肥満だと不妊に繋がるのはほんと?不妊治療もできない?

肥満だと不妊の原因に?!

「太っていると、妊娠は無理なの?」と悩んでしまう女性も少なくありません。いったいどんな状態が肥満なのか、基準を調べてみました。日本肥満学会の定めでは、BMI25以上が肥満とみなされます。BMI25以上あっても妊娠している人はいますので、肥満が直接不妊につながるとはいえません。しかし肥満が原因で、不妊のリスクが高まることが想定されるため、標準体重のほうが望ましいと判断できます。次からは不妊と肥満の関係から、どんなリスクがあるのかをみていきたいと思います。

不妊と肥満の関係とは?

バツを持つ女性

肥満の場合、体内の血流が滞りがちになり、卵巣にも十分な血液を送ることができません。すると、卵子の成長を妨げることにもつながります。血行不良による冷えは、体型問わず不妊を招く原因ともいわれています。肥満の場合、脂肪細胞が多く、女性ホルモンも高めに。ホルモンが乱れることで、卵巣が正常に機能せず、排卵障害に至ることもあります。また、多嚢胞性卵巣症候群に陥るリスクが高いという指摘もあります。肥満ならではのデメリットが、不妊に関係してくると考えてもよいでしょう。肥満といっても、妊娠できないわけではなく、妊娠できる確率が減ってしまうといえます。

そもそも不妊の定義とは?

■「基礎体温表」は撮影用にデザインしたオリジナルの小道具です。

日本産科婦人科学会の定義を参照すると、一定期間夫婦関係を持っていても妊娠が成立しない場合を不妊とみなすとのこと。一定期間は1年間です。自然妊娠を希望しているものの、なかなか妊娠しないという人は1年を目安に、不妊かどうかを判断してみましょう。1周期あたりの自然妊娠率はだいたい20%、多くて30%といわれており、決して高くありません。また年齢が進むと確率も少なくなります。1~2回チャレンジしてみたけどダメだったから不妊ではありません。一定期間を過ぎても結果が出ないなら、不妊治療も検討してみましょう。ところで、肥満だと不妊治療ができるのかどうかも心配ですよね。治療が受けられるかも考えてみましょう。

肥満は不妊治療すらできない?

肥満でも治療は受けられますが、クリニックによってはダイエットをしてから治療に入る場合もあります。なぜなら、肥満の状態での妊娠には母体のみならず、胎児にも影響を及ぼすと判断できるからです。実際に排卵障害が起こっている場合は、その治療が優先されることも考えられます。それなら、ダイエットをしてからクリニックに行けばOKかというと、そうともいいきれません。ダイエット方法が間違っていれば、妊娠力をダウンさせ、不妊につながる恐れもあります。クリニックに行って相談をするほうが、確実といえます。

肥満は流産の確率も高いの?

肥満人口が多い米国の論文によると、肥満の妊婦を対象に、妊娠10週未満で2回以上流産をした人の原因を追究。その結果、染色体異常がなくても流産しやすいことが判明しました。染色体が正常な場合での流産は、赤ちゃんが育つ環境のほうに原因がある可能性があるということに。通常の体型でも流産の確率は10%ほどあるといわれていますが、BMIが28以上での流産率は13%とやや高めになっています。また流産を繰り返すリスクも指摘されていますので、肥満だと流産には注意といえます。

でも妊活中に過度なダイエットは禁止!

肥満は妊娠にもいろいろなリスクが伴うことがわかりましたね。しかし、太っているから痩せなきゃ!と焦ってダイエットを始めるのはよくありません。妊娠力を高めるには正しい食生活が基本になるからです。過度な食制限をしてしまうと、子宮や卵巣に栄養が届きにくくなってしまうことが考えられ逆効果に。自己流のダイエットは、不妊を招く原因になってしまいますよ。リバウンドの恐れもあります。健康的な体型で妊娠するなら、クリニックに行って相談するのが安心です。

【番外編】痩せすぎてても不妊に繋がるの?

考え込む女性

肥満とは真逆の痩せすぎ。痩せとはBMIが18.5に満たない人のことを指しますが、痩せでも不妊のリスクはあるのでしょうか。ズバリあるといえます。痩せの場合は、女性ホルモンが不足することによる子宮や卵巣への影響があります。妊娠できてもホルモンバランスが崩れて、妊娠を継続することが難しくなるでしょう。痩せていると妊娠よりも、生命維持のほうにエネルギーが使われるため、妊娠しにくい状況になると考えられています。体重を数kg増やすだけでも、女性ホルモンが出やすくなるそうですので、痩せすぎないようにしましょう。健康的な体はBMI22です。

不妊にならないためには健康的な体型を目指そう!

肥満でも痩せでも、不妊になりやすいです。肥満の人は、できるだけ健康的な体型になってからのほうが、妊娠した後のリスクも回避できて安心。しかし、いきなりダイエットをすると逆効果になる恐れもあります。専門医に相談するほうがよいでしょう。ダイエットをしている女性は多いと思いますが、痩せすぎても不妊へのリスクが高まることは、覚えておいてください。肥満や痩せは、妊娠のカギを握る女性ホルモンのバランスを乱す恐れもあります。健康的な体型を目指しましょう。

 

この記事のカテゴリー: カテゴリー妊活中