べビ待ちはコーヒーを摂取しちゃダメ?カフェインの影響とは?

べビ待ちさんはコーヒーの摂取には気を付けましょう

妊婦さん

ベビ待ち中は基本的な生活習慣だけでなく、嗜好品にもちょっと注意が必要な時期です。
毎日何気なくコーヒーを飲んでいる人も多いと思いますが、実はベビ待ち中のコーヒー摂取は気をつけていただく必要があるんですよ。

今回はベビ待ち中のコーヒーやその他のカフェイン摂取について、リスクや許容量、さらに対策についても詳しくご紹介していきます。
ぜひ参考にしてくださいね。

コーヒーに含まれるカフェインがべビ待ちには悪影響なんです

RISK

コーヒーが…というよりも、ベビ待ちで気をつけていただきたいのはコーヒーに含まれるカフェインです。
では、カフェインはベビ待ちにどういった悪影響があるのでしょうか?

①身体の血行が悪くなる

コーヒーに含まれるカフェインには利尿効果があります。

これは一見健康に良いように感じられるのですが、利尿効果が強すぎると身体を冷やす原因になるんですね。
身体が冷えると全身の血行が悪くなるのですが、ベビ待ち中は子宮にたくさんの血液を循環させる必要がありますから、血行が悪いと不妊につながるおそれがあるんですよ。
また冷え自体も子宮や卵巣、ホルモンの状態を悪くさせるのでベビ待ちに悪影響を及ぼす可能性が高いんです。

②睡眠不足につながる

コーヒーを眠気覚ましに飲んでいる人もきっと多いですよね。
そう、カフェインには覚醒作用があることも知られています。

でもベビ待ち中に睡眠不足は厳禁。
コーヒーを常用していると知らないうちに睡眠時間が短くなったり、睡眠の質が悪くなる可能性があります。
睡眠は全ての健康の基本。
ホルモンバランスにも悪影響が出て妊娠しづらくなる可能性がありますので、ベビ待ち中のコーヒー(カフェイン)摂取には気をつけてください。

ただし適量のコーヒーはべビ待ちの助けになることも

頑張るポーズをする妊婦さん

コーヒーの良くない点をご紹介しましたが、場合によってはコーヒーがベビ待ちの助けになることもあります。

①抗酸化作用が子宮の老化を防いでくれる

コーヒーにはポリフェノールという成分が含まれているのですが、ポリフェノールには強い抗酸化作用があります。
抗酸化作用があるということは、簡単に言うと老化防止の効果が期待できるんですね。

ポリフェノールによって子宮をはじめとした体内器官の老化を防ぐことができれば、ベビ待ちの成功に一歩近づくことができます!

②コーヒーの香りがリラックス効果をもたらす

嗜好品として人気の高いコーヒーですが、どうしてかと言えば香りが良いからですよね。
コーヒーの香ばしい香りにはリラックス効果があります。
この効果をうまく使えば、ベビ待ち中のストレスを緩和することができるかもしれません。

ストレスは体に様々な悪影響をもたらします。
自律神経やホルモンバランスを悪化させることもありますから、ベビ待ち中にストレスは厳禁。
コーヒーのリラックス効果を引き出せば溜まったストレスを発散できるというわけですね。

妊娠がわかったらより一層カフェインには気を使いましょう

コーヒーには良い面もあるものの、それは香りやポリフェノールの効果です。
一方カフェインは、妊娠に良い影響は与えてくれません。

ですからベビ待ち中はもちろんのこと、妊娠がわかったらカフェインをできる限り体内に入れないようにすることをおすすめします。

妊娠中にカフェインを摂取すると貧血を悪化させるおそれがあります。
また胎盤を通して胎児にもカフェインが浸透してしまうと、赤ちゃんの代謝機能ではカフェインを分解できないため、発育不全につながることもあるんですよ。

1日何杯までならコーヒーを飲んでも大丈夫なの?

考え込む女性

大前提として、ベビ待ち中も妊娠の可能性は常にあります。
ですから妊娠しているかどうかわからなくても、コーヒーのカフェインにはできるだけ気をつけてください。

その上で接種の基準量をご紹介すると、イギリスでは妊婦の1日あたりのカフェイン摂取量は200㎎までだとされています。
これはコーヒーの量にするとマグカップ2杯程度。
つまり朝食の後のコーヒーくらいは問題ない可能性が高いということになりますね。

オススメはノンカフェインやデカフェのコーヒー

OKを出す女医さん

元々コーヒーがお好きな女性にとって、ベビ待ち中のコーヒー制限はちょっとちんどいかもしれません。
そのことがストレスになってしまっては元も子もありませんよね。

そんな女性におすすめなのが、ノンカフェインやデカフェのコーヒーです。

最近はカフェインに弱い人のためにノンカフェインのコーヒーが普通に購入できるようになっています。
スーパーにも置いてあると思いますので、一度探してみてくださいね。

コーヒー以外にもカフェインが含まれた飲み物には注意が必要です

今回はコーヒーについてをご紹介しましたが、他にもカフェインが含まれる飲み物は色々とあります。

代表的なのが紅茶や緑茶。
また、意外と知られていないのがエナジードリンクや栄養剤です。
こうした飲み物を飲むときにはぜひ気をつけてください。

ちなみにお茶系の飲み物にはカフェインだけでなく、タンニンも含まれています。
こちらもベビ待ちには悪影響が出る可能性がありますので、ベビ待ち中にお茶系の飲料を飲むのは控えたほうがいいかもしれませんね。

べビ待ちさんがコーヒーを飲むときはカフェイン量に注意しましょう!

ベビ待ち中のコーヒーとの付き合い方について、いかがだったでしょうか。

コーヒーそのものが悪いというわけではなく、ベビ待ちに悪影響があるのはカフェイン。
つまり、ノンカフェインのコーヒーなら変わらず飲んでいただいても大丈夫ですよ。

カフェインとの付き合い方を正しく理解して、ぜひベビ待ちを成功させてください。
そして元気な赤ちゃんを産んでくださいね!