アメリカの葉酸サプリは危険?【おすすめ商品も紹介】

アメリカの葉酸サプリはあまりオススメできない?

考える妊婦さん

葉酸サプリは、日本だけでなくもちろんアメリカでも多く販売されています。サプリ先進国のアメリカ製ならより効果的な気がしますが、実際には、あえてアメリカ製サプリを使用するメリットはそれほどないと言えます。

一体どうしてなのでしょう?今回は、アメリカ製の葉酸サプリについて詳しく解説していきます!

そもそも葉酸アプリって何?

葉酸サプリ

葉酸サプリは妊活や妊娠中に効果的に葉酸を摂取できるよう作られたサプリメントです。

葉酸は水溶性のビタミンで、造血作用や代謝を促進する作用があります。そうした働きにより母体や胎児にとって欠かせない栄養とされていますが、食事だけで必要な量を摂るのはあまり簡単ではありません。

そこでより効率的に摂れるよう、「モノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)」を配合したのが葉酸サプリになります。

日本とアメリカでは葉酸サプリの摂取する目安に差がある

妊婦

アメリカにももちろん葉酸サプリはありますが、日本とはいくつかの点で異なっています。その一つが摂取量の目安。

アメリカと日本で葉酸摂取量はどう違うのか見てみましょう。

①日本の葉酸サプリの摂取目安

日本における葉酸の摂取量は、時期にもよりますが大体1日400~480μg程度が目安と言われています。日本製の葉酸サプリのほとんどは、1日に数錠で400μgの葉酸を摂れるようになっています。

一方摂取量の上限は1,000μgで、これを超えると葉酸サプリによる副作用の危険性が出てきます。

②アメリカの葉酸サプリの摂取目安

それに対しアメリカの葉酸サプリの場合、1日800μgの葉酸摂取が望ましいとされています。これは、配合される葉酸のタイプが日本と異なることによります。

日本は吸収率の高い合成葉酸が配合されているのに対し、アメリカは吸収率の劣る天然葉酸のため、日本の倍の量を摂る必要があるのです。

その他の日本とアメリカの葉酸サプリの違い

日本とアメリカで異なるのは、葉酸の摂取量だけではありません。その他の主な相違点について見ていきましょう。

①葉酸の表記方法

アメリカの葉酸サプリは、葉酸の含有量がパーセンテージで表記されています。これは1日の摂取量を100%とした数字で、日本の表記(マイクログラム)に慣れているとやや分かりにくいかもしれません。

また葉酸が天然か合成かについても明記されており、この点も日本とは異なります。

②サプリメントを作る基準

日本の場合、サプリメントは薬ではなく、あくまで食品(栄養補助食品)という位置づけになっています。一方アメリカの場合は、薬同様サプリメントに関する法律が定められており、日本よりも厳格な基準に基づいて製造されています。

アメリカの葉酸サプリにはどんな商品がある?

このように日本とは多少異なるアメリカ製葉酸サプリですが、具体的にはどのような商品があるのでしょうか。代表的なものをいくつかご紹介していきましょう。

①ドクターチョイスの葉酸サプリ

こちらはビューティー&ヘルスリサーチが製造・販売している「ドクターズチョイス 葉酸サプリ」です。サプリメント先進国であるアメリカで製造され、100%天然のオーガニック葉酸を用いて作られています。

天然なだけでなく飲みやすさにもこだわっており、無臭で粒も小さめに作られています。

②Mega FoodのBaby&Me2

こちらはアメリカでもポピュラーな葉酸サプリだという、Mega Foodの「Baby & Me2」です。天然葉酸の他、ブラウン・ライスやにんじん、ブロッコリーといった成分を配合しています。

非遺伝子組み換えで乳製品も不使用。ベジタリアンも摂取できる葉酸サプリとなっています。

③ONE A DAY Woman’s Prenatal

こちらは1日1錠で800μgの葉酸を摂れるという、ONE A DAYの「Women’s Prenatal」です。前述のようにアメリカでは1日800μgの葉酸摂取が推奨されていますから、1錠飲むだけで必要量が賄えます。

もちろん葉酸は天然葉酸で、その他にビタミンA、C、D、EやB群、カルシウムや鉄なども配合されています。

アメリカの葉酸サプリは葉酸の含有量がかなり多い

妊婦さん

このように、アメリカの葉酸サプリは日本より多くの葉酸が含有されています。1粒で800μg配合されているものもあり、日本の基準から言うとかなり量がオーバーしています。

もちろん合成と天然の違いはありますが、そのまま飲むのは注意が必要でしょう。厚生労働省が推奨する基準に従えば、やはり日本製の葉酸サプリが安心と言えます。

アメリカの葉酸サプリを摂取する際はお医者さんに相談しよう

OKを出す女医さん

それでもアメリカ製の葉酸サプリを使用したいという場合は、事前にお医者さんに確認しておきましょう。いくら厳しい基準に基づいて作られているとは言え、やはり日本人には合わない面があるかもしれません。

また用法を間違うと過剰摂取の危険もありますから、あらかじめ医師に相談しておくのが無難です。くれぐれも自己判断で使用しないよう気をつけましょう。

日本でオススメの葉酸サプリは?

前述のように、日本人にとって安心なのはやはり国産の葉酸サプリでしょう。ここではおすすめの日本製葉酸サプリを、いくつかご紹介しておきましょう。

①マカナ

「マカナ」は、妊活専門の管理栄養士が作った葉酸サプリです。モノグルタミン酸型葉酸400μgを配合している他、国産マカや金時しょうが、スピルリナといった豊富な成分を含んでいます。

さらにマルチビタミン、マルチミネラルと、妊活や妊娠に必要な栄養をぎっしり詰め込んだお得なサプリとなっています。

②ミトコプラス

「ミトコプラス」は、体のエネルギー源であるミトコンドリアに着目した葉酸サプリ。独自成分のミネラルCB-1を配合し、体本来のコンディションを取り戻す手助けをしてくれます。

さらに残留放射能やヒ素等の検査にも注力した、安全にこだわったサプリとなっています。

③ベルタ葉酸サプリ

「ベルタ葉酸サプリ」は、3年連続でモンドセレクション金賞に輝いているサプリです。

葉酸400μgやビタミン・ミネラル27種類、野菜21種類、アミノ酸20種類といった豊富な栄養を配合。しかも葉酸は酵母葉酸という吸収率の高いものですから、よりしっかり体に摂り込むことができます。

アメリカの葉酸サプリはよく考えて使用しよう

いかがでしたか?このように、アメリカの葉酸サプリは日本のものといくつかの点で異なっています。最も違うのは含有量で、場合によっては1粒800μgもの葉酸が含まれることも。

用法を間違うと過剰摂取の危険もありますから、使用にあたってはくれぐれも注意しましょう。事前に医師に相談して、問題ないか確認しておくのがベストです。