妊娠初期・超初期にげっぷがよく出る理由とは?【対策方法あり】

妊娠初期のげっぷはつわりや胃腸の機能低下が原因!

お腹をおさえる女性

妊娠すると、妊婦さんの体は急激に変化します。つわりに伴い、さまざまな症状があらわれるように。

その一つが「げっぷ」です。妊娠初期にげっぷが頻発する妊婦さんは少なくありませんが、それにはつわりや胃腸の機能低下が関係しているのです。

今回は、妊娠初期のげっぷの原因や対策法について詳しく解説していきます!

そもそもげっぷが出るメカニズムとは

考える妊婦さん

それでは、そもそもげっぷはどういう仕組みで起こるのでしょうか。

げっぷとは胃の中にたまった空気やガスが、食道を通って口から出ていく現象を言います。食事の際食べ物と一緒に飲み込んだ空気が胃にたまり、食べ物に圧迫されて押し出されてくるのです。

普段は食道の弁によって空気の逆流はさえぎられていますが、体積が増えると弁が緩んでげっぷがでるわけです。

【妊娠初期のげっぷの原因①】胃腸機能の低下

お腹をおさえる女性

では今度は、妊娠初期のげっぷの原因について見ていきましょう。まずは胃腸機能の低下が関係したものです。

①黄体ホルモンの増加によるもの

妊娠すると女性ホルモンの分泌が促進されます。その一つである黄体ホルモン(プロゲステロン)には、腸の蠕動運動を弱める作用が。

腸の働きが鈍ることで、普段より胃に食べ物が留まる時間が増え、胸やけを起こしてガスが逆流してしまいます。

②自律神経の乱れによるもの

妊娠すると女性ホルモンの分泌バランスが乱れるのは前述の通りですが、その影響で自律神経にも乱れが生じます。

自律神経が乱れることで胃腸の働きも弱くなり、やはり胃にたまった空気やガスが逆流しやすくなるわけです。

③ストレスによるもの

妊娠すると、知らず知らずのうちにストレスをためがちです。つわりなど体調の変化や不安などもあり、精神的に不安定になることも。

こうした気分の不調によって消化器にも悪影響が起こり、胃のもたれやげっぷなどの症状となることがあります。

【妊娠初期のげっぷの原因②】つわり

吐き気のする妊婦さん

続いての妊娠初期のげっぷの原因は、つわりに関係したものです。つわりとげっぷにはどんな関係があるのでしょうか。

①食べつわりによる食べ過ぎ

妊娠初期には多くの女性がつわりに苦しみますが、つわりもいろいろなタイプがあります。その一つである「食べつわり」は、空腹時に吐き気を覚えるために、常時ものを食べてしまうという症状。

このために胃腸の働きが弱り、げっぷが出やすくなってしまいます。

②よだれつわりによって空気を飲み込んでしまう

食べつわりの他に、「よだれつわり」というものもあります。これは何も食べていない状態でもよだれが出てしまう症状で、絶えず口の中に唾液が分泌されます。

それを頻繁に飲み込んでいると、一緒に飲み込まれた空気が胃にたまり、げっぷとなって出てしまうわけです。

葉酸サプリでつわりが軽減できるって本当?

ところで、つわりを抑えるのには葉酸が効果的と言われています。

これは科学的な根拠はないものの、葉酸がホルモンバランスを整えたりセロトニンの分泌を促すことによって、つわりの症状を軽減しやすくなると考えられます。

実際に、葉酸でつわりが楽になったという人は多いようです。

げっぷ対策のきほんは胃に負担をかけないこと

妊婦さん

ここでは、妊娠初期のげっぷ対策のポイントについて見ていきましょう。何と言っても、胃に負担をかけないことが大切になります。

①胃に優しい食べ物を食べる

胃に負担をかけないためには、まず消化の良いものを食べるのが大切。具体的には、おかゆやにゅうめん、半熟卵や白身魚といったものから、バナナや長いも、じゃがいもなどが良いでしょう。

また、ヨーグルトなどの乳製品を食前に食べるのも、げっぷ防止に効果的です。

②一度に食べる量を減らす

げっぷを抑えるには、消化の時間を短くして胃に負担をかけないことが大事です。そのために、食事は小分けにして食べるのがポイント。

妊娠中はついたくさん食べたくなることもありますが、一度に多く食べるとそれだけ消化に時間がかかってしまいます。一度の食事分を、何回かに分けるようにしましょう。

③ゆっくり食べる

胃腸をいたわり、消化しやすくするには、食事をゆっくり摂ることが大切です。急いで食べると咀嚼の回数も減り、消化もしにくくなってしまいます。

慌てて食べず、時間をかけてよく噛むようにしましょう。また、時間をかけることで胃に入る空気の量も減らすことができます。

その他、妊娠初期・超初期にすべきげっぷ対策

OKを出す妊婦さん

妊娠初期や超初期のげっぷ対策は、上記のようなものだけでなく他にもあります。普段から心がけたい対処法について見てみましょう。

①姿勢を正す

姿勢の良しあしはげっぷと大きく関係しています。うつむいたり猫背の時は、食道と胃の間の噴門という場所に負担がかかってしまいます。そうなると、胃酸が逆流しやすくなるのです。

ですから、日常的に姿勢をまっすぐキープするよう心がけましょう。

②リラックスする

ストレスが妊娠初期のげっぷにつながりやすいことは、前に触れました。つまり、ストレス解消はげっぷ予防の大事なポイントと言えます。

日ごろからストレスをためないよう、リラックスやリフレッシュに気を使いましょう。音楽を聴いたり体をほぐしたりすることで、気分のガス抜きを図るのが大切ですよ。

妊娠初期のげっぷはいつまで続く?

頭痛・めまい(女性)

げっぷに悩む多くの妊婦さんにとって、「いつまで続くの?」というのは気になるところでしょう。実際に、げっぷはいつごろまで続くのでしょうか。

一般的には、つわりがおさまればげっぷも治ることがほとんどです。場合によっては妊娠後期まで続くケースもありますが、多くの場合妊娠三ヵ月目ごろをピークとして、その後次第に減っていくようになっています。

どうしてもげっぷが気になる場合は病院へ

OKを出す女医さん

妊娠初期のげっぷがどうしても気になったり、あるいは中期を過ぎてもげっぷがおさまらないという場合には、医師に相談してみましょう。げっぷがあまりに多く出過ぎると、「逆流性食道炎」を起こす危険があります。

これは胃酸が逆流することで食道に炎症が起きる症状で、胸の痛みやせき、のどの違和感などを伴います。げっぷと共に胸やけやのどの痛みなどを感じるといった場合は、すぐに病院で診察を受けて下さい。

まずは食から。胃をいたわって素敵な妊娠生活を送ろう

いかがでしたか?このように、妊娠初期にはつわりと共にげっぷが出やすくなります。これにはホルモンバランスやストレスなどさまざまな要因が関係していますが、対策によって抑えやすくすることもできます。

それには何より、胃をいたわることが大切。まずは食事の仕方を工夫することで、消化を良くするなどを心がけましょう。