさんの人が経験する症状の一つです。
妊娠超初期に不眠になって、気づいたら妊娠していたという人もいます。

急に眠れない状態が続くと疲れも蓄積して、心配になりますよね。
でも、妊娠初期には不眠を招きやすい原因があり誰でも経験する可能性があることなのです。

妊娠超初期・初期の不眠で胎児や母体に悪影響はある?

考え込む女性

妊娠初期や超初期に不眠になってしまったら、気になるのは胎児や母体への影響ですよね。
妊娠初期に眠れないことで、悪影響を及ぼすのかを把握しておきましょう。

①胎児への影響はほとんどありません

妊娠中に不眠になると、胎児に悪影響を及ぼさないかどうか心配ですよね。
でも、妊婦さんが不眠になっても胎児にはほとんど影響がないので安心してください。

なぜなら、胎児は母親と別に睡眠をとっているので妊婦さんが不眠になっても胎児にはあまり関係がないのです。

胎児にとって睡眠がとりやすい環境であれば、妊娠中の不眠で悪影響を与えることはないということですね。

②ただし母体の体調悪化につながってしまいます

妊娠初期の不眠と胎児には直接的な影響はありませんが、不眠は母体の体調の悪化につながります。

不眠で寝れない日が続けば疲労もとれませんし、免疫力の低下をもたらします。
妊娠初期や超初期は体調を崩しやすい時期でもあるので、不眠で身体のバランスが崩れれば体調不良を招きやすくなります。

そこからストレスや感染症を起こせば、間接的に胎児に悪影響を及ぼす恐れがあります。

不眠が直接胎児に悪影響を与えなくても、間接的に影響を与える可能性があることは知っておく必要があります。

妊娠超初期・初期に眠れない原因は?

頭痛・めまい(女性)

そもそも、妊娠超初期・初期にはなぜ不眠になってしまうのでしょうか。
妊娠超初期・初期に眠れない状況を引き起こす原因を見てみましょう。

①ホルモンバランスの変化

妊娠前は女性ホルモンが体内でバランスを取り合っていますが、妊娠すると女胎児を守るために性ホルモンが増加するためホルモンバランスが変化します。

特に妊娠超初期や初期の段階は、女性ホルモンが急激に変化するためホルモンバランスを崩しやすい状態になっています。

ホルモンバランスが変化することで、睡眠影響を与え妊娠初期には不眠になりやすいのです。

②つわりによる影響

妊娠初期に多くの人はつわりに悩まされますね。
つわりの軽重は個人差があるものの、つわりの影響で不眠になることがあります。

中にはつわりが軽くて普段を変わらないという人もいますが、ほとんどの人は吐き気や食欲不振などを経験しますよね。
そのため、つわりによる影響で思うように睡眠がとれず不眠になる場合もあります。

③夜のトイレの回数の増加

妊娠初期は不眠もそうですが、頻尿にもなりやすいと言われています。
その理由は子宮と膀胱が近い位置にあって胎児が成長することで膀胱を圧迫することや、ホルモンバランスの変化が起こるからです。

妊娠初期の頻尿が原因で夜にトイレの回数が増えると、何度も目を覚まし眠れない日が続くことで不眠に陥るケースがあります。

④妊娠への不安やストレス

子宝に恵まれたことが嬉しい反面、妊娠に対して誰でも少なからず不安を抱えるでしょう。

妊娠初期は特に体調不良も伴うことが多く、ストレスを抱えることも少なくありません。
また、妊娠前と比べて環境の変化も加わり知らず知らずにストレスを溜めてしまうこともあります。

このような妊娠に対するストレスや不安が原因で、不眠になる可能性も考えられます。

妊娠超初期・初期に寝れない妊婦さんが実践したい不眠対策

OKを出す女医さん

妊娠初期に陥りやすい不眠を解消するために、妊婦さんが実践したい対策法をご紹介します。

①昼間に軽い運動を行う

軽めの運動を行うことが、妊娠初期の不眠の対策法になります。
運動することでストレス解消になり、疲労感を与えると睡眠をとりやすくなります。

ただし、妊娠初期に無理をすることは禁物なので激しい運動は控えるようにしましょう。

散歩やウォーキングなど軽めの有酸素運動を行うのが、妊娠初期の不眠対策としてはオススメです。

②心身をリラックスさせる

妊娠初期に感じる不安やストレスが不眠の原因になることを前述しましたね。
ですから、不安やストレスを回避するためには心身をリラックスさせることが重要になります。

ストレスを感じないのが一番いいのですが、普段の環境の中でストレスなく生活するのは難しいので、できるだけリラックスできる時間を作ることがポイントです。

リラックスさせる方法としては、ゆっくり入浴することやホットミルクを飲むなどで効果が期待できます。

③就寝前にテレビやスマホを見ない

SNSなどでスマホを使う機会は多いですが、基本的に就寝前にはテレビやスマホを見ないようにするのが不眠解消につながります。

スマホを使ったりテレビを見ることで神経が昂ってしまい、なかなか寝付けない状態を引き起こしてしまうからです。

普段なら問題が起こらない些細なことでも不眠を招きやすい妊娠超初期・初期は不眠になる原因を避けることも対策一つです。

睡眠導入剤などの使用には注意しましょう!

RISK

妊娠初期に眠れないことが苦痛で睡眠導入剤などの使用をを考えてしまうかもしれませんが、自己判断で使用するのはあまりにもリスクが高すぎます。

不眠のストレスで胎児に影響を与える可能性があるとはいえ、睡眠導入剤などの薬剤を使用することは、かえって胎児に悪影響を与える結果になる可能性があります。

どうしても薬剤を使用したい時は、使用前に必ず医師に相談することが大切です。
また、眠れない状態が続く場合は産婦人科の医師に相談してみても良いでしょう。

妊娠超初期・初期の不眠はきちんと対策をとれば改善可能です

いかがでしたか。
妊娠超初期・初期の不眠について解説しました。

眠れないというのは考えている以上に辛いものですし、体にも負担になります。
でも、妊娠初期は不眠になる原因もあり眠れない状況を招きやすいことも事実ですから、あまり悩みすぎるのは得策とは言えません。

むしろ、妊娠初期の不眠の原因を把握してしっかり対策をすれば不眠を改善することは可能です。

妊娠初期はあまり悩み込まずに、リラックスして不眠を向き合っていきましょう。