流産防止には葉酸を飲むといい?!気になる効果を徹底解説!

葉酸で流産防止できるってほんと?!

葉酸は私たちの体の細胞や血液を作る、大事な栄養。葉酸サプリは赤ちゃんに先天性の神経管閉鎖障害が起きるリスクを軽減する効果があることでも知られていますが、実は流産の予防にも効果的です。

今回は葉酸が流産予防に果たす役割を解説しながら、妊娠期間中におすすめの葉酸サプリをご紹介していきます。

流産の種類

「流産」とは、残念なことにお腹に宿った赤ちゃんが何らかの原因で成長できず、妊娠22週未満に妊娠の継続ができなくなること。妊娠12週未満で起きると早期流産、妊娠12週以降22週未満に起きた場合は後期流産と区別されますが、流産は状態にあわせて次の6つの種類に分けることができます。

  • 切迫流産…流産の可能性が高い状態
  • 稽留流産…胎児が死亡したのに、子宮内に留まっている状態
  • 進行流産…子宮口が開き、流産が進行している状態
  • 完全流産…死亡した胎児や羊膜などが、子宮内から全て排出されてしまう状態
  • 不全流産…子宮内のものが完全に排出されず、一部が残っている状態
  • 化学流産…妊娠検査で陽性は呈したものの、妊娠が確認できなかった状態

それぞれの種類ごとに必要な医療が違いますので、万が一流産が起きてしまった場合には、医師の説明をよく聞いて対処していきましょう。

葉酸と流産の関係

流産が起きる原因の多くは、赤ちゃんの染色体異常によるものです。万が一流産が起きてしまっても、それはママのせいでも、パパのせいでもないのです。

ただし、葉酸を摂取していれば受精卵の分割がスムーズに行われ、胎児の体の形成不全が起きるリスクを減らすことができるかもしれません。多くの医師は流産から赤ちゃんを守るために、葉酸サプリを摂取するよう妊婦さんに呼び掛けています。

葉酸が流産のリスク低減に効果がある理由

葉酸はビタミンB群に属する水溶性のビタミンで、ほうれん草をはじめとする緑黄色野菜や、レバーなどからもとることができます。葉酸が流産を予防する効果について、詳しくご紹介していきましょう。

①子宮内膜を強化する

葉酸は必要となるのは、赤ちゃんの脳や神経系が形成される妊娠初期ですが、妊娠がわかってから葉酸を飲むのでは不十分です。葉酸は妊活中から摂ることがおすすめの栄養ですが、葉酸には子宮内膜を強くし、受精卵が着床する前に排出されてしまう、化学流産を予防する効果が期待できます。

②母体の血液を増やす

妊娠中の女性の体は血液によって赤ちゃんに栄養と酸素を供給し、赤ちゃんを大きく健やかに育てるために、多くの血液を必要としています。葉酸は「造血ビタミン」と呼ばれるとおり、血液を増やす効果のある栄養なので、妊娠中に葉酸を習慣的に摂取していると母体の健康が守られ、流産のリスクを減らすことができます。

③体内のホモシステインを下げる

妊娠中毒症などの母体の衰えも、流産を引き起こす要因となりかねません。葉酸には血中の危険因子であるホモシステインを抑制する効果があり、母体の健康を守って流産を防ぐ効果があります。

葉酸を摂っていても注意!流産のリスク低減ポイント

葉酸は流産のリスクを減らす効果も期待できる栄養素。厚生労働省がすすめる妊娠初期だけでなく、妊娠中期以降も積極的に葉酸サプリを摂取していきましょう。ただし、葉酸を摂っているからといって、流産への油断は禁物です。

葉酸には100%流産を予防する効果があるわけではありませんので、生活習慣に気を付けて、赤ちゃんの命を守ってあげたいですね。

①葉酸サプリを妊活中から飲む

流産が起きる約80%は、早期流産です。葉酸を妊娠前から摂っておくことで、健康な受精卵を作ることができますから、妊娠を意識し出したら夫婦で葉酸サプリを活用していきましょう。

②喫煙・飲酒は直ちにやめる

流産を予防するために一番大事なことは、母体となるママが健康でいることです。過ぎたタバコやアルコールは健康の大敵ですから、早めにやめておくことをおすすめします。常習的に喫煙や飲酒をしていると、赤ちゃんの体重が健やかに上昇していきませんし、胎盤が衰えて流産を起こすリスクがあります。

③痩せすぎ・肥満には注意する

栄養をしっかり摂らずに痩せs過ぎてしまうと赤ちゃんが育ちませんし、太り過ぎると逆に妊娠中毒症などを引き起こし、流産のリスクを大きくしてしまいます。妊娠中の体重コントロールは、とても大事なこと。食材活や生活習慣を見直して、適正体重を保つ努力を続けましょう。

葉酸サプリ選びのポイント!

飲み物を飲む女性

流産予防のために葉酸サプリを継続するのであれば、身体に良いものを選ぶことが大事です。成人女性がとるべき葉酸は1日あたり0.24mg(240μg)が目安ですが、妊娠初期は1日あたり0.48mg(480μg)の葉酸が必要ですので、身体への吸収率の良い、「モノグルタミン酸型葉酸」を配合して、一日の必要量がしっかり摂れるサプリを選びましょう。

オススメ葉酸サプリは『ベルタ葉酸サプリ』

健康な赤ちゃんを望む女性におすすめしたいのは、ベルタ公式サイトで購入できる通販限定の葉酸サプリ、「ベルタ葉酸サプリ」です。ベルタ葉酸は質の高い酵母葉酸をたっぷりと配合しているだけでなく、天然野菜由来の21種類ものビタミンやミネラル、6種の美容成分も摂取できる、女性のためのサプリメント。

添加物や安定剤などの不要な成分を一切含ない、完全無添加サプリなので、妊娠中のデリケートな時期にも安心して飲むことができますよ。

後悔する前に予防をしっかりしよう!

葉酸は日々体の中で消費されている栄養で、長く続けることで良い効果が得られます。それは、流産の予防に関しても同じです。妊娠する前から葉酸サプリを活用して、流産をしにくい、健康的な体を養っておきましょうね。

この記事のカテゴリー: カテゴリー葉酸