妊娠初期の脇腹の痛みは病院に行くべき?【原因と対策方法】

妊娠初期に脇腹・横腹が痛いのは大丈夫なの?

妊婦さん

妊娠初期はお腹の中で色々な変化が起きている時期。
それだけにママの体にも様々な症状が表れます。

この時期に経験する人が多いと言われているのが、脇腹や横腹の痛みです。
でも、場所が場所だけに不安に思う人も多いかもしれませんね。

そこで今回は妊娠初期に脇腹が痛い時の原因や対策を詳しくご紹介していくことにしましょう。

妊娠初期の体に起こっていること

妊婦さん

妊娠初期はお腹の中で赤ちゃんを育てるために、まずホルモンバランスが変化します。
ホルモンバランスの変化によって出る症状として代表的なのがつわりですね。
また、受精卵が着々と育っていく時に子宮や靭帯が胎児に引っ張られたりすることも。
妊娠初期のママの体の中では、赤ちゃんが育つ過程で日々色々なことが起きているんですね。

妊娠初期に脇腹・横腹が痛いときに考えられる原因

お腹をおさえる女性

では、妊娠初期に脇腹に痛みが出た時に考えられる原因をいくつかご紹介していきましょう。

①下痢

まずは普通の腹痛の原因として考えられるものから挙げていきますね。

妊娠初期に脇腹が痛くなる原因としてまず疑っていただきたいのが、下痢です。
今まで下痢の時に脇腹に痛みが出たことがないという人でも、妊娠によって体の状態は変化しています。
妊娠初期の下痢と流産には大きな関連性はないため、そこまで心配する必要もありません。

②胃腸炎

下痢と同じく通常の腹痛の原因としてもう一つ可能性があるのが胃腸炎です。
妊娠初期はストレスも多く、体に心配事があったりして精神的に負担がかかる女性もきっと多いですよね。
こうした時期は胃腸炎を発症しやすいので、脇腹の痛みもそのせいかもしれません。

③円靱帯痛(えんじんたいつう)

こちらは妊娠が関係する腹痛の可能性です。

円靭帯というのは子宮を支えている靭帯なのですが、妊娠初期はホルモンバランスの変化や子宮の変化などで円靭帯が引っ張られやすくなると言われています。
この時に円靭帯の部分に負担がかかると、脇腹の痛みとなって表れることがあると言われているんですよ。

④膀胱炎

脇腹の痛みの原因としては膀胱炎も考えられます。
妊娠初期は免疫が落ちるために細菌の感染にかかりやすく、膀胱炎を発症しやすい時期だと言われています。
尿の回数や色などがおかしい時は膀胱炎を疑ってみてください。

⑤切迫流産

こちらはちょっと心配な症状なのですが、脇腹の痛みは切迫流産が原因になっていることも可能性としてはあり得ます。
脇腹の痛みと共に出血があるようでしたら、すぐに産婦人科を受診していただくことをおすすめします!

⑥子宮外妊娠

子宮外妊娠とは卵管や腹腔に着床してしまうこと。
かなり稀なことではあるのですが、子宮外妊娠のために脇腹に痛みが出ることもあります。
この場合も治療が必要ですので、なるべく早く産婦人科で相談してください。

⑦排卵痛、着床痛

こちらはまだ妊娠したと気付く前に起きる可能性が高い脇腹の痛みです。
排卵の時、また着床の時に脇腹が傷むことがあるのですが、我慢できないような痛みでない場合は経過観察になることが多いとされています。
ただ、あまりにも痛い場合はお医者さんに言ってくださいね。

⑧絨毛膜下血腫(じゅもうもくかけっしゅ)

妊娠初期、胎盤が作られる時に異常が起きて発症することがあるのがこちらの症状です。
絨毛膜下血腫も切迫流産などと同じように出血が起きることが多いのですが、出血量が少ない時はそのまま様子を見るという診断になることもあります。

妊娠初期の脇腹の痛みが流産の場合はこんな症状

お腹をおさえる女性

脇腹の痛みの中で特に怖いのが切迫流産ですよね。

切迫流産の場合、脇腹の痛みの他に下腹部の痛み、そして出血が起きます。
出血の量については個人差があり、少量だからと言って安心できるとも限りません。
早く気付けば赤ちゃんを助けることもできますので、こうした症状に気付いたら急いで産婦人科で治療を受けるようにしてくださいね。

妊娠初期の脇腹の痛みの対処方法

妊娠初期の脇腹の痛みには色々なものがありますが、経過観察ということになっても痛みが続くのはつらいですよね。
妊娠初期の脇腹の痛みを緩和するためのアイテムや方法をご紹介しましょう。

①トコちゃんベルト

トコちゃんベルト

トコちゃんベルトは、妊婦さん用の骨盤ケアグッズです。
妊娠後期の重たいお腹を支えるのにも効果がありますが、初期の脇腹の痛みにも効くということで多くの妊婦さんに愛用されています。
産後にも活用できますので、今のうちに購入しておくといいかもしれませんね。

②冷たい飲み物を飲みすぎない

冷たい飲み物も時々ならいいですが、あまり飲みすぎないように気を付けてください。
普通の人でも冷たいものを飲みすぎると下痢やその他の体調の異変が起きることが多いもの。
妊娠初期にお腹に痛みが出ると精神的にもつらいですから、飲み物はできるだけ温かいものや常温のものを摂るようにしてください。

③体を冷やさないように注意する

妊娠初期のママの体はとってもデリケート。
赤ちゃんのためにも、できるだけ体を冷やさないように心掛けたいものですよね。
体を冷やさないことは脇腹の痛み予防だけでなく、ママの体、そして赤ちゃんのためにも大切なこと。
ぜひこちらもしっかり対策をするようにしましょう。

自分で判断しすぎずに病院でお医者さんに相談してみよう!

妊娠初期の脇腹の痛みの原因として考えられるものは一通りご紹介しましたが、今回挙げたのはあくまでも一例です。
また、それぞれの症状も個人差が非常にありますから、ご自身で判断していただくのは危険ですよ。

ぜひ妊娠初期に脇腹の痛みが出た時は安易に自己判断せず、お医者さんに相談するようにしましょう。
何事もなければそれでいいですし、何かあっても早く治療できれば大事に至らずに済みますよ。

妊娠初期の脇腹の痛みを理解して落ち着いてお医者さんに相談してみよう!

妊娠初期の脇腹の痛みについて、いかがだったでしょうか。

下痢や胃腸炎など妊娠に関係ない痛みであれば良いですが、もし赤ちゃんに危険が迫るようであれば大変ですよね。
妊娠初期の腹部の痛みは軽視せず、少しでもおかしいと思ったらすぐにお医者さんに行くようにしましょう。

大事な時期を乗り切って、ぜひ元気な赤ちゃんを産んでくださいね!