妊活中の冷え性を撃退して妊娠しやすい体に!対策グッズ10選

妊活中の女性は冷え性に要注意!その理由とは?

冷え性に悩む女性はとても多い中のに、対策をしている女性はごく少数です。
ひざ掛けや手袋などで防寒対策を万全にしているようでも、用途にあっていなかったり、気付いたら対策を・・・と体を温めることに対してはそんなに気にしているようではありません。
体の冷えは単に寒いというだけではなく、冷えが原因の女性の不妊症につながることもありますので注意が必要です。今は便利なグッズが販売されているので上手に使って体を温めましょう。

なぜ冷え性だと不妊症になりやすいの?

考え込む女性

冷えというのは、寒いというだけではなく、血液の流れが悪くなることで様々な体の不調がでてきてしまいます。特に妊活中の女性にとっては冷えは見過ごすことができない症状です。

子宮が冷えることによって起こる生殖機能の低下

子宮の冷えは女性の体に大きな影響を与えます。体の冷えは実は不妊にも深く関係があり、生殖機能全体に影響を及ぼしてしまいます。
なぜなら冷えは血液の流れを滞らせ、体の内側全体が冷え切ってしまうからです。
血液によって栄養素が運ばれていきますので子宮内は血液不足により、子宮内膜症などになる可能性が高くなります。
冷え対策をしないということは妊娠しにくい状態をそのままにしていることと同じです。

ホルモンバランスの乱れ

冷えたままの体を放置しておりく自律神経が乱れることによって、体温調節がうまくできなくなり、血液の流れが滞ってしまいます。

血液がスムーズに流れず体が冷えたままだと、自律神経やホルモンバランスの乱れを引き起こしてしまいますが、ホルモンバランスが崩れたままでさらに放置されてしまうと排卵障害などを引き起こす可能性も高くなります。
体の不調というのは、次々と負の連鎖を起こしてしまいかねません。

【妊活中必見】冷え性の種類で原因が違う!

バツを持つ女性

冷えのタイプを知ることによって、どんんた対策をとればいいのかがわかります。自分の冷えのタイプとその原因を理解しておきましょう。

全身冷え性タイプ

全身冷え性タイプの人は、体全身が冷えていて体温が36℃以下の低い状態です。全身が冷えているので、実はまさか自分が全身冷え性タイプだということがわかっていない人が多くいます。
自覚がないため、対策をとらずますます症状が悪化しがちです。

冷えの原因
●飲酒やタバコ
●運動・栄養・睡眠の不足
●内臓機能の低下
●自律神経の乱れ
●ホルモンバランスの乱れ など

末端冷え性タイプ

全身が冷えている人とは反対に、体全身は温かいのに、なぜか手と足だけが常に冷たく対策に困っているという人は、四肢の末端冷え性の可能性があります。この冷え性のタイプは、10代~20代の若い女性に多く、痩せ型の人・ダイエット中で食事制限をしている人にも多く見られます。

冷えの原因
●末端の血行不良
●食事量が足りない など

下半身冷えタイプ

下半身冷えタイプで悩む人は、手や足、頭はとても温かいのに、足のももからつま先だけが冷える症状に悩まされる人が多くいます。
下半身冷え性の多くは、デスクワークなどの事務仕事につく人に多くみられ、その他生理不順やひどい生理痛・夜中にトイレに起きることが多い、夕方の足のむくみなどの症状もみられます。

冷えの原因
●長い時間、座りっぱなしによる坐骨神経の圧迫
●ジーンズやタイトスカートが多く下半身を圧迫している など

ほてり冷えタイプ

血行不良が原因で起こる冷えの一種です。顔はほてっているのに手や足の先など身体の末端が冷える状態がほてり冷えです。
冷えのため、首から上に汗をかいたり、熟睡できないなどの症状もあります。

冷えの原因

●常にストレスを感じている
●寒い屋外と暖房の効いた室内との温度差
●寒暖差に体がついていけず、自律神経のスイッチがうまく切り替わらない
●生活が不規則 など

冷え性を改善する方法とは?

スマフォを見る女性

冷え性を改善するためには、なにもしないままでは悪くはなっても良くはなりません。生活習慣を見直したり、食事を見直したりする必要があります。
改善策はいろいろありますが、冷えというのは、体質を改善しなくては解決しません。とは言え、日常生活で改善策を実行するのはなかなか難しいのも現状です。
そこで、体の内側から作用する漢方を飲んでみたり、体を外側から温めてくれる便利なグッズを利用することで、冷え性を改善していきましょう。
漢方やグッズは、お店やネットで簡単に購入することができます。

【妊活者必見】冷え性改善最強グッズ10選!

妊活にも影響がある冷え性を改善するために、様々な対策グッズを試してみましょう。自分のライフスタイルにあったグッズで上手に、そして快適に冷え性を改善しましょう。

【1】よもぎ蒸しパッド

よもぎ蒸しパッド

よもぎ蒸しパッドは韓国では馴染み深い自宅でできる温活です。一定した温度が、長時間持続して体の芯から温まることができるグッズでじんわりとした温かさが体全体を温め、新陳代謝を促してくれます。
オーガニックのコットンパッドなので敏感肌の人も安心して使用できます。

●価格
1セットお試し10P入 1000円(税・送料込み)

2セット以上
30p入 2500円 (税・送料込み)

【2】あったかチタン足裏ベルト

あったかチタン足裏ベルト

足に着用するだけで、輻射熱が足裏を温める足用のベルトです。外出時や就寝時など、足の裏が冷えている時に使用すればじんわりと体をあたためてくれます。
伸縮性と弾力性、共に優れていますので窮屈な感じはしません。また製品は薄手なので靴を履いて使用することができ、洗濯もできます。
●商品サイズ  約10×6.5cm
●価格 1420円(税込み)

【3】やわらか湯たんぽ

やわらか湯たんぽ

肌触りのいいやわらか湯たんぽは、耐熱性・保温性に優れたウエットスーツ素材を使用して作られています。
丁度よい暖かさで体を温めてくれます。表地はナイロンジャージ加工がしてあり、カバー無しで使用できます。

●クロッツやわらか湯たんぽたまご型タイプ 3078円(税込)
●クロッツやわらか湯たんぽ足用ショートタイプ 15120円(税込)
●クロッツやわらか湯たんぽ肩用タイプ小 4968円(税込)
●クロッツやわらか湯たんぽ肩用タイプ大 6480円(税込)
●クロッツやわらか湯たんぽ旅行用タイプ特大 6048円(税込)

 

【4】シルクのびのびパンツ

シルクのびのびパンツ

おなかやおしりの冷え対策に、腹巻きとパンツが合体した商品です。素材にはシルクを採用。肌を優しく包みながら、おなかとお尻を温かく快適に保ちます。
伸縮性にも優れ締め付け感がありません。安心の日本製です。

●価格 3066円
●サイズ フリー(適応ウエストサイズ:55-100cm)
●素材 絹90%、ナイロン7%、ポリウレタン3%

【5】生姜紅茶

生姜紅茶

ほのかな甘みのある甜茶と、シナモンを加えたスパイスティーです。寒い季節や季節の変わり目にほっとする温かさです。妊娠中でも安心して飲むことができ、ティーバックなので簡単に飲むことができます。
生姜には体を温める作用が昔から知られており、たくさんのメーカーからも発売されています。
●価格 1026円(税込)
●内容量 2.5g入り32包

【6】きき湯

きき湯

温泉成分のツブが身体の様々な症状を和らげ、心地よい発泡と香りに癒されます。腰痛や肩こりにマグネシウム炭酸湯が気になる様々な症状の緩和に効果を発揮します。
入浴剤は好みの香りを選ぶこともでき、ゆったりと湯船に浸かることができるのでリラックス効果も期待できます。

●価格 648円(税込)
●原産国 日本
●内容量 360g

【7】オンセンスパインバス

オンセンスパインバス

松葉の精油が体を芯から温め、万病のもととも言われる冷えを解消してくれる入浴剤です。入浴後も保温が持続し、湯冷めしません。
森の木々の葉や幹から揮発するフィトンチッドを多く含む松葉エキスが主成分で、軟水化作用と保温力に優れた弱アルカリ性温浴剤です。

●価格 2500円(税込)
●原料 塩化Na、炭酸水素Na、ホウ砂、無水硫酸Na、テレビン油、γ-オリザノール、香料

【8】足湯用バケツ

足湯用バケツ

手軽にいつでも足湯ができる足用のバケツです。軽いので持ち運びも簡単で場所も取りません。
足首を温めると血行がよくなり自然と体が温かくなりリラックス効果も期待できます。
●価格 1210円
●内容量 13L用
●サイズ (幅×奥行×高さ)  38.2cm×37cm×20.2cm

【9】ネックウォーマー

ネックウォーマー

ネックウォーマーは首周りの動脈を温めることで、血行を促進してくれます。デザインやカラーなど、多くのメーカーから販売されていますので自分の好みにあったものを選ぶことができます。
外出先だけではなく、自宅でも使用できマフラーのように取れることもないので気軽に使用できます。
●参考価格 538円
●参考サイズ 幅約20cm 首回り45~64

【10】ホッカイロ

ホッカイロ

ホッカイロはもっともよく知られているグッズです。貼るタイプは、ポケットがなくても使用ができるので便利です。
就寝時の使用は低温やけどの可能性があるので控えましょう。その他、貼らないタイプや靴下用などもありますので上手に使い分けてみましょう。

●価格 645円
●商品サイズ 170×135×130mm
●原産国 日本
●内容量 30個入

日常から冷え性対策をすることが大事!

慢性化した冷えを改善することは、なかなか難しく日常生活の中で冷えないように工夫をしていくことが必要です。
適度な運動も効果的ですが、仕事や妊娠などで難しい場合は漢方や生姜紅茶を飲んで体の内側から温めたり、足湯やホッカイロ、ネックウォーマーなどのグッズで外側からも温めてみましょう。日常から冷えを解消していくことが大切です。
体の冷えの改善だけではなく、温かいものに触れると自然とリラックスできます。心身ともに温まり、冷え性を撃退して妊娠しやすい体作りをしましょう。

この記事のカテゴリー: カテゴリー妊活中