妊娠超初期・初期に辛いものを食べるのはNG?胎児に悪影響は?

妊娠超初期・初期に辛いものを食べても大きな問題はない

麻婆ナス

妊娠がわかってからはもちろん、超初期でまだ自覚症状などがない時期でも、できれれば赤ちゃんに悪いものは食べたくない…そう思う女性はきっと多いですよね。

赤ちゃんに悪そうな食べ物として何となく思い浮かべる人が多いと思われるのが、辛いもの。
お腹に赤ちゃんがいる状態で辛いものを食べたら、赤ちゃんがびっくりしてしまうような気もしますが…?

でも、実は妊娠初期に辛いものを食べてしまっても、そんなに大きな問題はないと言われています。
今回は妊娠中に辛いものを食べることについてを詳しく考えていきましょう。

辛いもので胎児に悪影響を及ぼすことはないです

妊婦さん

食べ物の辛さは、唐辛子や胡椒などの香辛料に由来するものですよね。
これらは生薬としても使われることがあるように、体に悪いどころか使い方によっては健康のために役立ってくれる成分です。
つまり辛いものを食べたからといって胎児に悪影響が出るということは、必ずしもないと言えるんですよ。

ただし、辛いものは口の中や体への刺激になることは間違いありません。
ちょっと注意もありますから、ここから先もしっかり読んでおいてくださいね。

ただし食べ過ぎには注意が必要です

バツをする妊婦さん

妊娠初期に辛いものを食べたからと言って赤ちゃんに悪い影響が出るとは言えませんが、やっぱり食べ過ぎは良くありません。
妊娠初期に辛いものを食べる時は以下のことに気をつけてくださいね。

①妊娠初期は胃が荒れやすい

妊娠初期はホルモンバランスが変化していたり、つわりの影響もあって胃が荒れやすくなっています。

辛いものは味も刺激的ですが、味覚を感じない胃に入ってからもその刺激は続きます。
ですから辛いものを食べ過ぎてしまうと、知らないうちに胃に負担がかかるということにもなりかねません。

もちろん適量であれば大丈夫ですが、食べ過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

②便秘や下痢を引き起こすことも

辛いものは胃だけではなく腸にも刺激になります。

辛いものの刺激によって超の活動が活発になりすぎると、水分の吸収がうまくいかなくなることがあります。
水分が吸収されないまま便として排出されるということは、つまり下痢になってしまうということ。
辛いものを食べ過ぎて下痢になった経験がある人もいるかと思いますが、こうしたメカニズムだったんですね。

またカプサイシンには交感神経を刺激するはたらきがあるとされているのですが、場合によっては大腸の動きを抑制することがあると言われています。
つまり、便秘になる可能性もあるというわけ。

妊娠初期は腸もかなりデリケートになっていますから、こうした影響が普段よりも強く出ることが考えられるんですよ。

特に塩分の過剰摂取には気を付けましょう

お腹をおさえる女性

ここまでは主に「辛さ」成分による体への影響をご紹介してきました。

でも辛いものには辛さ成分以外にも、塩分が入っていますよね。
辛いものを食べ過ぎるということは、それだけ塩分も過剰に摂取してしまうということ。
妊娠初期にはこちらのほうが重大かもしれません。

①妊娠高血圧症候群につながることがある

妊娠中はどうしても高血圧になりやすいのですが、塩分を過剰摂取することでその可能性がさらに高まってしまいます。

妊娠中に高血圧になる症状には妊娠高血圧症候群という名前がついているのですが、母体への影響としてはむくみや体重の急激な増加があります。
さらに重症化すると脳出血を引き起こす可能性もありますので、ただの高血圧だからと軽視するのは危険なんですよ。

②胎児の発育不全や機能不全を引き起こす場合も…

妊娠高血圧症候群は母体だけでなく胎児にも重大な影響があるとされています。

妊娠高血圧症候群が進行すると胎児の発育不全や機能不全、さらには死亡するケースも少なくないと言われているんですね。

こうしたことを未然に防ぐためにも、塩分などの高血圧を招く食べ物を過剰に摂取することは避けることをお勧めします。

辛いものは食べ過ぎなければ妊娠初期に良い影響ももたらします

筋トレする妊婦さん

辛いものを食べ過ぎると様々な悪影響が考えられるというお話をしましたが、適度であれば妊娠初期にはむしろ良い効果があるとも言えます。
どのような効果が期待できるのでしょうか。

①血行促進作用

辛いものを食べると汗が出ますよね。
これは辛味成分の効果で全身の血行が良くなっている証拠です。

妊娠初期は体に気を使う人が多いと思いますが、それだけに普段よりも運動不足になりがち。
体を動かす機会が減ると血行不良を招きやすく、それによって体に色々な不具合が出ることもあります。

辛いものの効果を利用して血行促進できれば、妊娠初期の健康増進に効果が期待できますよ。

②食欲増進効果

妊娠初期はつわりなどの影響で食欲が落ちてしまうことがありますよね。
でも、栄養を摂るためにはしっかり食べないと…そんな時にも辛いものは役に立ってくれるかもしれません。

辛い味の元になっているカプサイシンには食欲増進効果があります。
確かに、辛いものって他の食べ物よりもたくさん食べられる感じがしますよね。

妊娠初期で食欲がない時でも、少し辛い味付けをしたものなら食べられるかもしれませんよ。
良かったら試してみてくださいね。

妊娠超初期・初期には辛いものの食べ過ぎには注意しましょう

辛いものが妊娠超初期・初期に与える影響について、いかがだったでしょうか。

結論から言って、体に負担がかからない程度に辛いものを食べるぶんには赤ちゃんへの影響はほぼないと考えて頂いて大丈夫です。
それどころか妊娠初期のつらい症状を和らげることができる可能性もありますから、ぜひ上手に食卓に取り入れてみてください。
その上で、食べ過ぎにだけはくれぐれも注意してくださいね。

辛いものを上手に味方につけて、妊娠初期を乗り切っていきましょう!