妊娠初期は必要以上に太ることがある?体重増加による悪影響はない?

妊娠初期に必要以上に太ってしまうと悪影響を招きます

腰痛で苦しむ妊婦さん

妊娠するとそれまでとは体調が違ってきますので、体にも色々な変化が出る人もいるかと思います。
中でも必ず起きるのが体重の増加。
これは妊娠する以上、起きないほうがむしろおかしいですよね。

ですが実は、妊娠初期には必要以上に体重が増加してしまうのはあまり良いことではないんです。

今回は妊娠初期に必要以上に太るとどうなってしまうのか、また妊婦さんの体重管理方法についても詳しくご紹介していきますね。
ぜひ参考にしてください。

妊娠初期の体重増加は水分や血液量が増すために起こります

血液中

妊娠初期、実際に肥満になるケースもあるのですが、実は多くの場合は「太る」ではなく単なる体重の増加なんです。
原因としては体内の水分量が増えることと、血液量が増すことが考えられます。

妊娠すると高温期が続くために体はいつもよりも水分を欲します。
それ自体は自然なことなのですが、のどが渇くとついたくさんの水を飲んでしまいがち。
必要以上に水分を摂りすぎると体がむくみやすくなるのですが、これを太ることと勘違いしてしまうことがあるんですね。

また血液の量も、妊娠すると3~5割くらい増えると言われています。
これも体重が増える原因になるんですよ。

妊娠初期の体重の増加は2㎏未満が理想です!

妊婦さん

妊娠すると体の中にもうひとり人間ができることになりますから、体重がある程度増えるのは当たり前。
でも妊娠初期は胎盤も完成していないですし、胎児の胎盤も30gとそれほど重いものではありません。
ですから妊娠初期に必要以上に太るのはあまり良いことではないんですね。

妊娠初期の体重増加の目安としては、大体2kg未満が理想とされています。
それ以上太るようなことがあったら、ちょっと注意が必要かもしれませんよ。

超初期から太ることはある?

女性

ここを読んでいる人の中には、妊娠超初期から何だか太ってしまったという人もいるかもしれませんね。

先ほどもお話したように、妊娠すると体の水分量や血液量が増えるので、ある程度太るのは自然なことです。
また超初期であっても、ホルモンバランスの変化によって体重が増加してしまうことがあるんですね。
ですから多少体重が増えたとしても、そこまで心配する必要はないと言えます。

ただし超初期であっても、何kgも太る時は太りすぎかもしれません。

妊娠超初期・初期に必要以上に太ってしまう場合があります

口を抑える女性

妊娠超初期や初期にある程度太るのは普通の流れですが、必要以上に太る場合にはどのようなケースが考えられるのでしょうか。

妊娠初期に何kgもどんどん太ってしまう場合は、水分や血液の増加によるものではなくやはり食べ過ぎが考えられます。
可能性として大きいのは「食べつわり」
一般的につわりというと食欲が落ちるイメージかと思いますが、つわりの出方によってはどんどん胃に食べ物を入れないと気が済まないケースがあるんですね。

この状態になると摂取カロリーは当然増えますから、必要以上に太ることにつながるんですよ。

関連記事

妊娠初期の食欲の増加・減退はなぜ起こる?【原因と対策】

妊娠初期の妊婦さんが過剰に太ることによるデメリット

お腹が痛む妊婦さん

では妊娠初期に過剰に太ってしまった場合、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

①母体に負担がかかってしまう

妊娠中はただでさえ思いお腹を抱えて生活することになりますよね。
そこへ更に必要以上に太るということが重なると、体はもっと重くなってしまいます。

妊娠初期はそこまで気にならなくても、赤ちゃんが大きくなってくる中期以降はひざや腰への負担がどんどん増してきます。
妊娠したらぜひ、初期から体重管理を心掛けることおすすめします!

②妊娠高血圧症候群にかかりやすくなる

太るということは血管にも負担がかかりますので、高血圧になりがち。
妊婦さんが高血圧になる症状には「妊娠高血圧症候群」という名前がついていて、悩んでいる妊婦さんは少なくないと言われています。

ですがこの症状、ただの高血圧だと言って放っておくのは危険。
妊娠高血圧症候群が続くとお母さんの体調不良だけでなく、赤ちゃんの発育不全や、最悪の場合死亡にもつながることがあるんですよ。

③妊娠糖尿病の可能性も高くなる

妊娠中に必要以上に太ると、糖尿病のリスクも上がります。

糖尿病も高血圧と同じく、成人病として問題にされる症状ですよね。
こちらも妊婦さんがかかることで胎児の発育不全や早産、流産などにつながる可能性がある疾患です。
こうしたことを防ぐためにも、妊娠中に必要以上に太るということはできるだけ避けていきたいものですね。

妊娠超初期・初期に太りすぎないための対策法

妊婦さんの運動仲間

妊娠初期に必要以上に太ることは色々な悪影響があることがわかりましたね。
では超初期や初期に太りすぎないためにはどうしたらいいのでしょうか?

①妊娠中の食事内容をきちんと把握する

妊娠初期に必要以上に太る原因の多くは、食べ過ぎです。
これを防ぐためには、毎日の食事内容をご自身でしっかり把握していただくのが効果的ですよ。

その日何を食べたかをノートやアプリなどで記録していくことで、1日にどれくらいのカロリーを摂取したかを確認することができます。
またカロリーだけでなく食べ物による栄養バランスも見ることができますから、どんな栄養が足りていないのかを把握するのにも役立ちますよ。

②ウォーキングなどの軽い有酸素運動

摂取しすぎたカロリーを消費するためには軽い運動も効果的です。
中でもウォーキングやラジオ体操などの有酸素運動は、カロリーの消費だけでなく体の健康維持にも役立ちますよ。

妊娠中はどうしても運動不足になりがち。
運動不足が続くと血行不良を招き、色々な身体の不調につながります。
太ることへの対策だけでなく、妊娠を順調に進めるために軽い運動を心掛けていきましょう。

ただ、マラソンなどの激しい運動は良くありません。
ここは気をつけてくださいね。

③サプリメントによる栄養管理

カロリーを減らすために食事を制限する時に心配なのが、栄養管理です。
食べる量が減るとどうしても栄養の摂取量も減りますから、赤ちゃんへの影響が気になる人もいるかもしれませんよね。

そこでおすすめなのがサプリメントです。
基本的にサプリメントはカロリーオフですから、摂取カロリーを減らしながらも妊娠中に必要な栄養素を摂取するのには非常に便利。
妊婦さん用のサプリメントも色々出ていますから、ぜひ利用してみましょう。

太りすぎてしまったからと無理な食事制限などは避けましょう

RISK

妊娠中に必要以上に太ることは避けたいものですが、だからといって極端な食事制限によるダイエットは、妊娠中には厳禁です。
無理に食事を減らすことは通常の人でも健康に悪影響が出ますが、妊婦さんとなると影響はご自身だけに留まりません。
赤ちゃんにまで健康被害が出ては元も子もありませんよね。

妊娠中のカロリー管理をご自身ですることに不安がある人はぜひ、お医者さんに相談してみましょう。
健康的に適正体重を維持する方法を教えてくれるはずですよ。

妊娠初期は体重の増加には注意が必要です

妊娠初期の体重増加についてのお話、いかがだったでしょうか。

基本的には、妊娠すれば誰もがある程度太るのは当たり前。
少し体重が増えたからといって心配しすぎる必要はありませんから安心してくださいね。
ただし、暴飲暴食と呼べるくらい食べ過ぎている自覚があるなら要注意。
必要以上に太ると赤ちゃんにも影響があることを覚えておいてください。

妊娠初期の体重をしっかり管理して、ぜひ健康な赤ちゃんを産んでくださいね。