妊娠初期に葉酸を取りすぎるといけない?!過剰摂取のリスクとは?

妊娠初期に葉酸を取りすぎると危険?

考え込む女性

本来なら妊娠前から妊娠初期にかけ積極的に摂取が推奨されているはずの葉酸ですが、必要以上の過剰摂取による副作用の報告が確認されています。

通常であれば、必要量以上に摂取した葉酸は尿と一緒に体外に自然に排出されますし、食品から摂取する葉酸は水や熱に弱い為、調理によって半減しますので過度な心配は必要ありません。

とは言え、妊娠時に推奨されている1日の葉酸の摂取量は400μgであり最高でも1000μgとされています。これ以上の摂取は過剰となる為、注意が必要です。

葉酸の過剰摂取による副作用はある??

飲み物を飲む女性

1日に1000μg以上の葉酸を摂取してしまった場合の副作用としては、食欲不振・吐気・むくみ・不眠症などがあげられます。

その他、発熱やそれに伴う蕁麻疹、毛細血管が拡張したことによる紅斑という皮膚に紅い斑点が生じるなどの報告があります。
場合によっては、原因不明の痒みや呼吸障害、栄養素(亜鉛)の吸収率低下が生じることもあります。

葉酸は過剰摂取すると思わぬ副作用を引き起こすことがあり、お腹の赤ちゃんにも影響を与えかねません。

妊娠初期に葉酸の過剰摂取によって考えられる副作用はこれ!

お腹をおさえる女性

基本的には葉酸は必要な栄養素であり、安全性も高い栄養素です。妊娠時に関わらず、摂取するとよいものなので過剰摂取にさえ気をつければ問題はありません。

①食欲不振

葉酸は水溶性ビタミンのひとつです。ビタミンを過剰摂取することによる副作用に、食欲不振があげられます。

通常であれば尿や汗と一緒に体外に排出されるビタミンが葉酸の過剰摂取により体内に蓄積されてしまうことによる副作用です。

つわりなどで食欲が減退する妊娠初期は、特に食事に気を配る必要があります。食欲不振に拍車をかけないよう注意が必要です。

②むくみ

むくみは、体重が増加することではないので妊娠における体重管理にむくみには関係がありません。

体外に排出されなかった過剰な葉酸によって体内のバランスが崩れるためにむくみが起きる場合があるのです。

葉酸の摂取を始めてからもしむくみを感じた場合は、葉酸の過剰摂取を疑い摂取を少し控えるようにすれば問題はありません。

③不眠症

葉酸を過剰に摂取したことで「ビタミンB12欠乏症」の診断が遅れてしまう場合があります。

ビタミンB12欠乏症になると、神経症状が伴い睡眠のリズムを整えてくれるメラトニンというホルモンがうまく分泌されなくなり、不眠症になる場合があります。

またビタミンB12の欠乏により自律神経の働きが悪くなりイライラすることがあり、不眠症につながる場合があります。

④発熱に伴う蕁麻疹

葉酸を過剰に摂取すると発熱やかゆみを伴う葉酸過敏症になることがあります。

体が過剰に残留する葉酸を異物と誤って認識することにより、ヒスタミン物質が血管を拡張させてしまいます。これにより皮膚が赤くなりかゆみを伴い蕁麻疹を発症してしまいます。

発熱だけ、かゆみだけで発症せず複数の症状が発症するので注意が必要です。

妊娠初期の葉酸の摂りすぎは赤ちゃんにも悪影響

赤ちゃんの手

葉酸の過剰摂取による赤ちゃんへの影響については、喘息になる確率だけではなくアトピーなどアレルギー体質になってしまう確率も1日の葉酸摂取量を守っている妊婦に比べて高くなります。

赤ちゃんを育んでいる母体にも影響があり、様々な体調不良は精神的にも負担がかかってしまいます。

妊娠中はおだやかに過ごすことは、母体にも赤ちゃんにもよい影響を与えます。副作用に悩むことのないよう、葉酸の取りすぎには気をつける必要があります。

妊娠初期にもし葉酸を過剰摂取してしまったら

妊婦さん

葉酸を1日の摂取量より取りすぎてしまった場合は、いつもより水分を多めにとることで尿や汗と一緒に排出させることができます。

水分の取りすぎによるむくみなどには気をつけていつもより多めに水分補給をしてください。

また長期に渡って葉酸の取りすぎを続けない限り、すぐに影響がでるものではありませんので焦る必要もありません。

妊娠の中期も後期も葉酸は必要な栄養素であることに変わりはありません。規定量を守り葉酸を摂取するようにしましょう。

過剰摂取しないためのオススメの摂取方法とは?

妊婦さん

葉酸を過剰摂取しないようにするために、葉酸を摂取するタイミングを決めておくことをお薦めします。

葉酸は1日のうちでいつ摂取してもかまいませんが、効果と適切な量を守るためには薬と同じように管理をするのが一番です。

食後や就寝前などは忘れにくく、摂取しやすいタイミングです。1日飲み忘れたからとあわててまとめ飲みをすることは避けましょう。

葉酸摂取にオススメの食材はこれ!

野菜ジュース

葉酸が多く含まれている食材をうまく摂取することは、食生活のバランスを整えることにもつながります。

妊娠期間中の食事は母体にも赤ちゃんにも大切なことです。普段より意識して葉酸が摂取できるようにしましょう。

食材に含まれる葉酸の量は調理時に失われてしまうことが多いのでよく確認することもうまく摂取するコツです。

オススメ食材

    • 納豆
    • レバー
    • 枝豆
    • ほうれん草
    • うに

葉酸摂取にオススメの葉酸サプリはこれ!

妊娠中は摂取するものの安全性や含まれる栄養素などが気になります。

ベルタ葉酸サプリはそんな不安を解消するサプリメントです。1日に必要な葉酸400μgを配合し、無添加、27種類のビタミン・ミネラル、鉄分やカルシウムを含んでいます。また21種類の野菜に美容成分を6種類配合しています。

安心にそして簡単に葉酸を摂取することができるベルタ葉酸サプリは毎日の健康維持に役立ちます。

妊娠初期の過剰摂取に気をつけて正しく葉酸を摂ろう!

妊婦さん

葉酸に限らず、どんな栄養素であっても取りすぎては身体に悪影響を与えます。まして、母体だけではなく大切な赤ちゃんにも影響がでるのであれば尚更です。

妊娠初期は胎児の形成に最も重要な時期です。上手に摂取することで安心した妊娠生活を送ることができます。赤ちゃんを守るためにも、過剰摂取には気をつけて正しく葉酸を摂取しましょう。

この記事のカテゴリー: カテゴリー葉酸