アラフォーでも妊活できる?妊娠確率はどれくらい?

アラフォーから妊活は遅い?妊娠確率も低い?

キャリアウーマンが増えている現代では初産年齢も上がってきていますし、アラフォーになってから子どもが欲しいという女性も多いですよね。

アラフォーからだと妊活は遅い…と不安の声もありますが、アラフォーだからといって妊活を始めるのが遅いということはありません。

とは言え、閉経がある関係で女性が妊娠できる年齢には限りがありますから、妊活を始めるのは早いに越したことはありません。
アラフォー世代の女性は思い立ったら、すぐに妊活を始めることが大切ですよ。

もっとも妊娠しやすい年齢は何歳?

妊娠確率を高くするには、当然のことながら妊娠しやすいタイミングを選ぶことも大切です。
具体的な年齢でいうと、もっとも妊娠しやすい年齢は20歳から34歳ごろだとされています。

そもそも妊娠確率は若く健康な男女であっても、4割程度と決して高いものではありません。

もちろん体調などによっても変化するため一概には言えませんが、年齢が上がるにつれて子宮や卵巣などの機能低が見られるため、20歳から34歳ぐらいまでがもっとも妊娠しやすい年齢だとされているのです。

アラフォーの妊娠確率はこれ…!

もっとも妊娠確率が高いのは、20歳から34歳ごろまでであると前述しましたね。
アラフォーの妊活が早ければ早いほどいいというのは、年齢が上がるにしたがって妊娠確率が低下していくからです。

25歳 25%~30%
30歳 25%~30%
35歳 18%
40歳 5%
45歳 1%

出典:www.e-tamago.biz

上記によれば35歳から妊娠確率が低下しているのがわかりますね。
アラフォー世代になると、平均的な妊娠確率は10%未満になるということです。

アラフォーから妊活を始める前にする準備

お医者さんと妊婦さん

アラフォーの妊娠確率は高いとは言えませんが、妊活するのに遅いというわけではありません。
ただ、妊娠確率を上げるためにも妊活前にしっかり準備をしておきたいところです。

産婦人科選び

アラフォーから妊活を始める前に、産婦人科選びが重要なポイントになります。
いわゆる高齢出産と言われる年齢に当たるアラフォー世代であれば、妊活を始めてすぐに妊娠ができるとは限りません。

万が一不妊の原因となるようなものがあった場合、すぐに治療が始められるように予め信頼できる産婦人科を選んでおくことが大切です。

また妊娠した時にも流産などのリスクを軽減するためにも、すぐに相談や診察が受けられるような体制をとっておくためにもかかりつけの産婦人科を準備しておきましょう。

風疹の予防接種

風疹の予防接種もアラフォー女性が妊活前にしておきたいことの一つです。
お母さんに風疹の抗体がなければ、先天性風疹症候群の赤ちゃんが産まれる可能性があり妊娠前に風疹の予防接種が推奨されています。

アラフォー女性の妊活前の準備として風疹の予防接種を受けておく理由は、予防接種後は2ヶ月間避妊をする必要があるからです。
ですから、風疹の抗体を持っていない女性が妊活に入る前に予防接種を受けるようにしましょう。

アルコール・カフェインを減らしていく

普段からアルコールやカフェインの摂取が多いアラフォー女性は、妊活に向けて徐々に量を減らしていくべきです。

アルコールもカフェインも妊活中に飲んではいけないということはありませんが、カフェインは体を冷やすと言われていて子宮や卵巣などに血行不良が起こると妊娠しづらくなるため控えるほうがいいでしょう。

アルコールもカフェインも妊娠中に飲用すると胎児に悪影響を及ぼすため控えなければいけません。
妊娠してから控えるのではなく、妊娠確率を上げるためにも妊活前から控えるのがオススメです。

アラフォー妊活の初歩!まず初めにする事とは?

妊活前の準備が把握できたので、次にアラフォー女性が妊活をする時まず初めに行うべきことを見てみましょう。

①基礎体温を測る

基礎体温というのは、寝起き直後の一番エネルギーを必要としていな時間の体温のことです。
その時間の体温を毎日計測して、グラフにしていくことで排卵日や生理周期の目安にすることができるのです。

女性の体温は、通常排卵の時期を境にして低温期と高温期の2つに分かれます。
毎日基礎体温を測ることで、低温期と高温期の切り替わりがわかるようになり排卵日を予測することができるようになります。

妊活を始めるうえでは、基礎体温は非常に有効なものとなるため妊活を始める時にはまず基礎体温をチェックしましょう。

②葉酸を摂取する

妊活を始めるなら葉酸の摂取は欠かせません。
妊娠後に葉酸の摂取が推奨されますが、実は妊活中も葉酸の摂取は妊娠をサポートする役割があり妊娠確率を上げることが期待できます。

葉酸には造血作用があり、受精卵の着床を促進させる効果や着床後の受精卵の成長をサポートする効果があるのです。

健康な卵子や精子であっても受精してから、子宮内膜に着床しなければ妊娠することはできません。

そこでより妊娠確率を上げるためにも、アラフォー女性の妊活中に葉酸の摂取がオススメです。

③ブライダルチェックを受ける

妊活の第一歩としてブライダルチェックを受けることも大切です。
ブライダルチェックというと結婚前に受ける印象が強いかと思いますが、妊娠を希望している人であれば誰でも受けることができる検査です。

いわば健康診断のようなものであって、不妊の原因となるような病気が潜んでいないかなどを調べる目的で行われます。

産婦人科などで受けられるブライダルチェックは、色々な検査がパックになっていることが多くリーズナブルに一通りの検査を受けることができます。

【アラフォー妊活】1年経っても妊娠しないときは不妊治療へ

妊活を始めてから1年経っても妊娠に至らない場合は、不妊症に陥っている可能性があります。

不妊の原因があれば治療しなければ妊娠は難しいですし、それは若いカップルであっても同じです。

ましてアラフォーであれば、妊娠確率でも見たように時間に猶予はありません。ゆっくり妊活をしている時間がないので、約1年経っても赤ちゃんを授からない場合は早目に不妊治療を行いましょう。

ただ、年齢だから…などと重く捉える必要はありません。
年齢に関係なく避妊をしていないにもかかわらず1年経っても妊娠に至らない時には不妊症と言われるので、タイミング法などを取り入れるところから、専門家とともに妊娠しやすい状態へ導くという意識で行いましょう。

アラフォー妊活は夫婦揃ってすることが大事!

妊活といっても女性1人でしていても、意味がありません。
不妊と聞くと女性側の問題だと思われがちですが、近年男性にも原因があることも多く不妊にしろ妊活にしろどちらか一方だけが頑張っても赤ちゃんができるわけではありません。

ですから子育てと同じように、妊活から夫婦そろって行うことが大切なのです。
食生活を変えたりサプリを摂取するのも、妊娠を望むなら夫婦一緒にすることが大切です。

特にアラフォー世代の場合は、女性だけでなく男性も年齢に応じて生殖機能が衰えることが知られていますのでなおさら夫婦ともに妊活することが重要になります。

 

アラフォー妊活でもまだ遅くない!続けることが大事!

いかがでしたか。
アラフォーの妊活と妊娠確率について解説しました。

たしかに年齢が上がれば上がるほど妊娠確率が低くなるため、妊娠が難しくなります。
でも、可能性がゼロなわけではありません。

逆に、妊活を続けることで妊娠したカップルもたくさんいるのも事実です。
ですから、アラフォーだからといって妊活を始めるのが遅いというわけではありませんよ。

もちろん、時間がたっぷりあるというわけではないので妊娠を望むなら一日も早く妊活を始めて続けることが大切です。

この記事のカテゴリー: カテゴリー妊活中