妊娠初期に温泉に入っても大丈夫?【感染や流産のリスクは?】

妊娠初期は条件をクリアすれば温泉に入っても大丈夫!

温泉

妊娠初期は安静にすべき時期ですが、少しはリフレッシュもしたいですよね。
そんな時にリラックス効果のある温泉に入りたい!と思う妊婦さんも多いのではないでしょうか。

でも温泉って色々な人が入るし、そもそも温泉の成分って妊娠初期には大丈夫なの…?

確かに温泉にはいくつか注意点もありますが、条件さえクリアすれば入っても問題ありません!
今回は妊娠初期に温泉に入ることの注意点だけでなく、利点もしっかりご紹介していきますね。

妊娠初期に温泉に入ることに対する妊婦さんの声

普段なら温泉に入っても良いかどうかなんてあまり気になりませんが、妊娠初期には温泉がOKかどうか気になっている妊婦さんは多いようです。
皆さんの声を見てみましょう。

周りの目が気になるより、なんかの感染とか心配で行く気にならない。

出典:温泉に妊婦がいたら引く? | ママの交流掲示板 | ママスタ☆BBS

前は妊婦は温泉ダメって書いてあったけど、なんの根拠もないってニュースで見たよ。

出典:温泉に妊婦がいたら引く? | ママの交流掲示板 | ママスタ☆BBS

妊娠中、安定期に入ってから行きました。 安定期に入られてて、体調に問題なければ良いと思います。

出典:温泉に妊婦がいたら引く? | ママの交流掲示板 | ママスタ☆BBS

先輩ママの意見を見ると、妊娠初期に温泉に入ることに不安があるという意見がかなりありました。

中には安定期に入ってからのほうが良いという意見も。
また温泉によっては妊婦が入ってはいけないという表示もあったようですが…
果たしてこれらについてはどう考えれば良いのでしょうか?

温泉が身体に悪影響という医学的な根拠はない

温泉には一般的禁忌症といって、例えば熱のある人やケガをして出血している人は入ってはいけないという決まりがあります。

実は以前はこの一般的禁忌症に妊婦も入っていたのですが、2014年に一般的禁忌症から妊婦という項目が除外されました。

では、以前はどうして一般的禁忌症に妊婦が入っていたのかというと、詳細は不明ながらも「温泉で滑って転んでは危険」といったようなことが理由だったと言われています。

でも温泉の成分については妊婦に悪影響があるという医学的な根拠がなく、これによって一般的禁忌症から妊婦が外されることになりました。

妊娠初期に温泉に入る際の注意点

妊婦さん

ここまでの内容で、妊娠初期に温泉に入ることについてはひとまず問題ないということがわかりましたよね。

ですが妊娠初期は色々と気をつけたい時期。
温泉に入る時の注意点をよく覚えておいてください。

①のぼせないように注意しよう

温泉に入るとつい長湯をしてしまいますが、あまり長く入りすぎないようにぜひ気をつけてください。

温泉に入ると体が熱くなるように感じると思いますが、通常の入浴では、実は体温は1度くらいしか上がりません。
ですが長湯をすれば当然体温の上昇は大きくなります。
もし体温が2度以上上がると、妊婦さんは流産のリスクがあることがわかっています。

これを防ぐためにも長湯をしないのは大前提として、42度以上の熱い温泉には入らないことをおすすめします。

その上で、少しでも具合が悪いと思ったらすぐ入浴をやめること。
万が一のために旦那さん、もしくはお友達の目の届くところで入浴するようにしてくださいね。

②転倒して滑らないように注意する

普段のお風呂でも転倒には気をつけたいものですが、温泉は成分によっては通常のお湯よりもすべりやすくなっています。

転倒はケガだけでなく流産の危険もあるものですから、温泉に入る時は決して走らず、安全に留意してください。

③肌が痒くなったらすぐに出て洗い流そう

温泉はただのお湯ではなく、塩分やミネラルなどが豊富に含まれています。
これが美容効果をもたらしてくれることもあるのですが、化粧品の相性と同じで肌に合わない人も稀にいるようです。

ですから、温泉に入ってみてもし肌がかゆくなったり不快な刺激を感じたらすぐに温泉から出ることをおすすめします。

妊娠初期はお肌もデリケートになっていますから、決して無理をしないようにしてくださいね。

④遠方にある温泉は妊娠中期以降にしよう

温泉というと旅行を伴うレジャーをイメージする人も多いかもしれませんね。

確かに簡単な旅行であればリフレッシュにもなるのでオススメなのですが、妊娠初期は身体に負荷がかかりやすいため、長時間乗り物に乗るような移動は避けてください。

妊娠初期に車移動で何時間もかけたり、飛行機を使わなければならないような温泉地に行くのは避けて、中期以降に訪れるようにしましょう。

関連記事

妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?気圧や放射線の影響は…?

妊娠初期に温泉に入るメリット

伸びをする女性

妊娠初期に温泉に入る時の注意点をご紹介してきましたが、今度は温泉のメリットのほうにも目を向けてみましょう。

①ストレス解消になる

妊娠初期に温泉に入ることのメリットは、何と言ってもストレス解消です!

妊娠初期はそれまでとは生活環境が一変しますし、つわりやその他の体調不良を感じやすい時。
赤ちゃんが生まれるのは楽しみではあるものの、強いストレスを感じている妊婦さんはかなり多いと思います。

ストレスは不健康の元になるだけでなく、妊娠の経過にも悪影響になることがありますので、ぜひ積極的に発散していきましょう。

関連記事

イライラは妊娠の初期症状の一つ!原因とストレス解消法を紹介します

②冷え性解消になる

女性には低温期と高温期がありますが、妊娠をすると高温期がずっと続いた状態になります。
これは、妊娠を継続するためには体温を高めにしておく必要があるからなんです。

つまり妊娠期間を安全に乗り切るには、冷えは厳禁。
温泉の成分には普通のお湯よりも保温効果があるものがありますから、体の冷えを予防することができますよ。

妊娠初期に温泉に入浴する際の感染症対策

OKを出す女医さん

先輩ママの声の中には「温泉は感染症が心配だ」という意見もありましたよね。

確かに温泉は不特定多数の人が入るものですから、感染症のリスクがありそう…
この不安点の対策もご紹介してきましょう。

【腟トリコモナス症・毛じらみ症対策】共有のタオルは使わない

まず温泉のお湯に感染症のリスクがあるかというと、これは医学的に否定されています。
このことで一般的禁忌症から妊婦という項目が除外されたわけですから、ここは安心してください。

ただ、温泉施設で借りられるタオルは不特定多数の人が使用していることもあり、腟トリコモナス症・毛じらみ症といった感染症にかかるリスクは0ではありません。

タオルは必ず自分専用のものを用意しましょう!

【サルモネラ菌対策】温泉たまごはよく温めて食べる

温泉と言えば温泉たまご!
トロッとした食感がとってもおいしいですよね。

ですが卵にはサルモネラ菌が潜んでいる可能性があります。

サルモネラ菌は60度で20分加熱すれば死んでしまうと言われていますが、温泉たまごは65度のお湯につけているので…ちょっとグレー。

外側は問題ないかもしれませんが、内部が60度になっているかというと不安が残ります。

ちょっと残念ではありますが、妊娠初期に温泉たまごは避けたほうがいいかもしれません。
どうしても…という時は、65度のお湯に1時間くらいしっかり漬けてよく加熱してくださいね。

ラドン温泉は心配なら入らないほうがいい

女性

温泉にも色々なものがありますが、「ラドン温泉」がちょっと心配だという人もいるかと思います。

というのも、ラドン温泉とは放射能泉で、微量ながら放射線を含む温泉なんですね。

放射線と聞くとすごく危険な感じがすると思いますが、先ほども書いたようにラドン温泉の放射線は本当にごく微量。
普通の人はもちろん、妊婦や胎児にもラドン温泉は無害なことが研究によって明らかになっています。

とはいえ病は気からというように、心配な状態で温泉に入るのはよくありません。
少しでも心配だと思うのであれば、避けていただくのが良いかと思います。

妊娠初期のサウナや岩盤浴はNG

バツを持つ女性

温泉の中には、サウナや岩盤浴もありますよね。

美容効果も高く人気がありますが…
妊娠初期はサウナや岩盤浴は避けてください。

健康な人でも気をつけないと脱水症状になることがあるサウナや岩盤浴は、妊娠初期の方が使うと重篤な健康被害や流産につながる恐れも否定できません。

サウナや岩盤浴は出産を終えた後の楽しみとしてとっておきましょう!

関連記事

これで完璧!妊娠初期の流産に関する情報を徹底網羅!

温泉にはマタニティプランもある!

お腹を包み込む妊婦さんと夫

妊娠初期に温泉に入ることには色々条件がありますが、こういうことを自分一人で気をつけるのは難しそう…
そんな妊婦さんはマタニティプランのある温泉を選んでみるといいかもしれません。

妊婦さんの体に配慮した温泉の環境を整えてくれていたり、すぐに水分を補給できるような体勢を作ってくれるなど、マタニティプランなら安心して温泉を楽しむことができるかと思いますよ。

妊娠中の温泉の悩みはお医者さんに相談してみよう!

ここまでの内容を見ても、まだちょっと温泉は不安だという妊婦さんもいるかもしれませんね。

そういう時はぜひ、お医者さんにも相談してみることをおすすめします。
温泉が医学的には安全だというお話はしましたが、それ以外にも移動時の不安や食事の内容など、旅行の時の色々な疑問もありますよね。

全部まとめてお医者さんに相談しておくことで、より安心な温泉レジャーが楽しめますよ。

妊娠初期に温泉へ行きたい時は細心の注意を払おう!

妊娠初期の温泉について、いかがだったでしょうか。

妊娠初期の注意点は色々あるものの、基本的には温泉は妊娠初期に良い影響を与えてくれるものです。
旦那さんやお友達に協力をお願いして、ぜひ良いリフレッシュをしてきてください。

すっきり爽快な気分になって、ちょっとしんどい妊娠初期を乗り切っていきましょうね。
赤ちゃんに会える日まで、もう少しですよ!