排卵誘発剤で妊娠の確率が上がる?効果と副作用は?費用も紹介!

排卵誘発剤で妊娠できるのか徹底調査!

不妊治療を進めていく中では、さまざまな治療方法や薬の選択を迫られます。その中でもポピュラーな薬が、「排卵誘発剤」ですね。

今回は排卵誘発の種類や不妊の改善効果について解説しながら、排卵誘発剤に頼らない生活のポイントまで、詳しくまとめてご紹介します。

排卵誘発剤とは?

「排卵誘発剤」とは、人工的に排卵を促す薬剤のこと。婦人科で、不妊治療の一環として使われます。

生理はあっても排卵していない無排卵月経や、月経周期が異常に長くなって不妊を引き起こしている希発月経など、女性側に排卵障害がある場合に使用を検討されますが、体外受精や顕微授精をする際に、採卵する卵子の数を増やすためにも使われています。

排卵誘発剤の種類

排卵誘発剤にはさまざまな種類がありますが、内服薬と注射薬があります。一般的には効き目が穏やかな内服薬を使って治療を始め、その経過によって効き目の強い注射薬を検討していきます。

不妊治療に使われる代表的な薬剤を、ご紹介していきましょう。

セキソビット

「シクロフェニル」とも呼ばれる内服薬で、卵巣内にある卵胞の発育を促がす作用があります。排卵はできているもののなかなか妊娠できない場合の不妊治療の第一段階で使われることが多い薬剤です

クロミッド

脳下垂体に働きかけ、卵胞刺激ホルモンと黄体刺激ホルモンの分泌を促ことで卵胞の成熟を促す作用がある内服薬。「クロミフェン」とも呼ばれることもあります。何らかの原因があって排卵をしていない場合にも効果があり、クロミッドで良い効果が得られない場合はクロミッドの2段投与や、注射薬の使用にステップアップしていきます。

テルグリド

テルグリドは内服薬で、プロラクチンという妊娠を抑制する働きがあるホルモンの分泌過剰で妊娠しにくくなっている場合に効果があります。プロラクチンの分泌過剰を抑えるためにも、毎日継続して服用する必要があります。

HCG注射

HCG注射は、黄体ホルモンの分泌を促す、ヒト絨毛性ゴナドトロピン=HCGと呼ばれるホルモンを使った薬剤で、排卵を促す効果があります。クロミッドやHMG注射で卵胞を成長させてから、使用するのが一般的です。

HMG注射

HMG注射はヒト閉経ゴナドトロピン=HMGと呼ばれる、性腺刺激ホルモンを使った注射薬で、卵胞を成長させる効果があります。クロミッドで良い効果が得られ無かった場合の次のステップとして使われることが多いのですが、HMG注射単体で使われることもあります。

排卵誘発剤で妊娠確率は上がるのか?

排卵剤を使った不妊治療のファーストステップに使われるクロミッドの場合、平均的な妊娠率は約25~30%と自然妊娠の場合と同じなのですが、無月経の人は約7割、無排卵周期症の人は約9割の確率で排卵が起きますので、排卵誘発剤を使うと、妊娠する可能性は格段に高まります。

ただし、これも正しい医師の処方に従っているからこその数値です。排卵誘発剤は自己判断で使用をせず、必ず医師の指導に従って確実な効果をあげましょう。

排卵誘発剤の費用は?

不妊治療には、「お金がかかる」というイメージがありますが、排卵誘発剤は内服薬であっても、注射であっても、保険が適用されます。いきなり高額な治療費を請求されることはありませんので、前向きに治療を検討しましょう。

費用はそれぞれの症状や治療期間にもよって変わりますが、クロミッドなら1ヶ月あたり自己負担額は500円程度で済みます。注射であれば、薬剤が1回約400円~1,500円程度、一度の治療で5~10日間注射を受けて、さらに注射手技料などが加算されますので、事前に確認をしておきましょう。

排卵誘発剤を使うタイミングはいつ?

排卵誘発剤には、投与に適したタイミングがあります。内服薬のクロミッドであれば、生理が始まって3〜5日目から、1日1〜3錠を5日間服用していくと、服薬後7〜10日前後に排卵が起きます。

効き目が強い注射薬の場合は、超音波検査等で卵胞の成長具合をチェックして、医師がベストタイミングを見計らって処方を始めていきますので、医師の指導に従いましょう。

排卵誘発剤の副作用とリスク

RISK

排卵誘発剤の安全性は確認されていますが、本来の体の営みに反して無理に排卵を促すことで、つぎのような悪影響が起きる可能性はあります。

多胎妊娠

排卵誘発剤を使うと、複数の卵胞が一度に成熟してしまい、何個物卵子が排卵されてしまいます。そのため、自然妊娠では双子以上の多胎妊娠が起きる確率が1%未満であるのに対し、クロスミッドなどの内服薬では約5%、注射薬では約20%と確率が高く、双子や三つ子が生まれる可能性があります。

子宮内膜が薄くなり着床率が下がる

排卵誘発剤の効き目によっては、子宮内膜が薄くなり、それが原因で受精卵の着床率が下がってしまうことも。他にもホルモンの働きで子宮頸管粘液の分泌量が減ってしまい、精子が子宮までたどりつきにくくなるため、受精率が下がるというリスクも起こりがちです。

卵巣が腫れる

効果が強い注射薬で起きることが多いのですが、排卵誘発剤による刺激が強すぎると、卵巣が大きく腫れあがってしまうリスクがあります。これは卵巣過剰刺激症候群(OHSS)と呼ばれ、重症化すると腹水や胸水が溜まり、呼吸困難を引き起す濾す危険性があります。

【気をつけよう!】排卵を促す習慣

卵巣はストレスや疲労などの外部環境による悪影響を受けやすいので、排卵誘発剤を使う治療に進む場合はしっかり睡眠をとりながら、ストレスを減らして、体を健康に維持することを心掛けましょう。

ホルモンの働きを活発にさせ、排卵を促すためには血液の流れを良くすることも大事。東洋医学では玉葱やニラ、セロリや三つ葉、春菊などの香りの強い食べ物が排卵を促す効果があるといわれています。もちろん、血液を増やす効果の高い葉酸サプリも効果的です。

排卵誘発剤はどんな人に向いてるの?

排卵誘発剤は排卵している人、いない人両方に効果が期待できる薬剤。タイミング法を1年以上試して効果がなかった場合にも、妊娠率を高めるためにタイミング法にプラスして排卵誘発剤が使われることがあります。

ただし、あくまでも医師の診断次第ですので、排卵誘発剤を使う希望がある場合には、まずはお医者さんに相談をしてみてはいかがでしょうか。

よく医師と相談してまずは排卵誘発剤のことを知ろう!

排卵誘発剤は多くの人の不妊治療で使われている、安全で確実な効果のある薬剤ですが、薬にリスクはつきものです。排卵誘発剤の治療に関して不安なことがある場合には、夫婦で早めに医師に相談をして、問題点をクリアにしてから治療に臨みましょう。

この記事のカテゴリー: カテゴリー妊活