妊娠初期の妊婦さんが気をつけることは?注意点をまとめました!

妊娠初期は気をつけることがたくさんあります!

自分が妊娠したことを自覚する妊娠初期は、決して油断はできない時期。赤ちゃんのためにも、また自分自身のためにも、気をつける必要や注意しなくてはいけないことがたくさんあります。

今回は妊婦さんが妊娠初期に気をつけるべきさまざまな注意点について、詳しくまとめてご紹介していきます。

そもそも妊娠初期っていつ頃?

「妊娠初期」とは女性の体内で受精が成立した後の妊娠4〜15週の期間、約4ヶ月間のこと。それ以前、排卵までの妊娠0~4週の1ヶ月間は「妊娠超初期」と呼ばれて区別されます。

女性の体内で精子と卵子が出会い、受精すると急激にホルモンのバランスが変化し、つわりなどの症状が出て多くの人が妊娠を自覚するようになります。

妊娠初期の妊婦さんが気を付けることは?

禁煙、禁酒、禁薬

妊娠初期はまだ胎盤や胎児の中枢機能が完成していない、不安定な時期。妊娠の継続や赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす恐れのある生活習慣は、改めていく必要があります。

①お酒やアルコールは控えましょう

妊娠初期はアルコールがお腹の中の赤ちゃんにも影響を及ぼし、中枢神経障害や胎児性アルコール依存症を引き起こすリスクがあります。妊娠がわかった段階で、お酒を控えるよう心掛けましょう。
どうしてもお酒をたしなみたい場合は、アルコールがほとんど含まれていない、甘酒などがオススメです。

関連記事

妊婦さんに甘酒はおすすめなの?【効果や注意点を詳しく解説】

②激しい運動も控えたほうが良いです

適度な運動習慣は健康に良いのですが、妊娠初期の母体はまだまだ不安定。胎盤が完成していない時期でもありますので、激しい運動は厳禁です。体を動かしたい場合は、ストレッチやヨガなどの穏やかな運動を選ぶことをおすすめします。

③不用意な服用は胎児や母体に副作用をもたらすことも

妊娠中はへその緒で母体と胎児の血液交換が行われていますので、薬などの影響も胎児に移行するリスクがあります。特に胎児の中枢機能が形成される妊娠初期に頭痛薬や風邪薬などの市販薬を安易に使うのは避け、サプリメントなども必ず産婦人科医に相談をしてから服用しましょう。

④感染症にも注意が必要です

妊婦がリンゴ病に感染すると胎児貧血の原因になりますし、風疹は赤ちゃんに先天性風疹症候群を引きおこすリスクが。猫の糞や鳥類に寄生するトキソプラズマは母体を経由して胎児に感染すると、水頭症や運動機能障害などを引き起こす可能性がありますので、日頃から感染症対策が必要です。

妊娠初期は食生活でも気をつけることがあります

妊娠中はお腹の赤ちゃんのためにもしっかり栄養を摂る必要がありますが、何でも食べればいいというわけではありません。次の点に注意をしながら、食べ物は厳選していく必要があります。

①特定の成分の摂取には注意しましょう

魚介類などの海産物の過剰摂取は、ヨードや水銀を必要以上に体に取り入れてしまう可能性があります。ヨードの過剰摂取は胎児に甲状腺機能障害を引き起こしますし、水銀は言わずと知れた水俣病の原因に。ビタミンAを摂り過ぎると胎児に耳の形態異常などが起きることが指摘されていますから、食材が偏らないように注意が必要です。

②成長に必要な栄養が不足しないように気をつけましょう

胎児の成長に必要な栄養をピンポイントにわきまえておかないと、ただカロリーや塩分だけを摂るだけで栄養不足になってしまうことも。特に受精卵の正常な分裂を促進する葉酸は、食事からだけでは不足しがちな栄養素。胎児の中枢器官が形成される妊娠初期は、積極的に摂ることを心掛ける必要があります。

妊娠中の栄養管理には葉酸サプリがオススメ!

サプリメント

妊娠初期に胎児に必要な栄養不足を起こさないために妊婦さんにおすすめなのは、葉酸サプリです。サプリメントに含まれる葉酸は、身体への吸収率が良いモノグルタミン酸型。調理の手間などなくつわりで体調が悪くでも気軽に栄養の補給ができますし、葉酸以外のビタミンやミネラルもあわせて摂れるので、健康効果が高いのです。

妊活中の女性も同じく注意が必要です

葉酸を始めとする栄養補給や生活上の注意が必要なのは、妊娠初期の妊婦さんだけではありません。赤ちゃんが欲しいと意識し始めたら、妊活中や受精卵ができる前の妊娠超初期から、母体の調子をベストに整えておく必要があります。特に妊娠超初期はほとんどの人が妊娠に気が付かないので、気をつけましょう。

気をつけることがたくさんあるからとストレスを溜め込むのもよくありません

頭痛・めまい(女性)

食生活や生活習慣だけではありません。母体の健康維持のためには、メンタル面での健康を維持することも重要です。ストレスも妊娠の維持に悪影響を及ぼしますので、仕事や人間関係の悩みなどを一人で抱え込むのは禁物。身近にいる信頼のおける人に相談をしたり、適度な息抜きをしながら、上手にストレスを発散させていきましょう。

妊娠初期に不安や疑問があれば産婦人科に相談しましょう

OKを出す女医さん

妊娠初期にはさまざまな注意すべきことがあると知ると、不安になってしまうという人も多いのですが、これらは絶対厳守というわけではありません。我慢や頑張りがストレスを増大させることもありますので、不安や疑問がある場合はかかりつけの産婦人科の医師に遠慮なく相談をして、自分や赤ちゃんにとって一番良い道を選びましょう。

妊娠初期は無理のない範囲で注意点を守るようにしてください

妊娠中は何より胎児の健康と正常な発達を優先させるべきですが、ママとなる自分自身の健康を守ることも大切です。妊娠初期の生活は女性だけでなく、パートナーとなる男性の協力なくしては成り立ちません。夫婦で充分話し合い、協力しながら、無理のない範囲で生活を改善していきましょう。